【恋愛力アップ?】ラブコメ系ラノベのおすすめ20選!

目次

恋愛やラブコメが大好きなアナタへ:

この記事では、私が愛読するラノベの中からおすすめを20個を選んで紹介します。

すべて恋愛系、ラブコメ系です。

大量に出版されているラノベの中からどれを選べばいいか分からない、という人は是非とも参考にしてください。

おすすめ恋愛ラノベ 1)弱キャラ友崎くん


弱キャラ友崎くん Lv.1 (ガガガ文庫)

男子高校生の友崎君は日本一のゲーマー。

彼女はもちろん、男の友達すら作らず、ひたすらテレビゲームの世界に没頭してきました。

当然コミュ力も低く、身だしなみもお粗末。

そんな「弱キャラ」の友崎君が、オンラインゲームのオフ会で出会った美女ヒロインに触発され、彼女の指導のもと、リア充への道を目指し始めます。

人生をゲームに見立てて攻略する。

この方針が、友崎君のゲーマーとしての血を騒がせたのです。

指導役のヒロインによる難しい課題を頑張ってこなすことで、スキルアップし、経験値を積み、ついには彼女をつくるまでになります。

「弱キャラ友崎くん」のアニメから入った人は、ヒロインの性格のキツさに辟易し、低評価を下している人も多いようです。

しかし、ラノベで詳細に述べられているノウハウは本物。

全国の「彼女いない歴=年齢」の弱キャラ男性には、是非とも参考にしていただきたい内容です。

「弱キャラ友崎くん」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 2)お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件


お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 (GA文庫)

主人公は同じ高校に通う男女で、同じマンションの隣同士に住み、お互い一人暮らし。

主人公の男子は、学校で「天使様」と呼ばれているヒロインと傘の貸し借りがきっかけで交流を始めます。

美少女がおいしい料理を毎日作りに来てくれるという夢のようなシチュエーション。

(どうしてそんなことが可能になったのかは、実際にラノベを読んで確認してください)

すっかり胃袋を掴まれてしまった男の子は、ヒロインなしでは生きていけなくなってしまいます。

お互い奥手な性格で心に傷を持っていますが、不器用ながら少しづつお互いの理解を深め、じわじわと親密になっていく様子が丁寧に描かれています。

二人とも自分の損得よりも相手のことを優先しており、読んでいてほのぼのとした気持ちになりました。

恋活している人だけでなく、殺伐とした現実から逃れて癒されたい人にもおすすめです。

「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 3)時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん


時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん (角川スニーカー文庫)

外国人の女子高生がヒロインというのは珍しいですが、ロシア人というのは前代未聞。

アーリャというロシア人女子と、隣席の男子との恋模様を丁寧に描いた作品です。

容姿端麗で文武両道のヒロインは典型的なツンデレですが、ツンツンは日本語でデレデレはロシア語という使い分けをするのが大きな特徴。

ロシア語なら分かりゃしないと高を括ってデレるけれど、実は、隣席の男子はロシア語を聞き取れているのです。

彼女の好意をダイレクトで受け止め、悶絶する場面がたくさん描かれています。

隣席の男子は一見平凡に見えますが、彼女の好意を独り占めできるのはなぜか?

読み進めるうちにだんだんと納得できるように物語が構成されています。

「時々ボソッとロシア語でデレる隣のアーリャさん」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 4)義妹生活


義妹生活【電子特典付き】 (MF文庫J)

タイトル通り、親の再婚で可愛い義理の妹ができた男子高校生のお話です。

血のつながらない、全くの赤の他人だった二人が、いかにして家族になり、さらには恋心を育んでいくのか。

そこらへんのプロセスが非常に丁寧に描かれています。

同居を始めてから1週間の様子が、ラノベの1巻に費やされている徹底ぶり。

最大の特徴は、義理の兄妹の間で行われる丁寧なコミュニケーション。

お互いを理解するためのすり合わせを行い、心地の良い関係を徐々に構築していく。

血のつながった家族同志でも、これだけしっかり話し合っているケースは少ないのではないでしょうか。

ラブコメとはいってもコメディ要素は少なめ。

人間関係の機微を味わいたい人におすすめです。

「義妹生活」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 5)幼なじみが絶対に負けないラブコメ


幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

幼なじみといえば負けフラグ。

そういうラノベの「常識」に反旗を翻すかのようなタイトルが目を引きます。

2021年3月時点で2巻まで読み進めましたが、確かに幼なじみのヒロインは負けていません。

でも、勝っているともいえない微妙な状況。

かつて芸能界で活躍していた主人公の男子高校生をめぐり、幼なじみを含む複数のヒロインが恋愛バトルを繰り広げるというのが基本的な内容です。

登場人物の多くは芸能界と関係しているため派手な舞台設定となっており、スリリングな展開を楽しめます。

ラノベの絵は可愛いですが、日常系ほのぼのラブコメとは雰囲気が異なります。

アニメは2021年4月から放映中。

「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 6)とってもカワイイ私と付き合ってよ!


とってもカワイイ私と付き合ってよ! (角川スニーカー文庫)

ラノベのタイトルを見ると、「このヒロインはナルシストだな・・」と思うことでしょう。

その通り、ナルシストです。

でも嫌味は全くありません。

なぜか読んでいて楽しいナルシストぶり。

そんなリア充ヒロインが、ボッチ系男子に告白した時のセルフがこれ。

「不本意ですが、私と付き合って下さい」

なんの罰ゲームだよ?

結局、ヒロインとは偽のカップルとして付き合うことになるのですが、その背景には、リア充グループの切実な事情が・・。

期間限定でカップルのフリだけをする予定だったのに、相性バッチリの二人は急速に仲良くなり、毎日夫婦漫才をすることになります。

軽快な会話シーンが多く、読んでいて笑えるラノベです。

リア充側も含めた繊細な人間関係描写がされており、それが物語に深みを与えています。

「とってもカワイイ私と付き合ってよ!」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 7)経験済みなキミと、 経験ゼロなオレが、 お付き合いする話


経験済みなキミと、 経験ゼロなオレが、 お付き合いする話。 (富士見ファンタジア文庫)

陰キャ気味の男子にとって、陽キャのギャル系美少女は高嶺の花。

本来なら、何の接点もないまま高校を卒業してたであろう二人。

「好きな子に告白する」という罰ゲームを実行する羽目になった彼は、スクールカーストのトップに君臨する美少女を呼び出します。

フラれることを前提として思い切って告白したところ、意外にもOKの返事。

「私、今フリーだし・・」という消極的理由から付き合うことになった二人が、お互いの違いを受け入れ楽しみ、成長しつつ親密になっていく話です。

誠実で嘘をつかない彼に対して、生まれて初めて男性的魅力を感じた彼女。

実質的には二人とも恋愛初心者であり、初々しい交流の様子がとても丁寧に描かれています。

友達から恋人になっていくプロセスを楽しみたい人におすすめのラノベです。

「経験済みなキミと、 経験ゼロなオレが、 お付き合いする話」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 8)継母の連れ子が元カノだった


継母の連れ子が元カノだった 昔の恋が終わってくれない (角川スニーカー文庫)

親の再婚で血のつながらない男女が義理の兄妹になるのは珍しくありませんが、元カレ元カノ同士というのは前代未聞。

中学校卒業と同時に別れたのに、高校入学と同時に同じ屋根の下で暮らす羽目になるとは、神様がやり直すチャンスをくれたと解釈すべきでしょうか。

お互いの親に心配をかけないように、上手い事折り合いを付けようと工夫をする二人。

同じ趣味を持ち元々相性がいい二人ですから、意地を張り合っていても、密かに惹かれ合っている様子が読み取れます。

恋のライバルや、バカップルの友人たちも巻き込みつつ、一進一退を繰り返す元カレと元カノ。

2021年3月現在で第6巻まで刊行済ですが、二人の良く末に目が離せません。

イラストがとても可愛く、個人的には是非ともアニメ化してほしいと思っているラノベです。

「継母の連れ子が元カノだった」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 9)お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について


お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について (角川スニーカー文庫)

主人公の男子高校生は、祖父による強引なお見合い話を断るために、「金髪碧眼色白巨乳の日本人美少女、大和撫子で料理がうまくて頭が良くて運動もできる娘」という要求を出しました。

そうしたら本当にほぼ要求通りの娘が現れ、しかも同じ学校のクラスメートだったのです。

出逢いの設定は現実離れしていますが、お見合という古風な手段に新鮮味を感じました。

出会いのきっかけは不自然だったけれど、その後は堅実な交際を継続し、徐々に親密になっていく二人。

一巻の終わりで恋人と言ってよい関係になりますが、そこに至るまでの過程がとても微笑ましく、ニマニマしながら読み進められました。

二人は高校生同士なのですぐに結婚する訳にはいきませんが、二巻以降でどのように課題を乗り越え夫婦になっていくのか、とても楽しみに思えるラノベでした。

「お見合いしたくなかったので、無理難題な条件をつけたら同級生が来た件について」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 10)あなたを諦めきれない元許嫁じゃダメですか?


あなたを諦めきれない元許嫁じゃダメですか? (角川スニーカー文庫)

5年ぶりに再会した「許嫁」は、外見をイメージチェンジして再びアプローチを仕掛ける。

そこに立ちはだかるのは、容姿端麗なギャル。

二人の美少女に主人公の男子高校生が迫られるという、なんとも羨ましいお話です。

二人のヒロインはとにかく積極的。

彼の気を引くために、ありとあらゆる手段を尽くし、熱心に行動する姿はとても健気です。

受け身で言い訳ばかりして、彼氏が出来ないと嘆いている世の婚活女性たちに見習ってほしいと思いました。

一方、主人公の男子高校生は平凡で、特に目立ったところが無いという設定。

それなのにモテモテなのは、ギブの精神にあふれる紳士だから。

つまらない損得勘定をせず、人間の器が大きく、安心でき、一緒にいたいと思える存在。

現実では絶滅危惧種ともいえますが、希少価値を提供できる男は強いのです。

2021年現在、3巻まで発売中。

「あなたを諦めきれない元許嫁じゃダメですか?」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 11)カノジョの妹とキスをした。


カノジョの妹とキスをした。 (GA文庫 1) [ 海空 りく ]

ラノベの表紙を飾るのは、付き合っている本命彼女の妹です。

双子姉妹の妹が、親の再婚で義妹となり、一つ屋根の下で二人暮らしをすることに。

誘惑するような微笑みを浮かべて、彼女である姉よりも熱烈にアプローチしてくる義妹。

主人公の高校生男子は、浮気や二股という不道徳を避けるために葛藤するのですが、その心理描写が非常に生々しい。

奥手で真面目で不器用だけど、それがゆえに美少女姉妹から好かれている主人公に共感できる人は、きっとこのラノベにハマるでしょう。

私もハマりました。

2021年5月現在、第二巻まで発売中ですが、第三巻が非常に待ち遠しいです。

美人姉妹の間で戦争が勃発しそうな予感がするのです・・?

「カノジョの妹とキスをした。」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 12)わたしの知らない、先輩の100コのこと


わたしの知らない、先輩の100コのこと1 (MF文庫J) [ 兎谷 あおい ]

彼女いない歴=年齢の奥手男子は、ある日駅で突然美少女が話しかけられ、積極的にアプローチを受け続け、相性バッチリで、着実に仲良くなっていくという夢のようなお話です。

毎日会って話して、質問して、デートをして仲を深めていくプロセスが羨ましい青春ラブコメ。

コミュ力のある小悪魔的美少女後輩と、口下手な先輩のコミカルなやり取りにほっこりしました。

正直に答えねばならない質問を一日一個づつお互いにしていきますので、100日目には正式なカップルになる予定(のハズ?)。

信頼関係や愛情を育てるのには手間暇がかかるのです。

2021年5月現在、第二巻まで発売中。

「わたしの知らない、先輩の100コのこと」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 13)男女の友情は成立する?


男女の友情は成立する?(いや、しないっ!!) Flag 1. じゃあ、30になっても独身だったらアタシにしときなよ?(1) (電撃文庫) [ 七菜 なな ]

「男女の友情は成立する?」と訊かれたら、YESと答えます。

結婚相手を選ぶなら親友に慣れる人にすべき、というのは婚活カウンセラーの間では常識。

ただの友達ではなく、困った時に助け合える親友なら、家庭も安定するし、仲良し夫婦状態が持続しやすいのです。

親友としての信頼関係と愛情関係が描かれているのが、このラノベ「男女の友情は成立する?」。

ヒロインから「30になっても独身だったらアタシにしときなよ」と繰り返し言ってもらえる主人公男子は果報者だと思いました。

2021年5月現在、第2巻まで発売中。

「男女の友情は成立する?」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 14)友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?


友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ? 1 (オーバーラップ文庫) [ 世界一 ]

「俺がモテまくるわけないだろ?」と思い込んでいる男子高校生の主人公が、なぜかモテるお話。

強面で話下手の主人公は第一印象が悪いため、恐れられ避けられる存在でした。

しかし、男除けのためにニセの告白をしてきた美少女とニセの交際をするうちに、彼女に好意を持たれるようになります。

さらには、女性だけでなく男性も含めた人間関係も豊かになっていくのです。

理由は、外見に反して、中身は良い奴だから。

どんな風に良い奴なのかは、実際にラノベを読んで確認してください。

2021年5月現在、第4巻まで発売中。

「友人キャラの俺がモテまくるわけないだろ?」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 15)美少女と距離を置く方法


美少女と距離を置く方法 1.クールな美少女に、俺のぼっちライフがおびやかされているんだが (オーバーラップ文庫) [ 丸深まろやか ]

不器用で、奥手で、一人で行動するのが好きな男女が、仲良くなっていき恋人になるお話です。

タイトルは、「美少女と距離を置く方法」ですが、ラノベの内容は美少女と距離を詰める方法だと言っていいでしょう。

二人は住んでるのが近所で、かつ、お互いボッチ行動が好きなため、どうしても同じ場所で出会う機会が多い。

そして価値観が同じため、一緒にいて波長が合うのが分かる。

一人もいいけど、二人ならもっと楽しいということに気づいてしまった主人公の男女。

とても甘々なお話です。

ボッチに勇気を与えるこのラノベは、2021年5月現在、第2巻まで発売中。

「美少女と距離を置く方法」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 16)シンデレラは探さない。


シンデレラは探さない。 (講談社ラノベ文庫) [ 天道 源 ]

ヒロインは、タワーマンション最上階に一人で暮らす孤独な美少女。

主人公の男子は、妹と病弱な父親の3人でアパートに暮らす高校生。

その主人公男子一家とヒロインの不思議な交流を描く、ほのぼの日常系ラブコメです。

ヒロインが主人公に興味を持つきっかけは偶然でしたが、その後は意識的にアプローチを開始。

二人でのお出かけデートも、告白も、手を繋ぐこともないラブコメは珍しいですが、二人の関係は安定しており、読んでいて安心感があります。

将来は仲良し夫婦になるんだろうなと予想できる素敵な関係が描かれています。

人間は一人では生きていけない、支え合ってこそ素晴らしい関係が築けるということを再認識できる暖かいお話。

このラブコメは男女を問わすおすすめできる秀作だと思います。

2021年5月現在、第2巻まで発売中。

「シンデレラは探さない。」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 17)現実でラブコメできないとだれが決めた?


現実でラブコメできないとだれが決めた? (ガガガ文庫) [ 初鹿野 創 ]

「待っていてもラブコメ的状況はやって来ない。それなら自分で実現してやろう」と思って本当に行動してしまう大馬鹿野郎のお話です。

主人公の高校生男子は、愚直で不器用ですが、行動力があります。

常識や偏見にとらわれません。

当然失敗は多いですが、PDCAを回し、改善を重ね、道なき道を切り拓いていきます。

とても魅力的なキャラクターであり、読みながら応援してしまいました。

この主人公自身がラブコメ系ラノベを大量に読んでおり、モノローグで有名ラノベがたくさん紹介されています。

ですからラブコメ系のラノベのファンは、より楽しみやすいと思います。

2021年5月現在、第3巻まで発売中。

「現実でラブコメできないとだれが決めた?」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 18)恋人代行をはじめた俺、なぜか美少女の指名依頼が入ってくる


恋人代行をはじめた俺、なぜか美少女の指名依頼が入ってくる(1) (角川スニーカー文庫) [ 夏乃実 ]

ラブコメ系ラノベには珍しく、舞台は大学がメインです。

恋人代行サービスを利用するヒロインの美少女と、サービスを提供する男子は同じ大学に通っているという設定。

サービス内容を気に入ったヒロインはリピーターになり、彼に親近感を抱くように・・・

このラノベを特におすすめしたいのは、デート経験が少ない奥手系男子です。

ストーリーを読むことで具体的なイメージが湧き、頭の中で成功事例をシミュレーションできます。

デートを成功させるためのノウハウもたくさん学べます。

デートしても失敗ばかりで関係が続かないという人は、是非とも読んでみて下さい。

「恋人代行をはじめた俺、なぜか美少女の指名依頼が入ってくる」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 19)千歳くんはラムネ瓶のなか


千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫) [ 裕夢 ]

ラノベの主人公はスクールカーストの底辺にいる陰キャであることが多いですね。

このラノベは逆で、スクールカーストのトップに位置するリア充男子が主人公です。

自分はリア充じゃないから・・という理由で、読むのを尻込みする必要はありません。

リア充の実態、活躍、葛藤などが親しみやすくコミカルに描かれています。

リア充になるために一番必要なのは、何といってもコミュニケーション能力。

仲間内だけでなく、部外者にも分け隔てなく友好的に接することが習慣化されているのです。

スキル以上に大切なのは心構え。

陰キャだけで固まったり、敵と味方でしか相手を判断できない狭量な人はリア充とは無縁でしょう。

リア充の生態を身近に感じ理解したい人にオススメです。

2021年5月現在、第5巻まで発売中。

「千歳くんはラムネ瓶のなか」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめ恋愛ラノベ 20)お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩に弱みを握られた


お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩に弱みを握られた (MF文庫J) [ 岩波零 ]

自意識過剰で孤高を気取るボッチの主人公男子が、美少女の後輩に脅されつつ(?)交流を深めていくお話。

共通の趣味であるアニメをきっかけにして出会った二人。

ヒロインが主人公男子の弱みを利用して、無理やり付き合わせている場面もありますが、なぜか微笑ましい印象しか受けないのが不思議です。

二人は基本的に相性が良く、交流を重ねて信頼感を醸成し、ついには彼氏彼女でもないのにお泊り旅行まですることに・・。

主人公男子が鈍く、ヒロインの好意に気づこうとしないので少しイライラしましたが、やり取りが面白くニマニマしながら読めました。

将来的に結婚することを示す伏線が第一巻でいくつか見られましたし、二人が今後どのようにして恋人になるのか楽しみです。

第二巻が発売されたら読んでみようと思います。

「お嫁さんにしたいコンテスト1位の後輩に弱みを握られた」の詳しいレビューは、こちらの記事を参照してください。

おすすめの恋愛系ラノベまとめ:

私が気に入っている恋愛(ラブコメ)系ラノベを20個紹介いたしました。

いかがですか?

ピンとくるラノベはありましたでしょうか。

リンク先の詳細記事も参照してくださいね。

それでも判断が付かない場合は、アマゾンの試し読み機能を使うといいでしょう。

素敵なラノベライフが送れることを願っております。

参考記事:
↓↓

ラブコメ系のラノベをおすすめする理由:その意外な効用とは?

以上

タイトルとURLをコピーしました