私が婚活で出逢った野蛮人たち

婚活で野蛮人に当たることは避けられない?

私はかつて婚活していた時、様々な人と出逢うことが出来ました。

尊敬できるような素晴らしい人もいましたが、トラウマになるようなヒドイ人もたくさんいました。

日常生活の中で自然にパートナーを見つけられなかった人が婚活しているわけですから、人間性に問題を抱える人が一部混じるのは避けられません。

今回は、私が婚活する中で出逢い、恐らく一生忘れられないであろう野蛮人たち(女性)を紹介したいと思います。

1)気を使うことを強要する野蛮人

結婚相談所に登録して、ようやく決まった人生で初めてのお見合い。

私は当時26歳。相手女性は24歳。

緊張しつつ初対面した時、挨拶をして同時に着席・・したかったのですが、正確には私が先に着席することになりました。

彼女は自分の荷物(ハンドバック)をゴソゴソいじり、私に背を向けて立っている格好になりました。

その時間約数秒。

おそらく、この状況が気に入らなかったのでしょう。

振り向きざまスゴイ形相で私を睨みつけ、「荷物ココに置いていいのかしら!?」と叫んだのです。

荷物用スペースなのだから好きに置けばいいのは明らか。

その女性は小さなハンドバック一つしか持っていないのだから、ポンと置いて、素早くスマートに着席すればいいだけの話。

それが出来ず、私が先に座っている状況が許せず、イライラを私にぶつけたのですね。

まあ、彼女が座るのを待たずに先に座った私が悪い、という理屈も成り立ちます。

レディファーストが当たり前と言う意識があればそうしたでしょうが、恋愛すらしたことがない私には、女性に席を勧めて、相手が座るのを待つというスマートさはありませんでした。

それが許せないと思うのは彼女の自由ですが、あからさまに悪態をつくのは無礼千万。

基本的な自制心もないワガママお嬢さんと見なされても仕方ないでしょう。

2)同じ趣味を強要する野蛮人

とある結婚情報サービスの回転ずし型パーティに参加して、そこで出逢った30歳の女性にリクエストされ、後日、改めてお見合いすることになりました。

当時の私は27歳のピチピチの男の子でしたから、正直、30過ぎの女性にはあまり興味がありませんでしたが、美人でスタイルも良かったので会うことにしました。

まあ、可もなく不可もなく普通に雑談を楽しんでいたのですが、話がお互いの趣味に移った途端、様相が一変しました。

私は、当時やっていたラグビーの話をしました。

彼女はダイビングが好きで、フィジーとか海外にもよく行くと、目を輝かせて話していました。

別に、趣味の不一致が交際や結婚生活の足枷になったりはしないのですが、彼女にとってそれは致命的だったようです。

「えー、ダイビングをしたいですよー・・」と非常に残念そうな落胆した表情で訴えかけたのです。

これは、明らかな趣味の強要です。

自分の想い通りに相手が考え行動しないのが許せないようでは、ストライクゾーンが無いのと同じ。

お互い上手くいくように折り合いをつける姿勢がないのは、婚活では致命的ですね。

3)服装が気に入らないから激怒する野蛮人

2か所目の結婚相談所で紹介された女性。

私は29歳だったと思います。

本人同士でやり取りし、駅の改札という雑踏で待ち合わせ、近くの喫茶店で話をすることにしました。

私はシャツにブレザーという格好だったので、別に無礼には当たらないと思っていました。

しかし彼女からすると、スーツでビシッと決めてないのは非常識なんだそうです。

「何よ、その恰好!全く・・。ちゃんとスーツを着てくるのかと思ってた・・」

マジで激怒ですよ。激怒・・

初対面の年上男性に対して、駅の改札という公共の場で叱責する女が存在するとは思いませんでした。

しばらく、あっけにとられていましたが、こちらが謝罪する理由もないので、彼女の顔を眺めていました。すると、一言。

「まあ、しょうがないわね。じゃあ、行きましょうか・・」

結構相談所での初アポでは、いかなる状況でも必ずスーツ着用という信念を持つのは彼女の自由ですが、それを他人に強要したり、ましてや、人間関係をぶち壊すようなブチ切れ態度をとってはいけません。

柔軟性や大らかさのカケラもないのは、結婚では致命的です。

4)過去の異性関係をほじくり出す野蛮人

3つ目の結婚相談所で、私は32歳の時。

相手女性は、30代前半。親と同居で、容姿は普通だったと思います。

初アポで、根ぼり葉掘り過去の異性関係を聞いてくるのには、辟易しました。

私は良い思い出なんて何もないので、話したくもないし、話す義務もない。

しかし、彼女は教えてもらって当然という態度でズケズケ訊いてくる。

でも、自分のことは話さない。

気遣いや思いやりのカケラもない。

無教養で、明らかな非モテ女性ですから、自慢できるような浮いた話なんてないのでしょう。

喫茶店で地獄のような時間を過ごした後、彼女がとった帰り際の態度も脳裏に刻まれています。

「私はこっちに行くから。アナタはこっちが帰り道ね!」と行く方向を人に指示し、自分は背を向けてスタスタ帰っていきました。

最後に感謝の言葉くらい言いたかったのに、その機会すら与えてもらえませんでした。

「用無し男はさっさと消えろ」と言わんばかりの悪態に、私は、ただただ呆然と立ち尽くしていました。

野蛮人と出逢わずに成婚したい人へ:

「こんな女と結婚して一緒に生活するなんて、考えただけでもゾッとする」野蛮人たちを紹介してきました。

マッチングアプリでも結婚相談所でも、野蛮人たちとの遭遇を100%防ぐことは出来ません。

外見やスペックが良くても、中身が野蛮人では最悪です。

野蛮人とまとまった時間一緒に過ごすのを何としても避けたいならば、一対一のアポやお見合いではなく、相談所主催のパーティ(フリー形式)やイベントに参加するのがいいでしょう。

私の経験上、社会常識や基本的な人間性を持った人が集まりやすいという印象です。

相談所主催なら遊び半分の人はいないから安心です。

また、アポと違い、一回でたくさんの人と出逢えるから効率が良いですよ。

なにか困りごとがあれば、カウンセラーに相談することも可能です。

私は実際、相談所主催のパーティで今の妻と出逢いました。

結婚相談所と言っても、面倒見がいい仲人型から婚活サイト重視のものまで様々です。

自分に合ったものを見つけるためにも、まずは情報収集から始めてみてください。

【おまけ】結婚相談所各社の情報を一括請求したい人はクリック(無料)↓



簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。