短い婚活期間で成婚してる人のスケジュールを紹介します

出典:婚活レッツ様

短期成婚はどんなスケジュールで可能なのか?

私は既婚者ですが、出逢ってから結婚式を挙げるまでに二年以上の期間を要しました。

学生時代から付き合ってる人とゴールインする人は、もっと長いかもしれません。

婚活で成婚する人の期間は人それぞれだと思いますが、早い人は3か月とか半年だそうです。

上写真は、仲人型結婚相談所と言われるところで3か月で成婚する人の典型的なスケジュールを示しています。

以下に詳しく説明します。

1か月目:

仲良くなるための最重要期間です。

一緒にいて楽しいとか、無理せず自然でいられるという関係性を築くためには、この1か月で最低6回はデートするべきです。

つまり、1週間に1回では少ない。

お見合いや初アポをしたら、直ぐに男性からデートの申し込みを行います。

「明日また会いませんか?」「ダメなら2~3日後」「それもダメなら4~5日後」という感じです。

丸一日デートをする必要はなく、30分だけ会ってお茶をするだけでもOK。

とにかく、回数を重ねることが大切です。

デートとデートのインターバルが心の準備に役立ち、相手への想いを強めます。

素早い決断と、マメな連絡、そして果敢な行動が鍵です。

最終的に結婚する相手とは、お見合いから間もない時期に「この人と結婚しよう」と心に決めているケースが多いものです。

2か月目:

結婚相談所なら、すでに条件は合ってますし、一緒にいて楽しいならかなり有望です。

結婚を前提とした真剣交際をするべく決断する必要があります。

グダグダ考えているのは時間の無駄。

関係性を一気に深めるべくデートを重ねることが大事。

手をつなぐなどのスキンシップ、ファーストネームで呼び合う、デートも含めた共同作業で信頼関係や愛情を深めるのがこの時期のミッション。

週に2回以上、つまり、一か月で8回以上のデートをするのが基本です。

デートをしない人は電話やラインで毎日やり取りをするのは当然。

この程度のことを怠る人に明るい未来は訪れません。

3か月目:

ここでは、プロポーズのタイミングを決めねばなりません。

週3回以上のデートを重ねつつ、将来のことを話し合う段階です。

結婚式場の下見、ご両親へ挨拶時期や方法の検討、住む場所の検討、子供をどうするか、などなど・・・

こうした共同作業や話し合いを通じて、お互いの真剣度を再確認するのです。

ここで決断できず、「もう少し考えさせてほしい」とか言って、4か月目以降に引き延ばそうとするなら、熱意がないと相手に判断されて破談になることもあります。

熱意があれば短期成婚は十分可能:

好きになった人と付き合って自然に結婚に至りたいと考えている人には想像できないかもしれませんが、3か月以内でのプロポーズや成婚退会は普通に行われています。

時間をお金で買うという観点からすれば、面倒見のいい仲人型結婚相談所は一番合理的とも言えます。

結婚への熱意や切実感が半端ない人ほど、そして、カウンセラーのいうことに素直に耳を傾ける人ほど成功確率は高まります。

「マッチングアプリでとりあえず彼氏・彼女が欲しい」なんて考えている人は、婚活に年単位の時間がかかり、挙句の果てにあきらめる人が後を絶ちません。

遊び半分なので、初アポ後にFO(=フェードアウト)、次のデートまで2~3週間待たされる、趣味や習い事を優先して婚活に時間を割かないなんてことはよくあるのではないでしょうか?

不慣れなことを何かを成し遂げようとしたら、熱意の無さは致命的なのです。

まとめ:

アラサーやアラフォーの人に、時間的余裕はありません。

とくに、子供を望む女性は年齢的に焦ると思います。

「〇か月以内に結婚する」と期限を自分で決め、そこから逆算して行動に落とし込みましょう。

婚活方法は、仲人型結婚相談所がすべてではありません。

カウンセラーなんて必要ないと思うなら、婚活サイトでも結婚情報サービスでもOKだと思います。

自分に合った方法を自分で決めてください。

ダラダラ並行交際も有害無益です。

なるべく早めに一人に絞り、第二の人生をスタートさせるべく頑張りましょう。

【おまけ】結婚相談所各社の情報を一括請求したい人はクリック(無料)↓



簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。