結婚を諦めた人は、自分を変えることを諦めた人である。

今のままのアナタじゃ結婚は無理

「長年、婚活を頑張ったけど結婚は諦めた・・」

こういう人は、「できれば結婚したい・・」というのが本音です。

結婚したいのに、どうして出来ないのか?

日本には何千万組という夫婦がいるのに、どうしてアナタは結婚を諦めなければいけないのか?

結婚するのに特別な知識も技術も要りません。

大げさに考える必要もないありふれた事象が結婚。

そんな結婚生活を始められない原因は何でしょうか?

アナタには何が欠落しているのか?

どうすれば結婚できるのか?

ちょっと考えてみましょう。

結婚を諦めた理由は何ですか?

今の生活を変えたくない

一人暮らしに不自由を感じないくらい、世の中が便利になりました。

日本中至る所にコンビニがあり、一人客歓迎の外食サービスも珍しくない。

宅配サービスも発達しているから、スマホ一つで食事を届けてもらえる。

情報は、ネットを通じて簡単に仕入れられる。

余暇は自分の趣味に時間とお金を費やしたい。

最近の親は「早く結婚しろ!」なんて口うるさく言わず、物分かりが良い。

実家暮らしなら、上げ膳据え膳。

給料はすべて小遣いだから、若くして高級外車を乗り回すことも可能。

快適な独身生活をこのまま続けたいと思うのは当然ですよね。

刹那的に流されるように生きている人は、将来のことを考えず不安に襲われることも少ないのかも・・

ボッチ属性の強い人ほど独身貴族になりやすく、いつの間にか適齢期を過ぎていることが多いようです。

こういう独身貴族にとって、婚活なんか面倒ごとでしかありません。

結婚とは、今の生活を変えることに他なりません。

わざわざ婚活をする理由がない。

快適な今の生活を変える動機付けがない。

友人・知人が婚活をしている場合、雰囲気に流されて自分も婚活の真似事をするのかもしれませんが、そもそも動機づけに乏しいから長続きしない。

熱意がないから、当然結果が出ない。

結果が出ないからやる気がなくなるという悪循環。

婚活で挫折し、結婚を諦めるのも早い。

今の生活を変える必要を感じていない人は、絶対に結婚できません。

まずは、今の生活をダラダラ続けた場合に生じる将来的なリスクを想像しましょう。

家族無しでも寂しさを感じず、精神的に豊かな生活を送れるのか?

「危機感無くして婚活の成功は無い」のです。

失敗したくない

「結婚はありふれた事象」と前述しましたが、結婚するのは決して簡単ではありません。

婚活にはマニュアルもなくテンプレートもなく、失敗は日常茶飯事。

上の言うことを素直に聞く受験秀才なら、学業も就職も失敗なく成功させることが可能ですが、婚活はそうはいかない。

予想外の展開に戸惑い、プライドを傷付けられて嫌な思いをし、それでも挑戦を続けなければならない。

相手が無条件で好意を寄せてくれることはあり得ず、営業マインドを発揮して寄り添う必要があります。

両想いになり、親密になり、愛情を育てる。

こんな状態が実現できる確率は低く、平均して10~20人の人と会う必要があるのです。

日常生活の中で自然に相思相愛の関係を構築できた人はいいですが、そうでなければ婚活という大変な作業を強いられます。

特に男女交際経験に乏しい人は、ハイスペックでも婚活地獄に陥る可能性が高い。

フラれまくってズタボロ。

泥臭い試行錯誤。

弱くて不完全な自分と対峙せねばならないのは、とてもツライ・・

リスクを極度に恐れたり、つならないプライドを守ることを優先したい人にとって、婚活は地獄です。

「これ以上失敗したくない」という気持ちが強い人は、結婚を諦めるのも早いでしょうね。

失敗を恐れるひ弱な自分に、なるべく早く気づいて頂きたいと思います。

学歴が低い

学生時代に同じ学校の中で恋愛するなら、学歴は問題になりません。

しかし婚活では、条件のすり合わせが最初に行われるので、学歴が問題になることがあります。

高卒よりも大卒の方が選択肢が広がるのは確かです。

だから、「私は学歴が低いから結婚は難しい」と考える人がいても、不思議ではないでしょう。

でも、学歴が低くても誰とも会えないわけではありません。

学歴にはさほどこだわらず、条件から外れてもOKというケースも多い。

婚活パーティとかだと、学歴で参加不可になるケースはほとんどありませんから、一度にたくさんの人と出会えます。

やはり大切なのは、自分に自信があること。

「俺って結構いけるかも・・」という自信と態度に比べれば、表面的なスペックなんて些末なことなのです。

逆に、東大卒でも自分に自信がなく、声も小さく、異性にまったくアプローチできない草食男子は多いです。

高学歴なら結婚相談所でのお見合い申し込みは多いかもしれませんが、女性をガッカリさせてオシマイというパターンのなんと多いことか・・

学歴というのは飾りのようなもの。

いろんなことに問題意識があり、自分の頭で考え、卒業後も勉強を続ける習慣を身に付けている人は輝いています。

そういう人が「私は学歴が低いから結婚は難しい」という結論を出すことはないでしょう。

収入が低い

恋愛と異なり、結婚とは生活そのもの。

だから生計を維持するためにお金は必須。

婚活女性が相手に対して「〇百万円以上」とか期待するのも自然でしょう。

その結果、女性側の希望に沿えず、結婚を諦める男性が出てきても不思議ではありません。

逆に女性側も、希望年収を満たす男性があまりにも少ないのに絶望し、結婚を断念するかもしれません。

収入については、もう少し冷静な議論が必要だと思います。

ある男性の年収が一見良いように見えても、それは、月当たり100時間を超える残業代で成り立っているだけかもしれません。

そんな男性と結婚しても、私生活が成り立ちませんよ。

しかも、残業やボーナスは不安定なものです。

仮にそれらがゼロになっても、月々の手取りで生活する方法を考える方が大事ではないでしょうか。

男性に対して「〇百万円以上」を要求する女性も、現実に目を向ける必要があります。

なるべく自分が楽をしたいから、相手の収入に期待するのですか?

実家での豊かな暮らしをそのまま維持したいから、父親と同レベルの年収を男性に要求する女性もいます。

結婚相談所にわざわざ料金を払うんだから、その見返りとして高年収男性をゲットしたがる人もいます。

いずれも非現実的な妄想です。

相手の財布に手を突っ込むような行為は、下品そのもの。

良縁を自ら放棄するに等しい愚行です。

身の程を知り、謙虚になることが肝要。

無駄や無理のない身の丈に合った生活とはどんなものなのか?

搾取型資本主義が横行し、貧富の格差が広がっている今だからこそ、冷静になって考える必要があると思います。

年齢の問題

役所の窓口で婚姻届けを出す女性の年齢で一番多いのが26歳です。

多くの人は、若いうちに結婚しているのです。

とくに女性は、年を取るほど結婚しにくくなるのは確か。

35歳ではかなり難しく、40を超えたらほぼ不可能。

これが現実です。

子供を望む初婚の男性は、みんな若い女性が大好き。

20代でも、30代でも、40代でも、男性はみんな20代の女性を希望します。

生物学的には致し方ないのかもしれません。

だから、30も半ばを過ぎると、結婚を諦める女性が多くなってきます。

お金は取り戻せても、過ぎた時間はどうしようもないですからね。

でも、考えを柔軟に変えれば結婚への道は拓けます。

アラフォー女性が、年下の高年収男性を希望するのは論外ですが、年上男性なら可能性があります。

アラフィフ男性からのアプローチを拒まないこと。

年齢的に子供のいない人生も視野に入れること。

相手男性が、死別や離別の再婚希望者でも受け入れること。

相手男性に子供がいてもOKとするなど・・・

生理的に嫌悪感を抱くことなく、一緒にいて楽しい時間を過ごせるなら御の字ではないでしょうか。

婚活でも需要と供給の原理は働いていますから、自分を受け入れてもらえるところで活動するのが吉。

あなたにとってのブルーオーシャンは存在します。

大らかな態度で現実を受け入れ、柔軟に対応できれば結婚できます。

若いカップルのようなイベントは無いかもしれませんが、それも人生だと割り切ること。

結婚生活は個人的な問題ですから、他人と比較すること自体が無意味です。

ないものねだりではなく、現実的な可能性を探っていきましょう。

容姿に自信がない

恋愛において容姿はとても重要。

学生なら、容姿が良いだけでスクールカーストのトップになれます。

よっぽどのコミュ障でない限り、モテモテになれるでしょう。

婚活でも容姿は大切です。

とくに女性の場合、男性に対して第一印象で生理的嫌悪感を抱いたら、二度と心を開くことはありません。

そういう生き物なんだと思ってください。

たくさんの女性と会っても誰にも相手にされない場合、結婚を諦める前に自分の容姿改善に取り組んでください。

髪型、眉毛、服装、靴、小物・・・

清潔感と若々しさを演出するのに労を惜しんではいけません。

大した努力せずに、お金だけで解決することがほとんどなんですから、やらないのは損。

美容院に行って髪型を変えることすら出来ない人が、結婚できるわけないのです。

女性がメイクや服装にかけている時間・お金・労力を考えれば、男性のそれなんて大したものではありません。

ケチケチせずに外見改造に取り組みましょう。

「お、彼女でも出来た?」という周囲の反応を引き出せればしめたもの。

そのレスポンスが自信につながり、余裕のある態度を生み出すのです。

婚活市場にはロクな奴がいない?

モテ要素のある人は、日常生活の中で自然とパートナーが見つかるもの。

婚活なんかしている時点で、なんらかの問題を抱えていると考えて間違いありません。

特に、「彼女(彼氏)いない歴=年齢」のような人は、非モテになっている原因を真剣に探る必要があるでしょう。

「婚活者=売れ残り」とか、「結婚相談所にはロクなのがいない」というのは、ある意味当たっています。

モテるタイプの人は、そもそも婚活なんてしないんですから。

モテるタイプの人は、多くの異性から注目されアプローチを受けます。

でも、そんな人は一握りだし、すでに売却済のことが多い。

特別モテる人でなくとも、男女交際は可能です。

要は、現実的で賢い妥協ができるかどうか?

相手の短所を受け入れて、仲良くやっていく術をもっているかどうか?

適当なところで手を打って、時間をかけて愛情を育てられた人が結婚できるのです。

「結婚相談所に高い料金を払っているのに、ロクな男がいない・・」と悪態をついている女性は、現実を見ていない場合が多い。

「普通の人で良い・・」と言いながら、居もしない王子様を妄想しているのです。

カウンセラーの言うことを聞かず匙を投げられてしまったら、そのレベルにふさわしい人しか紹介してもらえなくなるのは当然。

身の程をわきまえた謙虚な人になれば、結婚できそうな男性に出会えます。

妥協というのは、決して悪い意味ではありません。

より良い人生を歩むための現実的な賢い選択なのです。

「好きでもない人と結婚できないよ!」という言葉をよく聞きますが、「好き」って何ですか?

好き=「一緒にいて落ち着く」という意味だととらえてみるのが良いと思います。

男女交際が上手く行かない

学生時代に学業にうつつを抜かして、男女交際をサボってきた人は婚活で本当に苦労します。

学生時代に女性とロクに話もしてなかった男がいきなり婚活して、上手く行くわけがないのです。

私自身が経験者ですからよく分かります。

それでも未体験の分野に果敢に挑戦する人はまだマシ。

言い訳してスタートラインにすら立とうとしない者のなんと多いことか・・

なんとか婚活を始めても失敗ばかり。

挫折して、結婚を諦める人の割合はとても高い。

でも、男女交際なんて、そもそも高校生だってしていることです。

生活力もある社会人のアナタがなんで諦めるんですか?

事態を打開する方法はいくらでもあります。

姉妹がおらず、女性を体感的に理解できていない人は、まず女性心理を勉強しましょう。

もちろん机上の勉強だけではダメだから実践することが必要です。

でも、いきなり本番に臨んだら相手に迷惑をかけるかもしれません。

基本的な失敗を極力避けたいなら、事前練習が有効です。

結婚相談所の中には、お見合やデートの練習ができるところもあるのです。

相手役の女性とデートを実践して、良いところと悪いところをフィードバックしてもらえる優れもの。

PDCAを効率よく回して改善したい人には打って付けでしょう。

そして本番。

最初の一人目で上手く行く場合もありますが、私の経験上、平均して10~20人と出会う必要があると思います。

男女共学の学校なら、同じクラスにいる異性のうち、相性の合う人が一人くらいはいる計算ですね。

まあ、紆余曲折はあると思いますが、極力、男女交際を楽しんで欲しいと思います。

相談相手がいない

婚活で一番つらいのは、挫折して打開策が浮かばない時に、相談相手がいないことです。

親は心配しくれるかもしれないけど、所詮素人。

建設的な提案は望めません。

友人だって、男女関係のような繊細なテーマを相談するのは難しいでしょう。

他人事ですから、暇つぶしにからかわれるのが関の山。

では、誰に相談すればいいか?

アナタにとっての正解を知っていて、結婚まで導いてくれるプロを雇うのがベストです。

結婚のことを知り尽くしているプロのカウンセラーは結婚相談所にいます。

自分の問題には、自分では気づきにくいもの。

でも、第三者のカウンセラーに相談すれば、問題点がクリアーになり改善のきっかけを得ることが出来ます。

なるべく早く結婚したい人にとって、結婚相談所のカウンセラーは強い味方。

プロに上手いこと頼って利用してください。

もちろん、耳の痛いことにも耳を傾けて、素直に受け入れるという柔軟性は必要不可欠ですが・・・

結婚を諦めたのはアナタの選択に過ぎない

私も経験があるから分かりますが、婚活はしんどい作業です。

超面倒見がいい結婚相談所でも、成婚率は100%ではありません。

せいぜい数十パーセント。

結婚相談所の平均成婚率は1割程度と聞きます。

皆がやってるマッチングアプリなんて1%未満です。

多くの人は結婚できずに諦めているのが現実。

でも、諦めるという選択は、あくまで婚活者自身の選択なのです。

外的要因に強いられたのではなく、本人が諦めるという選択をしたに過ぎません。

「ロクな奴がいない」なんて言い訳です。

「自分のスペックじゃ無理」も言い訳です。

経験や能力の不足は補えます。

考え方や態度は変更可能です。

イメチェンのための外見改造も可能です。

諦めたら失敗確定。

諦めない限り、失敗はありません。

結婚の可能性はあるのですから、諦めるという選択肢を選ばないで欲しいと思います。

努力もしないで結婚を諦めたら地獄の後悔が待っている

婚活者にとって決して平たんとは言えない結婚への道。

途中でつまずいても諦めずに、何度でも立ち上がる必要があります。

立ち上がるというのは、同じことを繰り返すという意味ではありません。

同じことをして、違う結果を望むのは狂気そのもの。

成功という結果を得たかったら、今までとは違うことをする必要があります。

つまり、自分を変えられるかどうかがポイント。

弱い自分と対峙せず、頑なに現状維持を望むなら成婚は無理。

婚活市場もサバイバルですから、柔軟性のない人間は生き残れません。

自分を変えるという努力ができる人は結婚できます。

実際にその努力を継続できるかどうかが鍵。

面倒くさいから逃げ出すことも可能ですが、「ああ、苦労しておけばよかった・・」と後悔するのではないでしょうか?

年を取ってから「ああしておけばよかった・・」と後悔するのは地獄です。

安易な方向に流されず、踏ん張って欲しいと思います。

結婚を諦めたくない人へ

結婚を諦めかけている人、諦めてしまったけど内心「結婚したい」と思っている人は多いと思います。

婚活を頑張っている人にとって、この記事が何かしらお役に立てば幸いです。

【お知らせ】

婚活の手段は決まっていますか?

私としては自分の経験も踏まえて、結婚相談所をオススメします。

結婚のプロであるカウンセラーのサポートを受けられるから、結果的に効率がいいのです。

男女交際経験が乏しいけど、素直にアドバイスに耳を傾けられる人は向いていると思います。

どこの結婚相談所にすべきか分からない人は、情報集めから始めましょう。

複数の結婚相談所情報を一括で集めたいなら、ここをクリック(無料)してください。

どうしても一か所に絞れない人は、とりあえず、オンラインの無料カウンセリングを受けてみるのも手です。

オススメのリンクを下に貼りますので、試しに見てくださいね。
↓↓
本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

良き伴侶に出会えるよう、お祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました