波長が合う人を見つけて結婚する方法【婚活中の人必見!】

この記事は、婚活中の人向けに書きました。

世の中の仲良しカップルを見ると、例外なく、波長が合う人同士が一緒になっています。

そういう関係を築いて結婚するには、どうしたらいいのでしょうか?

少しでもお役に立てば幸いです。

結婚したいなら波長が合う人を見つけるべき:

波長が合う人と一緒に過ごすのは楽しいものです。

ストレスが少なく、時間を忘れて親交を深めることが出来ます。

結婚相手も、波長が合う人を選ぶべき。

何十年も一緒に暮らすんですから当然ですね。

何もしゃべらなくても一緒にいるだけで楽しいという状態ならば、かなり安定した関係です。

沈黙が苦にならず、会話がなくても相手が何を考えている分かる感覚

最終的にそういう温かい落ち着いた関係になれる相手かどうか見極めるのは、婚活の目的の一つです。

例えば結婚相談所でお見合いする場合、または、パーティなどで出会う場合、波長が合う人かどうかはどうやって判断すべきでしょうか?

簡単です。

実際に会って短時間でも話をすれば見込みがあるかどうか分かります。

さらにその後、デートで半日くらい一緒に過ごせば、自然に可能性を判断できます。

ですから、お互い飾らずにざっくばらんに雑談をした方が良いと思います。

猫をかぶって良い人ぶっていると、相手も警戒感を緩められず、お互いに疲れてしまいます。

沈黙が怖いので、常に話題を探し、気を遣わねばなりません。

打ち解けるためにも早めに仮面を脱いで、自分の素を見せましょう。

もちろんこれは、身だしなみとか最低限の清潔感を保ったうえでの話です。

生理的な嫌悪感を持たれてしまったら、入り口で拒否されてしまいますからね。

結婚しちゃいけない波長が合わない人とは?

逆に、波長が合わない人とは何でしょうか?

それは、しゃべっていて、こちらが「ムッ」とすることが多い相手のことです。

例を挙げましょう。

「ああ、アナタの言ってることは間違っていますよ。こう考えるのが正しい」というセリフは、相手の話を修正しなければ気が済まない人がよく口にするセリフ。

「確かにそう思うのも無理ないですが、実は・・なんですよ」と言う人は、自分の方が立派だぞとアピールしたいのです。

「アナタの○○(趣味、価値観など)も悪くないですが、〇〇の方がいいですよ」と提案する人は、結果的に相手の言ってることを否定しています。

このように上から目線で、自分の存在や考えを否定されれば誰でも腹が立ちます。

しかも、相手は何の悪気も無いのでタチが悪い。

無意識のうちに習慣化しているので自分では気づいていないのです。

お見合いやデートの場で相手に不快感を与えまくる人は、思いやりや気遣いという知性を持っていないのだと思います。

例えば、職場で最適な問題解決策を決定する時には、お互いに出し合った意見を否定しなければならない場合も多いですが、それは仕事だと皆が割り切っているから争いになりにくのです。

しかし、そのノリを婚活の場にも持ち込む人は、住んでる世界が狭過ぎだと思います。

時と場所をわきまえない、空気を読めない人は嫌われます。

お互いが気持ちよく過ごせて、スムーズな会話のキャッチボールが出来るようにならないと、運命の出会いなんて夢のまた夢。

結婚したいなら、なるべく多くの人と波長が合うように努力しましょう。

波長が合う人と結婚するために必要なこと:

どんなに波長が合う人であっても、常に心地よい会話を楽しめる訳ではありません。

いつでもどこでも自分と意見が100%一致する人間なんて、この世には存在しません。

一緒にいて楽しい=気が合うというのは、お互いの努力や習慣によって成し遂げられるものです。

婚活というのは、お互いの良い所を探し出して相手と親密になっていくプロセスです。

生死に関わるような問題でない限り、多少の意見の不一致はスルーして、お互いが楽しく過ごせるように言葉を選ばねばなりません。

「こういうコメントをしたら、きっと相手は気を悪くするだろうな」という想像力を働かせ、理性をもってスマートに振舞うことが必要です。

相手の言ってることを受け入れ、共感し、尊重する、興味を持つ・・・

相性ピッタリの仲良し(に見える)カップルはみんなやっていることです。

こういった対人関係スキルは、意識して練習することで習得可能です。

もちろん一方が我慢し過ぎればストレスになって関係が続きませんが、お互いが無理のない範囲で柔軟に譲歩し合えるならば、将来の結婚相手として有望だと思います。

まとめ:波長が合う人に出会いたいアナタへ

結婚したいなら、波長が合う人を見つけるだけでは十分ではなく、楽しい時間が過ごせるような配慮をお互いがすべきです。

一方が配慮が出来る人でも、もう一方がワガママならば上手く行きません。

お互いに謙虚さを持ち、お互いが思いやりを発揮すれば成婚の確率が高まります。

最後に:

もしアナタにまだ候補がいないなら、まずは波長が合う人に出会う必要があります。

もっとも効率的で安全な手段は、結婚相談所

100%結婚目的だけの人が集まり、プロフィールの内容は第三者がチェック済。

条件が合えば、かなりの確率で会うことが出来、困りごとはカウンセラーに相談すればOK。

お見合いだけでなく、もっとカジュアルなパーティなどで出会うことも可能

結婚したい人にとって、これだけ恵まれた環境はありません。

でも、あまり馴染みがない人は不安に思うのは当然ですね。

まずは情報収集から始めましょう。

複数の結婚相談所情報を一括請求したい人は、ここをクリックしてください(無料)。

以上

タイトルとURLをコピーしました