スポンサーリンク

アポやお見合いがツラくなってきた人はどうすればいい?

アポやお見合いがつらい?

婚活での出逢いの手段は様々ですが、マッチングアプリでやり取りして約束して会うことをアポ(アポイントメント)と言うようです。

結婚相談所は古くからありますが、そこでの初対面はお見合いと言います。

よっぽど運が良ければ、最初の一人目か二人目で運命の人に出逢えることがあります。

しかし、普通は何十人と出逢いを繰り返さないと、なかなな仮交際→真剣交際→成婚までたどり着きません。

アポやお見合いを繰り返すうちに弱気になり、「もう、自分に合う人はいないんじゃないか?」「一生独身のままかも・・」とか、ネガティブ思考になり勝ちです。

もちろん外見や基本的なマナーや会話術など改善項目はあるかもしれません。

しかし、自分と相性が合って一緒にいて楽しい人の割合は少ないものです。

学生時代を思い返してみても、クラスの中で「付き合っても良いかな・・」と思えるのは一人か二人ではないでしょうか?

だから、アポやお見合いでも多くの人と会う必要があります。

結婚相談所に関係するIBJのデータによると、成婚退会者の平均お見合い人数は20名程度だそうです。

お見合いを1回するだけでも大変なのに、それを20回も繰り返すのはシンドイ、ツライと感じても無理はありません。

アポやお見合いがどうしてストレスなのか?

初アポやお見合いが楽しくてしようがないという人は稀です。

というより、そんな人いるんでしょうか?

ストライクゾーンが広くて、よっぽど大らかな人ならともかく、私のようにストライクゾーンが狭くてスマートな会話が苦手な場合、お見合いをする前から緊張してそわそわしてストレスが溜まります。

運良くときめく様な人なら良いですが、「こりゃ結婚はあり得ないな」「この人と一緒に暮らすなんて想像できない」と判断するケースがほとんどなのですから、その時点で終わりにしたいと思うのが本音です。

結婚の可能性の有無は、最初の5~10分で分かってしまうことが多いのですが、「じゃあ、さようなら」というわけには行きません。

お見合いでしたら1~2時間は一緒にいて、気の合わない相手と付き合わねばなりません。せっかく時間を作ってくれた相手に失礼なことはできませんから。

でも、生理的な嫌悪感を抱くような相手だと最悪です。

心を開く気にもなれないし、相手が受け身で相槌も打てない人だったら、気まずい沈黙が続くことも・・

マッチングアプリのアポは、既婚者・ヤリモク・遊び半分の者が混じっているので余計にたちが悪いですね。

身の危険を感じたり、いきなり説教されたり・・・トラウマになるような経験を積み重ねて、心身がボロボロになる人も多いようです。

スポンサーリンク

学校・職場・サークルなど日常生活の中であれば、気が合わない人とは必要最小限の付き合いに留めることが出来ます。必要もないのに一対一で長時間無理にお話を続けねばならない状況は稀です。

婚活でのアポやお見合いは、その状況が特殊であるがゆえに、ストレスを溜めるだけの結果になることが多いのです。

効率良く良い相手を探すための手段とは?

アプリは恋活がメインのツールですが、マッチングした後にせっせとメールでやり取りをして、1か月後位にようやく会えるのが普通です。

相性の悪い相手だったら、それまで費やした時間・労力・お金が全て水の泡。

またゼロからスタートです。

結婚相談所では、お互いのお見合い希望が合えば日程調整後に会えますが、せっかく準備したのに期待外れだと落ち込みます。

アポやお見合いは、ある意味効率が悪いですし、前述のようにストレスになり易い特徴を持っています。

これらの欠点を補う方法としては、結婚相談所主催のパーティが挙げられます。自由度が高い立食式がオススメです。

オススメする理由を、以下に箇条書きします。

  • 身元や条件が確かで、結婚という目的が明確な人だけが参加するので安心+安全。
  • 一度にたくさんの人と会える。
  • 直接会って話をして、直感で相性の良し悪しを確かめられる。
  • ダメそうなら「ありがとうございました」の一言で、すぐに次の人に移れるし、それが失礼に当たらない。
  • 気の合わない人との無駄話を最小限に留められるので効率が良い。
  • 社交的で外見が洗練された人が多い。人見知りで受け身のモテないタイプは少ない。
  • 回転ずし形式ではなくフリー形式なら、好きな人と好きなだけ喋ることができる。
  • 何か悩みが発生したら、相談所の担当カウンセラーに相談することも可能。

もちろんパーティーですから、ある程度の男女交際経験やスマートさがあった方が有利です。

日常生活の中で異性と会話する機会すらなかった人にとっては、ハードルが高く感じられるでしょう。

でも、不慣れなことにチャレンジするのも良いものです。

自己研鑽・自己啓発の一環だと思って、思い切って参加してみましょう。たくさんのメリットがあるのですから。

まとめ:

年齢的なこともあり、なるべく早く結婚したいと思っている人向けに、結婚相談所主催のパーティを有力手段の一つとして提示しました。

実際、私自身も今の妻とは、相談所主催のパーティで出逢いました。

思い切って参加しなければ結婚することも無かったでしょう。

運を引き寄せるには能動的な行動が不可欠です。

ふんぞり返って受け身で待っていても、素敵な人は現れません。

婚活で挫折し、どうしたらいいか分からない人にとって、この記事がお役に立てば幸いです。

【おまけ】結婚相談所各社の情報を一括請求したい人はクリック(無料)↓



簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。 26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。 利用した相談所は合計3か所。 男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。 その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。 基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。 その他プロフィール: ・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。 ・英語は独学でTOEIC:950点達成。 ・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。