結婚できない理由を知りたい人はコレを読め

結婚できない理由を知っていますか?

「結婚したいけど、なかなか良い人が見つからない」

これは婚活者共通の悩みです。

結婚できない理由は人により様々。

あなたは、自分が結婚できない理由を知っていますか?

もしも、良く分かっていないなら、早急に突き止めて改善しないといけません。

この記事では、結婚できない理由と対応策について述べております。

参考にしてください。

結婚できない理由1)人間関係を避けている

仕事上のやり取りなら何とかこなせるけど、人間としての感情の交流を避ける傾向が強い人を見かけます。

こういう人は、いろいろな方法でアプローチしても、のれんに腕押しという感じになります。

何を考えているんだか分からない。

周囲の人間はツマラナイと感じ、次第に要最低限のやり取りしかしなくなります。

恋愛は感情の交流を伴う行為ですから、濃密な人間関係を避けている人は婚活自体が難しいと言えるでしょう。

人間関係を避けがちな人でも、人並みに結婚願望を持っているケースもあります。

まずは自分自身を知ることが先決ですから、結婚相談所でカウンセリングを受けてみましょう。

結婚できない理由2)異性がいない環境で過ごしている

中学・高校は男子校、大学は女性がほとんどいない学部・学科、職場は男ばかり・・・

これで姉妹もいない人だったら、女性について学ぶ機会はほとんどありません。

男性でも女性でも、体感的に異性を理解できていないと婚活で苦労します。

かつて私自身がそうでした

デートはおろか、女性に声をかけることすら怖くてできなかったのです。

では、どうすればいいか?

言い古されたことですが、地道に場数を踏み経験値を上げるしかありません。

ここで多くの人が挫折しがちですが、あきらめたら結婚できないのですから頑張るしかありません。

プライベートでも仕事でも異性と自然に接し、恋愛や結婚生活を楽しむことができる人は、幼少から経験を積んできているのです。

そういう百戦錬磨の人たちに、異性との交流をサボってきた人が勝てるハズがありません。

「彼氏彼女いない歴=年齢」の人は、恥をかくことや失敗を恐れず、どんどん行動することが大切です。

結婚相談所の利用するのが一番安心でしょう。

失敗や改善点を効率よくフィードバックして生かしたいなら、デート練習サービスを利用してもいいと思います。

結婚できない理由3)理解のある親と同居し続けている

昔、「一卵性母娘」という言葉が流行りました。

仲の良い母と娘が友達のように付き合って、その居心地の良い環境から抜け出せない娘は、親から自立して結婚に踏み出せないという現象です。

これは娘だけではなく、息子にも当てはまります。

もちろん、親と仲が良いのは悪いことではありません。

親との同居自体が害悪とも言い切れません。

しかし、子供にとって居心地が良すぎる環境を親が用意してしまうと、子の自立を妨げる原因ともなり得ます。

その結果、結婚という行為が面倒くさくてリスクが多いものと感じ、ズルズルと安易な独身生活を続けてしまうのです。

長い目で見れば、子供のためになりません。

親は思い切って突き放す必要があるでしょう。

このままではいけないと思ったら、子供側から家を出ていくのもアリです。

婚活のプロフィールに「親と同居中」と書かれていると、アポやお見合いが成立しにくくなります。

生きる力が乏しいと判断されるからです。

不利な条件はなるべく減らすようにしましょう。

結婚できない理由4)他人に気遣いできない

他人に気遣いができない人は、自分にしか興味がなく、視野が狭く、自己中心的です。

こういう人は、場を取り持つための雑談ができません。

人への共感能力にも欠けるので、人をウンザリさせる自慢話や自画自賛が目立ちます。

人を馬鹿にした皮肉たっぷりのニヤニヤ笑いがよく見られ、人の悪口が大好物。

こういう人が婚活で初アポをすると、自分のことばかり話して、相手に対して質問しないことが多いようです。

こちらから自分のことを話し出すと、露骨に嫌な顔をする場合もあります。

「へえー、そうなんだー」という最低限の相槌すら打てない。

これではコミュニケーションが成り立ちません。

相手は疲れてしまうので、交際に発展しないのです。

5年も10年も婚活して、アラサーアラフォーになっても誰にも相手にされない。

さんざん悩んで苦しんで、自分の足りない面に少しづつ気付いていくというのが一般的なパターンでしょうか?

あまり年を取らないうちに、基本的なコミュニケーションを学ぶ必要があると思います。
↓↓
参考記事はこちら

結婚できない理由5)柔軟性が無く、自分の思い通りにならないと怒る

世間広しといえども、自分と考え方や価値観が完全に一致する人はいません。

自分と何でも合う人を探し続けていたら、一生独身のままです。

相違点があっても大らかな気持ちで柔軟に対応することが大切です。

しかし世の中には、他人が少しでも自分の思惑通りに動かないと怒る人がいます。

周りの人間が自分の思う通りに動いて当たり前と言う感覚はどこから来るのでしょうか?

自分のことをお客さんだと勘違いしているのでしょうか?

こういう人と一緒にいると息が詰まりますし、デートしていても楽しくありません。

婚活で相手に求める条件が多く、少しでも気に入らないとポイと捨てるのもこのタイプです。

選り好みが激しいと婚活をこじらせます

いま目の前にいる人の良いことろを探したり、上手くいくにはどうすればいいか考える癖を身に付ける必要があります。

自分のことは意外に自分で分かっていないもの。

婚活のプロである結婚相談所のカウンセラーに相談しましょう。

結婚できない理由6)自分の身なりに無関心

清潔感のない髪型、ヒゲぼうぼう、小汚い恰好、口臭・体臭、病的な肥満・・・

他人がどう思うかということに少しでも関心があれば、自分の身なりをマシにしようという意識が働くはずです。

逆に言うと、自分の身なりに無関心な人は、相手への気遣いに乏しいと判断されても仕方がありません。

特に肥満は、病気や早死にの元。

リスクのある人とわざわざ交際したいと思う人はいません。

必死になって痩せましょう。

髪型は美容院に行けばいいし、服は店員さんにアドバイスしてもらえばOK

外見については、結婚相談所でもアドバイスしてくれることろが多いです。

とにかく、出来ることからすぐに改善に取り掛かりましょう。

結婚できない理由7)収入が少ない

結婚生活は安定が第一です。

必然的に安定した収入が求められます。

景気が悪い時の調整弁にされやすい臨時雇いでは、結婚の前提条件を満たしていないと言えます。

「愛さえあれば」というキレイごとは通用しません。

不安定な非正規雇用の人は諦めていないで、正社員になるための転職を真剣に考えるべきです。
↓↓

転職エージェントとの面談であなたが質問・確認すべきこととは?

結婚できない理由を潰して新たなるスタートをしよう

少し厳しいことも書きましたが、御自分が結婚できない理由を見つけられたでしょうか?

理由が分かったら、実践の中で自分を変えて行きましょう。

行動が習慣になり、習慣が性格を形作ります。

何歳になっても自分を変えて自分を磨くことは可能です。

諦めずに進めば必ず道は開けます。

諦めない限り失敗はあり得ません。

この記事がお役に立てば幸いです。

【おまけ】結婚相談所の情報収集をしたい人は、下リンクをクリック(無料)。
↓↓

結婚相談所サービス比較!厳選10社から自分に合ったサービスを探せます♪

以上

タイトルとURLをコピーしました