スポンサーリンク

彼氏いない歴=年齢の女性が婚活に疲れた場合の処方箋

彼氏いない歴=年齢の女性が婚活に疲れたケースの紹介:

YAHOOの知恵袋に投稿されていたある悩み相談について、その要旨を以下に記します。

***************

25歳の女性です。

いままで彼氏が出来たことがありません。

あまり人を好きになれず、人付き合いが苦手です。

食事のマナーなど細かな他人の欠点を見つけると我慢がならないのですが、それをうまく指摘できず、一人で抱え込んで疲れてしまうのです。

人間としての器が小さいと思いますが、どうやって直せばいいか分かりません。

合コンや街コンに参加しても、この悪い性格が顔を出し、疲れて帰ってきてしまいます。

趣味のサークルに入っても相手にされません。

人並みに彼氏を作って愛したいという気持ちはあります。

彼氏がいる友人を見ると劣等感を覚え、自分が無価値で欠陥のある人間に思えてしまいます。

とても焦っており、途方に暮れています。

この状況から脱却するための方法を知りたいです。

***************

他人の欠点を許せない人は縁遠くなる:

善悪などの価値基準は人それぞれです。

生まれ育った環境が全く異なる上に、女性と男性は違う生き物なのですから理解し合うのは簡単ではありません。

ただし、お互い社会人として長年やってきた訳ですから、多少の違いは受け入れて尊重しようと努めなければなりません。

自分の考えや感じ方やり方が絶対正しく、それ以外は絶対に認めないようでは、職場でも浮いてしまうでしょう。

婚活の現場では自分絶対主義の弊害がモロに露呈します。

付き合いを深めるにつれ、良い所だけでなく悪い所も目に付くようになります。

長所と短所は表裏一体という側面があるのですから当然です。

スポンサーリンク

いついかなる時も自分が快適で居続けたいならば、男女交際など不可能です。

彼氏いない歴=年齢のまま一生を終えることでしょう。

男女交際で不可欠な柔軟性を身に付けるには?

人間関係、とくに男女関係で安定した状態を長期間保つには、精神的な柔軟性が不可欠です。

大らかさや器の大きさとも言えます。

相手の負(に見える)の部分も受け入れて、それを許せるのが愛です。

世の彼氏彼女や仲良し夫婦は、そうやって上手くやっています。

・相手が予想外のことを言っても当たり前。

・服装や食事のマナーが自分の基準と合ってなくても気にしない。

・失敗しても許し、自分が助ける。

・自分と違う価値基準や考え方、物の見方を歓迎し、そこから学ぶようにする。

こういう大らかな生活態度を習慣化しましょう。

若いうちに不確実性への耐性を身に付けて、精神の安定化を図りましょう。

どうしても間違いを指摘する必要がある場合は、相手が受け入れられるように言い方を工夫しましょう。

まとめ:

柔軟性は、生き残るために不可欠な要素です。

これはすべての生物に言えることです。

狭い自分の見識にこだわって硬化した態度をとっていると、ある日突然ポキンと折れてしまいます。

精神的に柔軟性がない人間は弱い存在です。

婚活サバイバルでも生き残ることは出来ません。

お見合いの時の男性の服装が気に入らないといって、いちいち幻滅しているような器の小さい女性たちが、一刻も早く彼氏ができるようになることをお祈りいたします。

アナタをサポートする結婚相談所情報:
【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: JUN

中年の男性既婚者。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してます。 英語は独学でTOEIC:950点達成。 通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 自分自身の婚活は失敗ばかりだったけど、このブログでは恋愛・婚活・結婚のノウハウを紹介しています。 基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので、気軽に読んで下さいね。 どうぞよろしくお願い致します。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。