こじらせ女子とは何か?こじらせ女子を脱する方法

こじらせ女子の診断方法は?

私はかつて、「こじらせ男子」でした。

女性とまともに会話もできず、10年以上も婚活に費やしていたのですから、かなりのこじらせぶりだと言えましょう。

世間には、こじらせ男子がいれば、こじらせ女子もいます。

日常生活の中で彼氏を作れなければ、仕方なく婚活を始めます。

例えば、結婚相談所を利用して一年以上経ち、20人以上と会っているのに誰とも真剣交際に至らないなら、立派なこじらせ女子と言えるでしょう。

マッチングアプリなども人気の婚活手段ですが、そもそも登録している男性に真面目な婚活者が少ないのが問題。

遊び目的や浮気目的が多く、女性からするとリスクが多すぎてお話になりません。

サービスシステムの構造的欠陥に起因してお金と時間を浪費しているケースも、立派なこじらせ事例と言えるでしょう。

こじらせ女子のあるあるワード

こじらせ女子が無意識のうちに使っている言葉があります。

いくつか例を挙げましょう。

「理想の男」

理想は想像上の産物に過ぎないのに、実在すると思っている。理想を現実に押し付けたら上手くいくはずがありません。

「スペック」

男性を商品だと思っているのですね。低スペックよりハイスペックがいいに決まっていますが、ここから選り好みが始まるのです。人間の尊厳に対して理解が浅い人はトラブルを起こしやすいと思います。

「トキメキ」

素敵な男性に出逢えばトキメキます。トキメキは急激に湧き起こりますが、簡単に壊れてしまう脆い代物。婚活で大切なのはトキメキではなく、愛情です。少しぐらいのトラブルではビクともしない愛情を二人で育てられるかが婚活の肝です。

「持ち駒」

結婚相談所でも二人以上の同時交際が認められています。あくまで、一人に絞る決断を助けるためです。長期間の同時交際などあり得ません。よく軽薄なアプリを利用している人で、「持ち駒」の多さを自慢しているケースを見受けます。「持ち駒が無くなった」というセリフも多く聞きます。いったい、人間を何だと思っているのでしょうか?

「生理的に無理」

髪型、服装、表情、態度、言葉・・などが原因で、アポ相手の男性をキモイと感じることもあるでしょう。男性側に改善の余地があるのは当然です。残念と思うのも自由。でも、せっかく会ってくれた相手のことを「生理的に無理」とか言っちゃいけません。これは侮辱であり、女性に非難する権利はありません。そもそも赤の他人なのですから、男性に女性の期待に応える義務はないのです。感謝の気持ちがない人に幸運は訪れません

「割り勘男」

男は女におごって当然という意識が根底にあるのだと思いますが、あからさまに言うのはどうですかね?謙虚さのかけらもない下品な態度だと思います。確かに、結婚相談所のカウンセラーなら男が全額払うように指導はします。でも、そもそも女性側におごってもらう権利はありません。おごるおごらないは男性の自由。「割り勘男」と悪態をつく暇があるなら、おごってもらえるように自分を磨くべきでは?

「コスパ」

なるべく楽をして最大限の利益を得たいという気持ちの表れです。店で商品を購入する場合ならOKでしょう。仕事でコスパを意識するのも理解できます。でも婚活は、そんなに単純ではありません。大変な思いをしたのに結果ゼロ、が当然の世界です。「デートしてもいいかな・・」と思える人に出逢えたらラッキー、というのが現実。「結婚相談所はコスパが悪い」と悪態をつく人は、無料のアプリで既婚者に遊ばれて人生の時間を浪費することが多いようです。

「見返り」

「相手男性からいかに奪うか」ばかりを考えている婚活女子が多いと聞きます。何かしてあげることがあっても、必ず見返りを求める。エゴの塊ですね。こんな人と愛情を育てられる訳がありません。結婚生活も成り立ちません。

こじらせ女子は恋愛ができないのか?

恋愛を成立させる条件は4つあります。

1)性感情を持つことが出来るか?

2)こうなりたいという理想像を持っているか?

3)思考・感情・行動を許容し合えるか?

4)自己開示することができるか?

詳細はこちらの記事に譲りますが、一番むずかしいのは、3)です。

相手のやること為すことすべてが気に入らず、片っ端から切り捨てる。

婚活では自滅行為です。

恋愛も無理。

こじらせている原因は自分自身にあるのですから、素直に反省するのが吉。

素敵な恋愛をして結婚したいなら、片目をつぶっておおらかに考え行動できるようになりましょう。

こじらせ女子は男から見てめんどくさいのか?

こじらせ女子は、婚活男子にとって鬼門。

アポで当たってしまうのは避けられないでしょうが、できれば避けたい存在です。

愛情を育てるための基盤がないのですから、時間の無駄。

妥協して付き合ってもめんどうくさいだけ。

賢い男は、すぐに見抜いてサヨナラします。

参考記事:

私が婚活で出逢った野蛮人たち

こじらせ女子は好き避けしている?

好みの男性の前ではついつい興味がないふりをしてしまいチャンスを逃してしまう。

これを好き避けと言うようです。

好き避けの原因は何か?

  • 性感情があることを隠している?
  • 自分に自信がないから気後れしてしまう?
  • 精神レベルが合わない?

いずれにしても、一緒にいて楽な相手でないと交際はできません。

疲れるデートは続きませんから。

素直に自己開示できる相手じゃないと、関係は進展しません。

好き避けしなければならない相手は運命の相手ではないと思います。

早く結婚したいなら、相性のいい相手を探しましょう。

参考記事:

【婚活】気が合う異性・波長が合う異性を見つける方法

こじらせ女子はドラマや映画から影響されすぎ?

前述の「理想の男」と重複しますが、こじらせ女子はドラマや映画の世界と現実を混同していることがあります。

とくに男性との交際経験が乏しい女性は、自分の偏狭な理想をアポ相手に求めがちになります。

1)心ときめく恋心を抱くのがスタートであるべきだ。

2)男性は逞しくて女性をリードすべきだ。

3)そういう理想の相手は、探せばどこかにいるはずだ。

現実は違います。

出逢ったときにピンと来なくても、愛情を育てることは可能です。

男は女々しいし、女性にリードされたいし、膝枕をしてもらいたいもの。

そしてもちろん、「理想の男」は映画の中にしかいません。

こじらせ女子になりたくなかったら、作り話の世界ではなく、現実世界を受け入れることから始めましょう。

参考記事:

【アナタは大丈夫?】早く結婚したい女性が脱却すべき幻想3選!

美人はこじらせ女子になりやすいのか?

美人でも性格が良ければ、早々に結婚できるのかもしれません。

でも、美人は意外にこじらせます。

女性は多かれ少なかれ女優さん的気質をもっていますが、美人は幼少期からチヤホヤされるため、特に「女優」になりやすいものです。

女優は遠くから眺めるもの。

たまに会ってデートするにはいいかもしれませんが、彼女にはしたくありません。

男からすれば、一緒にいて疲れる相手と長続きさせるのは無理なのです。

たまに20代のアイドルが40代の富豪と結婚することがありますが、夫婦として長続きする可能かは分かりません。

美人は諸刃の剣。

使い方を間違えると身を滅ぼします。

婚活をこじらせたくなかったら、美人といえども謙虚さが必要だと思います。

参考記事:

「美人なのに彼氏出来たことない」理由はこれだ!

婚活に疲れたアラフォー美人は今後どうすべきか?

幸せな結婚をしたければ美人は避けた方がいい理由

バチェロレッテの福田萌子さんは、こじらせ女子?

SNS界隈でも話題になったバチェロレッテ。

17人の良い男を用意してもらいながら、結局、誰も選べなかった福田萌子さんは、典型的なこじらせ女子です。

福田萌子さんに共感する女性も、きっと、こじらせ女子なのでしょう。

婚活を成功させたかったら、萌子さんを反面教師にすべきです。

結婚のプロである婚活カウンセラーが、福田萌子さんについて解説している動画を紹介します。

参考にしてください。

↓↓

【おまけ】

前向きな婚活を始めるために情報収集したい人は、ここをクリック (無料)。

以上

タイトルとURLをコピーしました