結婚できない男女の特徴とは?結婚相談所からも拒否される人とは?

学生時代や職場で作った恋人と自然にゴールイン出来る人もいます。

友達の紹介や地域社会で自然と出会い、結婚できる人も多いと思います。

そうでない人は、婚活せざるを得ないのが現実。

でも婚活は甘くありません。

婚活せざるを得ない時点で、何かが足りないのですから。

その何かに早めに気づき、躊躇なく改善できる人はOK。

そうでない人は、婚活でつまづき、こじらせます。

私自身が婚活で10年くらい悩んでましたから、良く分かります。

この記事では、結婚できない男女の特徴を述べるとともに、解決策のヒントを得ることを目的としています。

以下、参考にしてください。

結婚できない男の特徴:

不幸体質の診断方法とは?

この世には、結婚できない不幸体質を持った人が確かに存在します。

どうやって見分けて、診断したらいいかご存知ですか?

私は男性が多い職場に長年いたので、モテない体質の独身者を観察する機会に恵まれました。

そこでの知見も踏まえて、男性に関する不幸体質診断方法を考えてみました。

以下、参考にしてください。

「彼女募集中」という意思表示をまったくしない

例えば「彼女が欲しい」とか「いい出逢いをしたい」とか、「私は結婚したいんだ」という意思表示を周囲に行うことが大事です。

意思表示は言葉だけでなく、態度や行動で示すのが普通ですよね。

しかしモテない人は、自分に性感情があることすら全く匂わせません。

「彼女出来た?」とか訊いても、全く無反応で固まったままなのです。

「いやあ、出来ないですね。結婚したいんですけどね・・」とか言って、苦笑いでもしてくれればいいのですが、本当に無反応。

こういう人は、恋愛や婚活に時間やお金を注ごうという意欲が全くありません。

陰キャを脱却して自分を変えて新しい生活をしてみようという気持ちが感じられないのです。

危機感がないのも大きいと思います。

心構えがないのですから、行動することもありません。

だから、周囲の人間も協力のしようがないのです。

その結果、結婚できない男になるのです。

目つきが悪い

目は心の窓。

性格の悪さは目つきに表われます。

目つきが悪いのに性格が良いということはあり得ません。

本人は気づいてませんが、周囲の人間にはバレバレ。

待ち合わせ場所で一人でいるときを観察しているみるとすぐに分かります。

原因は様々です。

  • 親や教師がロクでもない人間ばかりだった。
  • 友人・同僚・上司に模範となるような人がいなかった。
  • 心を揺さぶられるような体験がなかった・・・

だいたい、目つきの悪い人間の周りには目つきの悪い人間が集まるものです。

目つきの悪さの裏側には、邪悪な要素が充満しています。

他人への強い警戒心・猜疑心、世の中への不信感、自分を守るだけで精いっぱい、気持ちに余裕がなく思いやりがない・・・

あなたが温かい人間関係を楽しみたいのなら、目つきの悪い人間との付き合いは必要最低限にしておきましょう。

自分の損得勘定にしか興味がない

  • 隣の人がゴミ捨てや掃除をしているのに手伝おうともしない。
  • グループの外線電話になかなか出ようとしない。
  • 電話を取り次いであげているのに返事すらしない。
  • 業務に直接関係ないの雑務を軽視して、露骨に嫌な顔をする。
  • 上司には真面目に受け答えをするが、同僚に対しては愛想がなく、相槌すらまともに打たない。
  • 面倒事から逃げ回り、その結果、周囲に迷惑が掛かっても知らん顔。

もしも、アナタの職場にこんな人間がいたら、間違いなく不幸体質の人です。

目先の自分の損得勘定にしか興味がない自己中の典型です。

こんな人と結婚して一緒に暮らすなんて、ゾッとしませんか?

人の面倒を見ない

自己中心的人間の特徴として、他人の面倒見が悪いという特徴が挙げられます。

例えば・・・

  • 職場での後輩の指導を億劫に感じ、放置したり雑に扱う。
  • 質問しても面倒くさそうな素振りをして、顔をこちらに向けない。
  • 人に説明する時も、意味不明の言葉を平気で連発する。
  • トラブルが発生して困っている人がいるのに、見て見ぬふりをする。

こういう冷たい人間には、だんだんと人が寄ってこなくなります。

業務上必要があれば仕方なく話しかける人はいるでしょうが、困りごとの相談をされることはなくなります。

相談してもイヤな思いをすることが分かっているので、最初から避けられてているのですね。

親身になって他人のために尽くし、喜んでもらうことで自分も嬉しくなるという経験がないというのは寂しいことです。

恋愛や結婚とは縁遠い人だと言えるでしょう。

不幸体質を脱して第一歩を踏み出そう

不幸体質の結婚できない男は、人と仲良くなって良い関係を築くことに興味がありません。

つまり、人間そのものに対する興味・関心が薄いと言えます。

せっかく人間として生を授かったのに、これではあまりに寂しいことではないでしょうか。

恋愛を楽しみ、幸せな結婚生活を送りたかったら、上記に述べた不幸体質と正反対のことをしましょう。

いつも一緒にいる非モテの人たちではなく、モテ体質の人達とつるみましょう。

一番手っ取り早いのは、モテ体質の人のマネをすることです。

参考記事:
自分を変える方法:「弱キャラ友崎くん」を例に考える

もちろん、婚活のプロである結婚相談所のカウンセラーに相談するのも選択肢になり得ます。

この記事を読んで、もしも自分が不幸体質に染まっていると感じたら、すぐに行動することをオススメします。

結婚できない女の特徴:恋愛依存症という病

恋愛依存症とは?

恋愛することで人は精神的に成長できます。

恋愛は、自立した大人同士の感情の交流です。

しかし、同じ恋愛という名が付いていても、恋愛依存症は別物です。

「常に恋人と一緒じゃないと不安になる」
「連絡が少しでも途絶えると疑心暗鬼になる」
「相手の無理な要求を簡単に受け入れてしまう」
「恋人をコロコロと変える」

こんな症状があったら、恋愛依存症の可能性があります。

心理的に脆弱で不安定なので、まともな社会生活が難しくなっているケースも多いようです。

楽しいはずの恋愛が、どうして悲惨な様相を呈しているのでしょうか?

自分に自信がないから他人に依存しようとする:

精神的に他人に依存しないと生きていけない人は、自分に自信がないのです。

表面上、自信があるように振舞っていても、それは見栄に過ぎません。

自分の心の空虚さ、貧困さ、余裕のなさ、不安定さを補うため、他人から承認される必要があります。

相手の人格に対する敬意はなく、自分を褒めたり認めてくれる相手を利用しているに過ぎないのです。

「可愛いね」
「素敵だね」
「君とデートしたい」
「好きだよ」・・

相手の発する表面的な賛辞や「親切な」行為に頼ることで、かろうじて心の平静を保っているのです。

「自分に自信がない、自分が嫌い」は日本人の国民病である:

恋愛依存症は自分に自信がないのが原因と述べましたが、「自分に自信がない、自分が嫌い」という症状は、老若男女問わず日本人の多くに見られます。

「空気を読む」
「長いものに巻かれろ」
「出る杭は打たれる」・・

自分の頭で考えることを放棄し、自分の意見を言わず、周囲の雰囲気や状況を見ながら自分の行動を決める。

問題意識のある人間を集団から排除し、仲良し集団内でなれ合い、足を引っ張り合う。

権威や常識に対する批判精神が欠如し、盲従しながら惰性で生きる。

堕落したた精神のまま進歩と無縁の生活をひたすら続けても、自分に自信が持てる訳はないし、むしろ自分のことを嫌いになるだけでしょう。

必然的に、気持ち的な余裕がなくなり、自分のことしか考えられなくなります。

会社でも、学校でも、地域社会でも、アナタの周りは「自分に自信がない」人で溢れていませんか?

自分に自信があり、他人を気遣える余裕がある人は少数派ではないでしょうか?

これが日本という社会の現実です。

現実逃避の安易な手段として恋愛依存を選ぶ:

自分に自信がなくて自分が嫌いならば、自信を獲得し自分が好きになるように努力せねばなりません。

八方美人をやめて、自分の主張を述べなければなりません。

そのためには常識を疑い、自分の頭で考え、必要ならばコツコツ勉強をしなければなりません。

人の目を気にし過ぎることなく、集団でのなれ合いを拒否しましょう。

他人の人生ではなく、自分の人生を生きるのです。

そうした地道な努力を放棄し、安易な態度で生きている人が多いのではないでしょうか?

面倒な現実や嫌な自分から目を背けるために、恋愛ごっこという遊びに身を委ねるのが恋愛依存症です。

快楽に溺れているうちは現実を忘れることが出来ますが、後から虚しさが襲ってきますし、人間的に進歩することはありません。

恋愛依存症は人生の浪費という高い代償が伴う:

恋愛依存症は女性に多いと聞きます。

恋愛依存願望がある女性は、遊び目的の男性の格好の餌食となります。

奥さんとうまく行ってないストレスを浮気で発散しようとして「都合のいい女」を探している男性は、マッチングアプリにたくさん生息しています。

そういう男性は女性の扱いに慣れており、表面上はとても魅力的で優しく見えます。

恋愛依存症の女性は自分の感情にしか関心が向かないので、自分を称賛して優しくしてくれる男性を簡単に信用します。

ヤリモク男性のいかがわしい本質を見抜けず、求められれば簡単に肉体関係になります。

こんな非生産的な関係が長続きする訳もなく、いさかいが起きればすぐに別れて他の男に乗り換えます。

男性遍歴を自慢するような女性は、異性と安定した関係を築く能力がないことを白状しているのです。

将来への具体的な展望もないまま惰性で恋愛依存関係を続けていると、あっという間にアラサーアラフォーになります。

時間とお金の無駄・・。

30歳を過ぎても恋愛依存関係を続けている女性は婚期を逃し、妊娠出産の機会さえ失いかねません。

他人に依存している子供に恋愛や結婚は無理:

結婚とは、親から独立して新たな所帯を持ち、配偶者と家庭を共同経営することを意味します。

所帯を持てば法的な責任も負うことになります。

精神的に自立した男女が長い時間をかけて、お互い努力して信頼感と愛情を育てる必要があります。

この愛情が脆いと、結婚生活は簡単に破綻し離婚に至ります。

ラブラブ夫婦になるのは簡単ではないのです。

他人に依存しなければ精神の安定を保てない人間は、まともな恋愛ができませんし、当然、結婚も無理です。

物分かりの良い両親に甘えて実家暮らしをしている婚活女性も、自分自身を振り返った方がいいでしょう。

まとめ:

恋愛依存症の人にも結婚願望はありますが、曖昧であり、具体的な将来イメージは乏しいもの。

自分の弱さと向き合う勇気がない人は、気軽なマッチングアプリで楽しそうな出会いを探し恋人を作ろうとします。

自分を癒してくれる人を見つけて付き合うことは出来ますが、結婚の意識がお互い脆弱なのでダラダラした関係が続き、最終的には別れてしまいます。

浮気目的で遊ばれたり、お金を貢がされたりする人もいます。

こういう人生の浪費を繰り返していると、人生自体が失敗になります。

恋愛依存症を卒業して人生を前向きに変えたい人は、一年以内の成婚を目指すためにも結婚相談所を利用してください。

プロの婚活カウンセラーがアナタの力になってくれます。

マッチングアプリのような気楽さはありませんが、安心できる環境活動するのがベストです。

結婚できない女の特徴:毒親は娘の人生を台無しにする

結婚できない女の影に毒親あり

あるアンケートで「結婚したくない」と回答した人に理由を聞いたところ、次の内容が圧倒的だったそうです。

「独身が楽だから」
「結婚のメリットが見出せないから」
「独身でも不自由がないから」

独身の現在の生活に何ら不満がないから変えたくないということです。

仕事をして、自分の自由に使える収入を得、プライベートでは誰にも束縛されたくないという独身貴族ぶりがうかがえます。

それでも親元から離れて一人暮らししている場合は何かと不自由することがありますし、先々の生活を想像して不安になることも多いはず。

年齢を重ね体力が落ちたり、健康を損なうかもしれない。

思うように働けなくなり、ずっと一人で生活し続けられるのか?

孤独感にさいなまされて、誰にも看取られずに死んでいくのではないか・・と恐怖を覚えるものです。

しかし独身者の中には、こういう恐怖をあまり想像せずに済む立場の人がいます。

実の親と同居をし続けている人たちです。

親との同居、親子の相互依存

別に、親と同居すること自体が悪いわけではありません。

例えば、家業を継いでそれを維持・発展させていこうとしている人は、親と同居するのが普通でしょう。

問題は、同居しているがゆえに、お互いが精神的に依存している場合です。

一時期、「一卵性母娘」という言葉が流行りました。

母と娘の仲が良く、どこに行くにも一緒にお出かけし、服の貸し借りをし、一心同体の親友のように毎日の生活を楽しんでいる親子のことです。

娘からすれば生活費の心配はないし、親が日常生活の面倒はしてくれるし、これ以上はない環境かもしれません。

母からすれば、旦那よりも話が通じる同性の娘の方が一緒にいて楽しいし、寂しさも紛らわせます。

娘と仲良くしていれば、将来自分が倒れた時の面倒を見てもらえると思っているのでしょうか?

もちろん、仲良し親子で同居しているのには、息子のケースもあります。

見栄っ張りと現実逃避

一卵性母娘に話を戻しましょう。

精神的に相互依存して生きている母娘は、自分たちの客観的な状況(相互依存)が見えていません。

第三者が娘に対して「お前は親に甘えて生きている子供だ」なんて指摘したら大変です。

烈火のごとく怒るでしょう。

図星でも、絶対に認めることはありません。

「働いて収入も得ているし、家賃は親に渡している」と反論するかもしれません。

母親側も、「娘と仲が良くて何が悪いのか?お互い大人として付き合っている」と反論するかもしれません。

両者とも見栄っ張りであり、かつ、甘えん坊なのです。

切実感も問題意識もない者同士の「女子トーク」は非生産的であり、自分を高めることも無ければ、未来にもつながりません。

本当に子どものことを心配している親なら、いつ自分が死んでも困らない「生きる力」を子供に身に付けさせようとするものです。

娘に甘えてないで、たとえ自分が悪者になっても、心を鬼にして家から追い出そうとするでしょう。

自分が楽しいから娘をそばに置いておくなんて、野生の動物にも劣る堕落した態度と言わざるを得ません。

子離れできてないのは母親だけでなく、父親にもよく見られます。

親子のエゴと、もたらされる苦難・不幸

「自分が楽しいから、自分が楽だから、自分が・・」というのはエゴです。

自分のことしか考えないような人間は、苦難の道を歩まねばなりません。

歴史上のすべての失敗は、そういう人間の間から生まれています。

目先の自分の感情、都合、損得しか頭に浮かばないのは、将来に対する想像力が欠けているからです。

将来母親が倒れた時、娘は自分で面倒見る覚悟があるのでしょうか?

そんな状況になったら、婚活どころではなくなります。

年齢的にもアラサー以上の女性は、婚活市場で人気がありません。

アラフォー女性が成婚に至る確率はゼロに近い。

毎日の「楽しい」生活は、そういう厳しい現実や将来不安から目をそらす効果はありますが、代償はとても大きいのです。

親に依存したままで婚活が上手くいくか?

一卵性母娘として生活していても、やはり、世間一般並みに結婚には興味があります。

毎日の生活の中で出逢いがなさそうなら、そりあえず結婚相談所に入る人もいます。

相手男性には、現在の快適な生活を維持してもらうことを無意識のうちに求めてしまいますから、うまく行くわけがありません。

「何も言わなくても、私が快適に感じる状況を作って頂戴ね」という女王様気取りの態度を取りますから、デートに付き合わされた男性はウンザリします。

いい歳をした見栄っ張りの甘えん坊の面倒をみるなんて、マザーテレサだって嫌がるでしょう。

お見合いした男性のあら探しばかりして、母親との女子トークで愚痴をぶちまける・・

こういう中途半端な心構えしかない人たちが婚活市場に入ってきても上手く行かないと思います。

ずっと結婚できない悲劇を避けるためには?

十代二十代の若い頃から将来への想像力を働かせて、早め早めのパートナー探しをするのがベストです。

自分の将来や自分の人生に対して責任を持てるのは、自分しかいません。

この記事で例に挙げた一卵性母娘は、その責任を回避していると言えます。

将来起こると予想される不都合な事象に対して、見て見ぬふりをしているのです。

それは人間として、とても卑怯な態度だと思います。

切実感や問題意識を持つのが、そんなに嫌なのでしょうか?

繰り返しになりますが、目先の自分の損得勘定しか頭にない者は苦難の道を歩まねばなりません。

将来、「寂しい、寂しい・・」と言って泣いても、誰も助けてくれないのです。

婚活は、早め早めの行動が成功のカギです。

親に甘えて生きてきた人が結婚したいなら、すぐにでも実家を出て独り暮らしを始めましょう。

結婚相談所から入会拒否される人:

結婚相談所は婚活において最後の砦と言われたりもします。

入会面談の時に、結婚のプロであるカウンセラーが可能性を探っていき、その上で「結婚は無理だな」と判断される人とはどんな人なのでしょうか?

複数の婚活カウンセラーから実例を聞き、以下にまとめました。

男性の場合:

  • 住民票、独身証明書、卒業証明書などを提出しない人(出来ない人)
  • 年収が低すぎる人(200万円以下とか貧困層の人)
  • 高飛車で、既存会員のプロフィールを馬鹿にする人→人間性に問題ありと判断される
  • 低スペックおじさんなのに、若くて可愛い娘しか受け付けない人
  • カウンセラーとのコミュニケーションが難しいと感じた人(寄り添えない)
  • 入会後の活動中にお金を無心したり、頻繁に嘘をつくと強制退会も・・

女性の場合:

  • 住民票、独身証明書、卒業証明書などを提出しない人(出来ない人)
  • 高飛車で、既存会員のプロフィールを馬鹿にする人→人間性に問題ありと判断される
  • 自分が低スペックなのに、相手男性にハイスペックを求める人→マッチング不可
  • カウンセラーとのコミュニケーションが難しいと感じた人(寄り添えない)
  • 親に言われて仕方なく来た人(料金は親持ちで、親が面談に付き添う)→自立心がなく結婚への意欲が低いOR無い
  • 今付き合っている彼氏がいるけど、結婚相談所に良い人がいたら別れるという人(二股案件)
  • 今の自分を変える気はないけど、今の自分をそのまま受け入れてくれる男性なら結婚してもいいと言う人(自分の理想をかなえてくれると思ってる人)

まとめ:

成婚の可能性が無いだけでなく、他会員に迷惑をかけやすい人は、結婚相談所に入ることは出来ません。

プロのカウンセラーから見て「論外」と判断された人は、間違いなく結婚できない男女です。

そうならないよう、該当しそうな項目がある人は必死になって改善することをオススメします。

結婚できない男女を脱したいアナタへ:

まだ若い学生の時を思い出してください。

いつか素敵な人を見つけて幸せな結婚をしたいと願っている人も多かったのではないでしょうか?

それなのにどうして、いつの間に「結婚できない男女」に成り下がってしまったのか?

結果には、必ず原因があります。

その原因を直視して、地道に改善するための努力が出来るかどうか・・

そこが分かれ道です。

人間は何歳になっても変われます。

どうか謙虚で素直な気持ちになって、婚活を頑張っていただきたく思います。

【お知らせ】

婚活の手段はお決まりですか?

私としては、自分の経験も踏まえて、結婚相談所をオススメします。

結婚のプロであるカウンセラーのサポートを受けられるから、無駄が少なく効率が良いのです。

どこの結婚相談所にすべきか分からない人は、情報集めから始めましょう。

複数の結婚相談所情報を一括で集めたいなら、ここをクリック(無料)してください。

どうしても決められない人は、とりあえず、オンラインの無料カウンセリングを受けてみるのも手です。

オススメのリンクを下に貼りますので、試しに見てください。
↓↓
本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

良き伴侶に出会えるよう、お祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました