生涯独身になり易い人の特徴とは?結婚するためにあなた(男性)がすべきこと

あなたは結婚したことがありますか?

女性と付き合ったことがありますか?

この記事では、生涯独身になりやすい人の特徴を挙げるとともに、事態を打開するための処方箋を記載したいと思います。

人間関係を避けている人

職場レベルでの型通りのやり取りなら何とかこなせますが、人間としての感情の交流を避ける傾向が強い人をたまに見かけます。

こちらからいろいろな方法で繰り返しアプローチしても、のれんに腕押しという感じです。

周囲の人間はツマラナイと感じ、関係を悪くしない範囲で、必要最低限のやり取りしかしなくなります。

恋愛は感情の交流を伴う行為ですから、心的エネルギーが少なく人間関係を避けるタイプの人は、婚活自体が難しいと言えるでしょう。

こういう人は、自分自身の性格や原因を知ることが先決ですから、結婚相談所などでカウンセリングを受ける必要があると思います。

女性がいない環境で過ごしている人

中学・高校は男子校、大学は女性がほとんどいない学部・学科、職場は男ばかり・・・

これで姉妹もいない人だったら、女性について学ぶ機会はほとんどありません。

本を読んでも本当の知識にはなりません。

経験不足は致命的なものです。

男ばかりの狭い世界で、偏見と無知に基づいた歪んだ女性観を形成してしまったら、それこそ婚活での足枷になります。

デートはおろか、女性に声をかけることすら怖くてできないのでは、人生における豊かな人間形成は難しいでしょう。

言い古されたことですが、地道に場数を踏むしかありません。

プライベートでも仕事でも女性と自然に接し、恋愛や結婚生活を楽しむことができる人は、幼少から女性経験を積んできているのです。

そういう百戦錬磨の人たちに、女性との交流をサボってきた人が勝てるハズがありません。

いい年になっても女性と付き合ったことすらない人は、恥をかくことや失敗を恐れず、どんどん行動することが大切です。

諦めなければ必ず道は開けます。

婚活サイトでも結婚相談所でもいいですから、現代の便利なシステムをフル活用してください。

「理解のある」親と同居し続けている人

昔、「一卵性母娘」という言葉が流行りました。

仲の良い母と娘が友達のように付き合って、その居心地の良い環境から抜け出せない娘は、親から自立した結婚に踏み出せないという現象です。

これは娘だけではなく、息子にも当てはまります。

親と仲が良いのは悪いことではありません。

親との同居自体が害悪とも言い切れません。

しかし、子供にとって居心地が良すぎる環境を親が用意してしまうと、子の自立を妨げる原因ともなり得ます。

その結果、結婚という行為が面倒くさくてリスクが多いものと感じ、ズルズルと安易な独身生活を続けてしまうケースが多いのです。

長い目で見れば、子供のためになりません。

親は思い切って突き放す必要があるでしょう。

このままではいけないと思ったら、子供側から家を出ていくのもアリです。

他人に興味がなく、気遣いできない人

一見ガサツで下品でも、気遣いの上手い人がいます。

別に相手に興味が無くても、何かしら話かけてコミュニケーションをとることの重要性を理解しているのです。

反対に、一見とても上品に見えても、他人に気遣いが全くできない人もいます。

自分にしか興味がなく、視野が狭く、自己中心的なのです。

こういう人は場を取り持つための雑談ができません。

人への共感能力にも欠けるので、人をウンザリさせる自慢話や自画自賛が目立ちます。

無神経、とも表現できます。

初対面でも自分のことはたくさん話すのですが、相手に対して質問ができません。

こちらが自分のことを話し出すと、露骨に嫌な顔をする場合もあります。

世間知らずのお坊ちゃんにこういうのが目立ちます。

こういう人は、身内の不幸など、何らかのアクシデントや悲劇が契機になることがあります。

人の気持ちを大切にして、他人と協力し合わなければ人間は生きていけないということは、体で覚えるのが一番です。

痛い目に合うのが遅ければ遅いほど、婚期が遅れます。

柔軟性が無く、自分の思い通りにならないと怒る人

違う人間が一緒に暮らす場合、考え方や価値観が完全に一致することはあり得ません。

結婚生活では、7割くらい合ってれば儲けもの・・位の緩い感覚が必要です。

片目をつぶり、思い通りにいかなくても柔軟に対処する心構えが大切です。

しかし世の中には、他人が少しでも自分の思惑通りに動かないと激怒する人がいます。

怒鳴らなくても、怒りを鬱積させた様は見ていて恐ろしいほどです。

周りの人間が自分の思う通りに動いて当たり前と言う感覚はどこから来るのでしょうか?

狭い世界で甘やかされて過ごしている世間知らずにこういうタイプが時々見られます。

こういう人間は、人と協力して問題解決するのが苦手です。

マニュアル通りにキッチリ仕事をこなすことは出来るかもしれませんが、一緒に暮らすと息が詰まります。

奴隷のように服従する相手なら同居可能かもしれませんが、恋愛や結婚は主従関係ではありません。

自分で自分のことが分かっていないのが原因ですから、結婚相談jなどでカウンセリングを受けることをオススメします。

自分の身なりに無関心な人

ヒゲぼうぼう、小汚い恰好、口臭・体臭・・・

他人がどう思うかということに少しでも関心があれば、自分の身なりをマシにしようという意識が働くはずです。

逆に言うと、自分の身なりに無関心な人は、相手への気遣いに乏しいと判断されても仕方がありません。

恋愛は自立した大人同士の心の交流ですし、結婚は共同作業です。

相手への最低限の気遣いや礼儀をわきまえることが必要です。

収入が少ない非正規社員

結婚生活は安定が第一です。

必然的に安定した収入が求められます。

景気が悪い時の調整弁にされやすい臨時雇いでは、結婚の前提条件を満たしていないと言えます。

「愛さえあれば」というキレイごとは通用しません。

不安定な非正規雇用の人は諦めていないで、正社員になるための転職を真剣に考えるべきです。

転職エージェントとの面談であなたが質問・確認すべきこととは?

最後に

少し厳しいことも書いてしまいましたが、結婚は基本的に誰でも可能なことだと思います。

自分を知り、相手を知り、諦めずに進めば必ず道は開けます。

諦めない限り失敗はあり得ません。

自分が今いる狭い世界に閉じこもっていないで、行動を起こしてください。

結婚相談所サービス比較!厳選10社から自分に合ったサービスを探せます♪

以上

Pocket