スポンサーリンク

交際経験なし男が早く結婚するにはどうすればいい?

交際経験なし男が早く結婚するにはどうすればいい?

十代や二十代の若い時に消極的で浮いた話がなく、三十代・四十代になってから結婚への焦りを感じている男性は多いと思います。

「そんなの自己責任だ。自分で何とかしろ!」と切り捨てるのは簡単ですが、経験も実績も自信もない男が何の見通しもない状態で不安になるのは当然だと思います。

この記事では、彼女が出来たこともない奥手草食男子が、なるべく効率よく早く結婚するための方法を述べたいと思います。

1)面倒見の良い結婚相談所に登録する

アラサーを過ぎるころになると合コンへの誘いも少なくなります。

趣味のサークルに入っても、彼氏募集中の女性がどれ位いるか分かりませんし、たとえ居たとしても、自分と条件が合う確率は少ないものです。

婚活サイトや街コンなどは恋の駆け引きに通じた経験者向きの手段であり、素人が手を出しても痛い目に遭うだけです。長い目で見ると、かえって高くつきます。

やはり、結婚相談所に登録して地に足を付けた活動をするのが一番です。

カウンセラーが親身になってくれる仲人型の結婚相談所を選びましょう。

結婚相談所関連の記事リンク:

【婚活】運命のパートナーに出逢える人の特徴は意外にシンプル!

2)婚活カウンセラーのアドバイスに素直に従う

人間も30歳以上になると、生きることに段々と自信を持ってきます。

それは素晴らしい事なのですが、根拠のない自信やつまらないプライドが新しいことに挑戦する時の邪魔をするケースも増えてきます。

色恋事には全く厭いのに、仕事の延長線上で何とかなると思っている人もいます。

女性との経験なしの男性が婚活をするときは、思い切って謙虚になり、カウンセラーのアドバイスに素直に従うことをオススメします。

「まあ、参考意見として聞いておこう」なんて上から目線だと、いつまで経っても結婚できません。

結婚相談所のカウンセラーはすべてを熟知したプロですから、素直に頼った人だけが成功を収めることが出来ます。

アナタにとってのいい方法が確かに存在するのに、それを無視して我流を通すなんて時間の無駄でしかありません。

3)進捗管理を行い、カウンセラーに相談する

PDCAサイクルを回すのは、仕事も婚活も同じです。

お見合い→デート→プロポーズ→成婚退会に至るまでの計画(半年~1年)を立て、途中でうまく行かなかったらその原因をきちんとつかみ、アナタにとっての有効な対策を編み出す。

そして再び行動して、その結果を検証する。

このサイクルをなるべく早く回すのが秘訣ですが、その時は必ず第三者の目、すなわちカウンセラーを介在させねばなりません。

うまく行きそうだから自己判断で勝手に進むのはやめた方がいいです。

1回のお見合いやデートごとに報告・連絡・相談を小まめに行いましょう(特に仮交際では、最初の一か月が関係構築の最重要期間)。

アナタの熱意や真剣さがカウンセラーの親身さを引き出します。

そのためには建前でなく、カウンセラーと本音で話す必要があります。

二人三脚で頑張っていけそうなカウンセラーかどうか、最初の無料カウンセリングでしっかり見極めましょう。

4)外見を爽やかにしよう

適齢期まで女性との付き合ったことがない男性は、外見がダサいのが普通です。

プロフィール写真を撮る前にカウンセラーからは必ず指摘されますから、アドバイスに素直に従い、若々しく爽やかなイケメン風になるよう外見を改造しましょう。

ここで恥ずかしがったり、躊躇してはいけません。

一目見て嫌悪感を抱かれたら、女性が心を開いてくれることはありません。

お見合いしても無駄になってしまいます。

「外見なんてどうでもいい。中身で勝負だ!」なんて言っている男性に限って、その中身はお粗末なものです。

そうではなく「外見を改造したから自信が付いて、女性とも堂々と話をできるようになる」と心得ましょう。

5)自分のスペックは気にしない

恋愛や結婚で一番ダメな条件は「自分に自信がないこと」です。

「どうせ自分なんか・・」感を全開にして自虐ネタを披露されても相手は迷惑なだけです。

スポンサーリンク

実際に婚活をしてみると分かるのですが、年齢・身長・学歴・年収・職業などのスペックは参考データに過ぎません。

自分のスペックでは市場価値がこの程度だから、まともに相手にされないのではないか?などと心配する必要はありません。

見込みがない人なら、結婚相談所の門を叩いても登録できません。

登録できたということは結婚できる見込みがあるということです。

自信を持っていきましょう。

6)選り好みし過ぎない:

相手にの条件に難くせばかりつけて「あれはイヤだ。これはイヤだ」と言ってると、誰も紹介されませんし、紹介されてもうまく行きません。

いついかなる時もアナタが100%満足できる人なんて、この世に存在しません。

最終的に結婚する相手は、5~7割程度OKなら良しとしましょう。

あなた自身も一個の弱い人間に過ぎないのですから、謙虚さが必要です。

アナタはどんな人とどんな結婚生活をしたいのか、何かイメージしているかもしれませんが、無知や偏見に基づく妄想レベルではないでしょうか?

あまり選り好みせず、カウンセラーのアドバイスに素直に耳を傾けて、なるべく候補女性の条件を広げる努力をしましょう。

7)おおらかな人が断然有利:

許容範囲が広い人は、結婚相手と出逢う確率が結果的に高くなります。

「自分と異なるものを素直に受け入れられる」「多様性を当然のこととして認められる」「相手のあら探しではなく良い所を見つける」

こういった柔軟性は、婚活で無類の強さを発揮します。

「ふーん、そうなんだ」と相槌を打ちならが、笑顔で相手の話に楽しそうに聞く。

大らかな人は朗らかな笑顔を見せますから、話しかけ易そうな印象を与えます。

大らかさを持った人は、イケメン・美人・高年収の人より強いのです。

「大らかさは無敵」と言っていいでしょう。

アナタがもしも大らかな人に分類されるのであれば、婚活市場で引っ張りダコになるはずです。

ただし大らかさが必要とは言っても、どうしても嫌いなもの・許せないものを無理に受け入れる必要はありません。

例えば、相性が悪すぎれば仕方がありませんよね。どちらが悪いという訳ではないので・・

8)会話で相手の欲求を満たす:

婚活でデートを重ねて相手と親密になるためには、人見知りや会話下手ではいけません。

「相手の良い所を認めて褒める」「仲間意識を醸成し、困ったときはいつでも助けると意思表示する」「相手の知りたいという欲求に応えるために自己開示する」

これらのことを意識してコミュニケーションをする必要があります。

相手の言ったことに対して、「でも・・」とか「いや、それは・・」という否定語で返す癖が付いている人は、婚活を始める前に直してください。嫌われるだけですから・・

例えば職場などで、都合のいい時は近づくが問題が起こったときは見て見ぬふりをして逃げ出す癖が付いている人は、婚活でもその腐った根性は露呈しますから、事前に叩き直しておきましょう。

自分の素を出せず、猫を被って良い人を演じている人は空気を読むのが上手いと思いますが、恋愛では何の役にも立たないばかりか、最終的には嫌われます。相手もつまらなくなって、どうでもいい人になってしまいます。自信をもって自己開示する意識を持ちましょう。恋愛とは心と心のふれあいなのですから・・

まとめ:

繰り返しますが、恋の駆け引きをやったこともないような男性が、自己流でスムーズに相手を見つけられるほど婚活は甘くありません。

自己流で試行錯誤するのは、自爆と同じ意味です。

かつて私自身が10年間位そういう馬鹿なことをやっていましたから、断言できます。

彼女いない歴=年齢の男性が早く成婚するための最適手段は結婚相談所です。

専門家の助力が不可欠なのです。

下にリンクを貼っておきますので、とりあえず気軽に初回の無料カウンセリングを受けてみてください。

アナタをサポートする結婚相談所:
働き盛りの男性のための結婚相談所。
現在女性割合が6割強となっており男性のお客様の成果が生まれやすい状況です【結婚相談所Bridalチューリップ】


【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: JUN

中年の男性既婚者。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してます。 英語は独学でTOEIC:950点達成。 通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 自分自身の婚活は失敗ばかりだったけど、このブログでは恋愛・婚活・結婚のノウハウを紹介しています。 基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので、気軽に読んで下さいね。 どうぞよろしくお願い致します。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。