スポンサーリンク

早く結婚したいならお見合いの目的をはき違えるな!

早く結婚したいのにお見合いの目的をはき違えている人が多い:

二十代前半の若者ならともかく、アラサーくらいになると周囲が結婚ラッシュになり焦りを感じてきます。

おまけに、年齢を重ねるとともに合コンへのお誘いも減ってきます。

このままだと時間ばかりが経ってしまい、気が付いたらアラフォーになっているのでは?・・、という不安に悩まされます。

早く結婚したいと思い結婚相談所を選ぶのは賢い選択だと思います。

しかし、お見合いを重ねても、最終的に成婚できる見通しが立たず、結婚相手のイメージも曖昧なまま、なんてことはありませんか?

そんな人は、お見合いの目的をはき違えているのかもしれません。

一体何を間違えているのでしょうか?

お見合いをすること自体が目的になっていないか?

結婚相談所での活動を始めた人は、条件がそこそこ良ければ、お見合いの予定を組むのにそんなに苦労はしないと思います。

自宅と会社の往復だけだった生活から一変し、毎週のようにお見合いの予定を入れることも可能です。

毎週、別の異性と逢ったりデートしたりできる状態は、一種のリア充ともいえます。

「今度会う人はどんな人だろう?」と想像し、毎日が楽しい人もいるかもしれません。

でも、色んな異性と逢ってリア充を実現するのが目的ではないですよね。

特定の相手と結婚するために結婚相談所で活動をしているのです。

休みの予定を埋めて、カッコいい自分に酔っている人が結構いるそうですが、お見合いはあくまで手段に過ぎません。

いつの間にか手段が目的化してないか注意する必要があると思います。

「理想の人」を探すことが目的になっていないか?

「高い金を払ったんだから理想の王子様(お姫様)を見つけてやる」と意気込んでいる人は多いと思います。

「理想」という言葉の意味が、「欠点がなく、常に自分をいい気分にさせてくれる人」という意味だったら問題です。

スポンサーリンク

そんな「理想の人」がいるはずありませんから、婚活の長期化は必至です。

現実を知らない世間知らずの人ほど「理想」を追い求めます。

男女交際経験が乏しい人ほど「理想の人」を探し続けます。

「理想の人」を探している人は、他人のあら探しが得意な人です。

せっかくのお見合いなのに、相手の悪い所ばかりに目が行ってるようでは、交際に発展しません。

お見合いでは、相手の良い所を一生懸命探し、楽しい時間が過ごせるようにお互いが努力する必要があります。

そして1~2回デートして相性が良ければ、お互いの素を出して楽しい時間を過ごすことが出来るでしょう。

相性が悪ければ、いつまでも自然に振舞えず、気疲れする状態が続くでしょう。

一緒にいて楽しい、ずっと一緒にいたいと思える相手に会えるまでには、何回もお見合いを重ねる必要があります。

しかし「理想」にこだわる人は、何十人と逢っても真剣交際には至らないでしょう。

現実に気付けばいいですが、理想に振り回され続けて婚活地獄に陥り、諦めている人も多いようです。

まとめ:

繰り返しますが、お見合いの目的とは、現実的な判断をして特定の人と結婚することです。

特定の人と愛情を育てて安定した関係を築ければ、精神的にも安心できます。

毎週のように違う人とお見合いして、「あれはイヤだ、これはイヤだ」と言ってる人は不安定状態が続きます。

不安定な状態から一刻も早く脱して結婚式を挙げるために、この記事が役立てば幸いです。

アナタをサポートする結婚相談所:
働き盛りの男性のための結婚相談所。
現在女性割合が6割強となっており男性のお客様の成果が生まれやすい状況です【結婚相談所Bridalチューリップ】


【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: JUN

中年の男性既婚者。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してます。 英語は独学でTOEIC:950点達成。 通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 自分自身の婚活は失敗ばかりだったけど、このブログでは恋愛・婚活・結婚のノウハウを紹介しています。 基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので、気軽に読んで下さいね。 どうぞよろしくお願い致します。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。