婚活は何歳から始めるべきか考えてみた:若いほど有利なのか?

この記事は、将来の結婚のことを考えている人向けに書きました。

いったい何歳くらいから結婚に向けての相手探しや準備を始めたらいいのか?

婚活という言葉の定義自体、曖昧なところがあります。

手遅れになって後悔しないために、一度立ち止まって考えてみましょう。

女性の場合は婚活を何歳から始めるとよいか?

「そろそろ結婚したいな・・」と思っているのに、将来を誓い合っている彼氏がいない場合、婚活をする必要があります。

友達の紹介、無料でリスキーなマッチングアプリ、有料だけど安全な結婚相談所とか、手段はいろいろありますね。

女性の場合、妊娠・出産のリスク、子育てなどを考慮すると二十代のうちに第一子を出産したいところです。

現実の話、三十を超えたお嬢さんは婚活市場で人気がありません。

ですから、できれば二十代の前半から婚活を始めるのがいいと思います。

婚活を始めて、すぐに相手を見つけて一年以内に結婚できる自信がある人は、二十代後半から開始してもいいと思いますが、人生何があるかわかりません。

こじらせる人は、10年以上婚活するケースもあります。

私も実際、トータルで10年くらい婚活する羽目になりました

お金はどうにでもなりますが、過ぎ去った時間は取り戻せません。

人生の一大事なのですから、早め早めの行動を心がけるべきだと思います。

男性の場合は婚活を何歳から始めるとよいか?

男性の場合は、女性より少し余裕があります。

20代前半から彼女探しをしてもOKですが、20代後半からでもいいと思います。

モテるタイプの男性で、すぐに相手を見つけて結婚する自信があるならば、アラサーから婚活開始でもいいかもしれません。

でも、もしも20代の女性と結婚したいなら、20代のうちから婚活を始めましょう。

女性は一般に、自分の年齢±3歳以内の男性を希望することが多いのです。

おじさん年齢の人が若い女性と付き合うのは難しいのが現実。

学生時代も職場も男子ばかりの環境で過ごしてきた人は、体感的に女性を理解できていないため、デートはおろか話すらできないことも多いです。

そういう人は、ついつい婚活を後回しにして、ズルズルと年齢を重ね、いつの間にかアラサー、アラフォー、アラフィフ・・というケースが目立ちます。

私が勤める会社にも、そういう男が掃いて捨てるほどいます。

40過ぎてから、「子供が欲しいから若い女性と結婚したい」なんて言っても無理ですよ。

婚活は何歳から始めるべきという決まったルールはありませんが、なるべく早め早めの行動を心がけましょう。

広い意味での婚活は何歳から始めるべきか?

婚活とは一般的に、結婚相手を探す活動のことを指します。

適齢期になった時点で彼氏彼女がいない人が、婚活をするのです。

結婚する意思があり、自分と条件が合う人と交際し、関係を深め、結婚の準備をする。

でも、もっと広い意味での婚活もあると思います。

例えば十代の学生さんは、結婚のイメージが明確ではないでしょうが、気になる異性にアプローチしますよね?

  • 自分は誰と気が合うだろうか?
  • どうすれば、デートに誘えるか?
  • どうすればモテるのか?
  • なぜ、振られたのか?
  • 自分に足りない能力は何だろう?
  • どうやって改善すればいいか?

自分に対して、こういう何故を問いかけるのも、広義の婚活と言っていいでしょう。

異性との人間関係を構築し豊かにするための能力を、行動の中で試行錯誤しつつ身に付けるのは、勉強と同じくらい大切なことだと思います。

是非とも、十代の前半から挑戦してみてください。

共学の人は、毎日異性に会って話すチャンスがあるのですから、恵まれています。

アラサーアラフォーになってから婚活を始める人の中には、異性と交流するための基礎や常識を欠いている人が大勢います。

アドバイスする結婚相談所のカウンセラーも大変ですが、本人はもっと大変でしょう。

私も経験があるから、よくわかります。

大人になってから惨めな思いをしないためにも、何歳からとは言いませんが、なるべく若いうちに男女交際の経験をしておくことをおすすめします。

まとめ

「婚活を何歳から始めるべきか」について、考察してきました。

とくに何歳からという決まりはありません。

恋愛も結婚も個人的なことですから、各個人の判断と責任がすべてです。

婚活を始めたいけど、出会いの機会がないという人もいるでしょう。

婚活のための安全な環境とチャンス、そして困ったときのサポート機能はお金で買うことができます。

時代の流れに合わせて進歩を続ける結婚相談所に興味がある人は、ここをクリックして、情報を一括請求してください(無料)。

ご多幸をお祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました