婚活女性がしがちな勘違い3選!アナタは大丈夫?

婚活女性は勘違いをしがち?

少女漫画を実写化した映画「ひるなかの流星」をアマゾンで視聴しました。

ジャンルとしては学園恋愛ドラマになります。

可愛らしいけど不器用で冴えない女の子が初恋を体験するという内容です。

ターゲット視聴者は主に10代~40代の女性ですが、その人たちが主人公の少女と自分を重ね合わせて見ればエンターテインメントとして楽しめるようになっています。

イケメンの同級生と先生に愛され、頭ポンポン・壁ドン・バックハグ・恋人つなぎ・マフラーぐるぐる・・・フルコースを疑似体験できます。

かっこよくて頼りがいのある男性二人が困ったときに助けてくれるだけでなく、自分を巡って激しいバトルを繰り広げます。

しかも、そんなイケメン男性たちすらフッてしまう場面もあるのです。

ヒロインの特権とはいえ、逆ハーレム状態ここに極まれりといった感じで、女性視聴者たちのニヤニヤ顔が目に浮かびます。

もちろん、主人公の少女が自分自身や相手と真剣に向き合う場面も描かれており、物語として好感が持てました。

今も昔もこういう恋愛ドラマは多くの女性の支持を得ていますが、同時に弊害もあるのではないかと思います。

そろそろ結婚したいと思っている女性たちが、作り話の幻想に浸り過ぎて、現実的な思考力や判断力を失っているのではと危惧します。

この記事では、婚活女性にありがちな勘違いを3つ述べたいと思います。

婚活女性の勘違い1)心ときめく恋心が始まりでなければならない

恋心(トキメキ)は、相手のことを良く知らない状態、つまり、無知と偏見が原因で作り出されます。

相手の一部分だけを見て一方的に純粋に憧れ、あばたもえくぼ状態、美化してしまうのです。

冷静ではなく、一種の発狂ともいえます。

「恋愛は発狂ではないが、両者に共通な点が多い」(カーライル)のです。

恋心は若者の特権ではなく、年齢に関係なく生まれます。

一目惚れのきっかけは殆どが外見や雰囲気です。

映画ドラマや漫画で登場するイケメン俳優のイメージがベースにあります。

学生時代に運よく恋心を抱ける相手に出逢い、付き合うことができた人は幸せです。

しかし、恋心は急激にピークに達しますが、時間経過とともに下降を始めるもの。

相手の全貌、つまり、良いところだけでなく欠点も見えてくるからです。

欠点が見えた途端に幻滅して別れたしまう人もいれば、冷静に受け入れて、愛情を育む人もいます。

恋心は勝手に芽生えますが、お互いの愛を育てるのは努力や理性を要するのです。

気遣い、思いやり、柔軟性、包容力などが必要ですので、自己中心的なワガママ女性には難しいでしょう。

素を出して自然に振る舞い、親密さが増し、一緒に生活できる条件が揃っていると確信した後で結婚に至ります。

ゴールインするには二人で協力するだけでなく、お互いの人間的成長も必須。

未熟者同士の結婚は、容易に悲劇的結末を迎えます。

現実は甘くありません。

実際の婚活において、イケメンと出逢って恋に落ちることを期待してはいけません。

(可能性はゼロではありませんが・・・)

お見合いで一目惚れできるような相手でなくても、何とか相手の良いところを探し、デートを重ね親密になろうと努力し、生涯のパートナーにできるか判断しなければなりません。

女子は恋バナが大好きで徹夜で盛り上がることが出来ますが、そのノリで婚活をしても成功しません。

婚活というのは、理性を要求される作業なのですから。

婚活女性の勘違い2)男性は女性よりも逞しいのが当然だ

キャリアを積み重ねたアラサーアラフォー女性は、自分より逞しく、尊敬でき、リーダーシップがある男性を求める傾向が強いようです。

そういう女性たちは、職場における男性の表面的なところしか見えていないのではないでしょうか。

職場と家庭では、その社会的機能が異なります。

家庭生活を一緒に営む男性に、逞しさばかり求めてはいけません。

逞しく家庭を守るのは、女性の方が向いています。

安定した家庭の秘訣は「かかあ天下」です。

家庭では女性に主導権を握ってもらた方が、ケンカになりにくく、うまく行きやすいものです。

男性用の恋愛シミュレーションゲームには男性の願望がよく表現されています。

男は女々しいし、失恋をいつまでも引きずるし、女性にリードされたいし、膝枕をしてもらいたいのです。

男の兄弟がいたり、学生時代に男性とある程度付き合った経験がある女性ならば、男性の実態が映画のランボーではないことを知っているはずです。

「男性は自分より逞しくあるべきだ」という勘違いをしている女性は、是非とも直していただきたく思います。

婚活女性の勘違い3)いい人は探せばどこかにいるハズだ

婚活とは、自分の「理想の人」を探し当てて、その人とゴールインする活動ではありません。

そもそも、「理想の人」なんて存在しません。

自分の頭の中で作り上げた理想なんて、現実を無視した妄想でしかありません。

お見合いしても全然ピンと来ないけど、その後に頑張ってデートを積み重ねつつ、一緒に暮らせそうかイメージを膨らませることが大切です。

相手の欠点も受け入れて、一緒にいて楽しい間柄になれるよう心の交流をするのです。

OKなら、結果的にその人が理想の人になるわけです。

最終的に結婚する相手との精神レベルは同じだと考えて間違いありません。

自分が憧れてしまう、高嶺の花に感じてしまうような人とは精神的に釣り合わないので結婚できません。

結果的に素敵な人と結婚したければ、まずは自分が素敵になるよう努力しなければならないのです。

自分が努力もせずに、「いい人」を探して、それをゲットしようなんて虫が良すぎます。

勘違いを乗り越えて婚活をする女性へ

この記事では、婚活中の女性がしがちな勘違いを3つ例に挙げて説明しました。

例えば学生時代に恋愛活動に取り組み、試行錯誤し、悩んだ経験があるならば、こういった勘違いをする可能性は低くなると思います。

アラサーアラフォーになっても勘違いをしている人は、男女交際に関する基本的な知識経験が乏しいと言わざるを得ません。

勘違いを直さない限り、婚期はどんどん遅くなります。

自分を客観視し、現実に立脚して婚活をしてほしいと思います。

【お知らせ】

婚活の手段はお決まりですか?

私としては自分の経験上、結婚相談所をオススメします。

結婚のプロであるカウンセラーに伴走してもらえるため、効率よく活動できるからです。

どこの結婚相談所にすべきか分からない人は、まずは情報収集から始めましょう。

複数の結婚相談所の情報を一括で請求したい人は、ここをクリックしてください(無料)。

ご健闘をお祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました