スポンサーリンク

【婚活アプリは世界の潮流?】安心して婚活する方法とは?

婚活アプリは世界の潮流という事実:

「ヤリモク男に何度だまされても婚活アプリは止められない」

こんなアプリ中毒者が増えている。

アプリへの依存は日本だけの現象ではなく、世界的潮流ともいえる。

下図を見て頂きたい。

これは、アメリカの研究論文から抜粋した調査結果であり、異性カップルの馴れ初めが、時代と共にどう変化してきたかを表している。

論文の全文リンク:

男女カップルが出逢う要因の時代的変遷(2019年の研究論文)

スマホなど携帯型の電子機器が普及するに伴い、出会い系サイト(online dating site)の果たす役割はうなぎ登りだ。

ここ20年で4割弱を占めるまでになった。

その一方、親族・近所の知り合い・学校・職場・友人を通じて異性と知り合うケースは減少傾向だ。

他人のプライベートに口をはさむような濃密な人間関係が失われているのだろうか?

上図をみると、バーやレストランで知り合う傾向が増えているように思えるが、これにはからくりがある。

デートサイトでアポを取り、初めて出逢う場所がバーやレストランなので回答者数が増えているのだ。

バーやレストランでいわゆるナンパをして知り合いカップルになる割合を正確にはじき出すと、他と同様に減少傾向だという。

婚活アプリの利点と問題点:

アメリカでも、いわゆる婚活アプリは大人気なのだ。

アプリに人気がある理由を列挙しよう。

  • いつでもどこでもスキマ時間に利用できる。
  • 無料もしくは格安
  • 登録者数が多く、条件により簡単に候補者を絞れる。
  • 事前にメールなどでやり取りをしてアポを取れる。

これだけメリットがあれば、スマホの普及とともに利用者が激増するのも無理はない。

だが、便利さの裏側にはリスクも潜んでいる。例えば。

  • 登録審査が雑で、結婚目的以外の人間を排除できない。
  • 既婚者の浮気、遊び人、詐欺師などの餌食になり易い。
  • ダマされることで多くの時間と労力が無駄になり、金額換算では、かえって高くつく。
  • トラブルや悩みが発生した時に相談する相手がいない。
  • アプリサイトは事実上無法地帯なので、だれも責任をとらない。

料金を高めにして、登録時に提出する証明書類を多くするサービスも出てきているが、それでも、他人になりすまして証明書を出すことは可能だ。

専門のカウンセラーなどが直接面談して、人柄や目的意識を確認しない限り詐欺行為を排除することは難しいだろう。

インターネットを活用した安全な婚活方法とは?

今や、婚活でインターネットを利用しないことは不可能だ。

スポンサーリンク

オンラインのサイトで、かつ安全性が担保された手段を選ぶ必要がある。

婚活でも仕事でも、安全が確認できない状況で業務を遂行することは許されない。

安全確保で一番確実なのだ結婚相談所の門を叩くことだ。

さまざま偏見にさらされて、一部の未婚男女からは忌み嫌われている結婚相談所だが、捨てたものではない。その理由は・・

  • 多くの証明書を提出し、カウンセラーの面談を経た者だけが登録している。
  • 遊び目的の者がいない。
  • 担当カウンセラーと二人三脚で活動できるので、恋の駆け引きに疎い人にも向いている。
  • ネット技術を駆使して、何万人という候補者の中から紹介してもらえる。
  • 自主的に動きたい人は、自分で相談所管理の検索サイトを利用し、アプローチできる。
  • 結婚相談所主催のパーティやイベントに参加し、新しい出逢いを楽しむことも出来る。
  • 悩みや問題が生じれば、担当カウンセラーに相談できる。

つまり、アプリのような利便性を兼ね備え、かつ、安全安心な空間で婚活することができるのだ。

これ以上合理的な環境が存在するだろうか?

「でも、結婚相談所は料金が高い」という声をよく聞く。

目先のお金がそんなに惜しいのだろうか?

安全安心とカウンセラーの専門知識に対してお金を払うのは自然だと思う。

ネット上のタダ情報やタダサービスに慣れていると抵抗感があると思うが、既婚者にダマされて何年もの時間を失ったら、1000万円以上の損失になるのでは?(あなたの時給は数百円じゃないハズだ)

遊ばれたために女性が婚期を逃したら、取り返しがつかなくなる可能性もある。

繰り返すが、「自分の身に危険が及ぶことが分かっている状態で仕事をすることは許されない」という原則を思い出そう。

合理的な理由により、最初にまとまったお金を払えば、早く元を取ろうという気持ちになりモチベーションが上がるものだ。

まとめ:

この時代に婚活をするなら、誰しもインターネット技術と無縁ではいられない。

早くて便利な手段を使う際の注意点と、リスクを避けるための合理的な選択肢について提案させて頂いた。

自分の経験からも言えることだが、婚活ほど疲れる作業はないと思う。

良い出逢いをして関係を構築するまでは、不安とストレスに悩まされるものだ。

だからこそ、婚活はダラダラと何年もかけてやるべきものではない。

どんなに長くても一年以内に成婚できるよう、集中的に取り組むことをオススメする。

アナタをサポートする結婚相談所情報:









以上

Pocket

投稿者: JUN

中年の男性既婚者。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してます。 英語は独学でTOEIC:950点達成。 通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 自分自身の婚活は失敗ばかりだったけど、このブログでは恋愛・婚活・結婚のノウハウを紹介しています。 基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので、気軽に読んで下さいね。 どうぞよろしくお願い致します。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。