アラサーアラフォー婚活の厳しい現実とは?正しい婚活戦略を知ろう

婚活とは、人生における難事業の一つだと思います。

勝ち組と思われがちのハイスペック+イケメン・美人でも、婚活では上手くいかないことが多い。

学業や仕事とは異なる難しさが、人々を悩ませるのです。

この記事では、婚活の厳しい現実をパターン別に紹介するとともに、上手く行かない原因と正しい対処方法についても述べたいと思います。

以下、何人かの婚活カウンセラーの意見も参考にしつつ、まとめました。

アラサー婚活女性の厳しい現実:

昔、適齢期の女性をクリスマスケーキで例えている時代がありました。

つまり、24とか25までに結婚できない女性は売れ残りのケーキと同じで賞味期限が過ぎているということですね。

怒られてしまうかもしれませんが、こういう慣習があったことは事実。

そして、男性側の意識は今もあまり変わっていません。

ぶっちゃけ、男性の理想は二十歳前後の女性です。

男だって、所詮は動物。

自分の遺伝子を残したいという生物学的本能には逆らえません。

50過ぎた婚活おじさんが、「自分の子ともが欲しい。あわよくば20代・・」なんて気持ち悪いことを言ってるのは、動物としての生存欲求の表れです。

だから、30以上の女性にとって婚活は苦難の道となります。

日常生活の中で偶然やフィーリングで交際を始めるのとは異なり、婚活は、条件による相手選びから始まる残酷な場所。

男女双方の要求条件が合致しなければ、会うチャンスすら貰えません。

男が女に求める条件の筆頭が年齢。

20代は当然ですが、若ければ若いほど良い。

条件をクリアする女性を抽出し、その上で外見が自分好みかどうかを見ています。

「30以上の女性は、男性からすれば存在していないのと同じ」というのは極論ですが、30代以上の女性に人気がないのは事実。

28歳の平凡な容姿の女性と32歳の美人だったら、10人の男性のうち9人は、28歳の平凡な容姿の女性を選びます。

繰り返しますが、現実は残酷です。

このような現実を踏まえた上で、婚活女性はどうすればいいか?

まず、「自分は男を自由に選び放題だ」という認識を改めなくてはなりません。

自分を選んでくれそうな男性に申し込みをさせていただき、もしも会ってくれるならラッキーと思うこと

なによりも謙虚さが大切です。

「イケメンの御曹司や外科医に求婚されたい」なんて妄想を抱いていたら、永遠に婚活を続けることになりますよ。

低収入で貯金もない人が「都心のタワーマンションに住みたい」と言ってるようなものですから・・

相談相手は友達や親ではなく、できれば、結婚相談所のカウンセラーを頼ってください。

カウンセラーは結婚のプロですから、個人個人の事情や要望に合わせた現実的なアドバイスをしてくれます。

婚活の目的は、幸せな結婚生活をすることです。

プロフィールに入力する条件ごときで、幸せのレベルは左右されません。

そんな表面的なものではなく、もっと本質的なこと、例えば「この人と一緒にいると楽しいな。ホッとするな。ずっと一緒にいたいな」という感覚を重視しましょう。

いい意味での妥協をできる人が強いのです。

参照動画↓↓


アラフォー婚活女性の厳しい現実:

上表は、各年代男女の独身者のうち、どのくらいの割合が5年後(10年後)に結婚できているかを示しています。

アラサーでも厳しいですが、アラフォーは厳しさが極端に増しているのが分かります。

結婚相談所のカウンセラーが異口同音に言っていますが、特にアラフォー女性は最難関の難しさなのだそうです。

学歴、年収、職種、友人関係、趣味、一人暮らしか否か、親との関係など、様々なファクターによりアラフォー女性を分類できるようですが、共通してるのは非モテ体質だということ。

美人であるなしに関係なく、恋愛偏差値が低いのですね(30~40?)。

「マッチングアプリで知り合った20代の男の子と付き合っていた」と言う女性もいますが、遊ばれていただけというケースがほとんどです。

将来につながる生産的な関係を築けないのでは意味がありません。

なんだかんだ言って、結局アラフォーになるまで売れ残ってしまった。

まずは、この現実を認めねばなりません。

つまらないプライドは捨てて、強がりを言うのは止めましょう。

(女がモテない原因と対策については、こちら

日常生活の中で誰にも選ばれなかった人は、結婚相談所を利用しても簡単には結婚できません。

そもそも男性は子供が欲しいから婚活するのであって、基本的に20代の若い女性にしか興味がありません。

だから美人であっても、性格の悪いアラフォー女性が選り好みや粗探しをしていたら、誰ともお見合できずに終わります。

譲歩ポイントは下記。

  • 50代前半の男性までなら許容範囲にする
  • 子供が欲しいという願望は脇に置く
  • 接待をしてもらおうなんて上から目線は捨てる
  • 自分が男性をリードし、身だしなみのアドバイスもする覚悟を持つ

実はアラフォー女性でも、比較的容易に結婚できるケースがあります。

たとえば、バツイチの女性がそうです。

過去に婚姻の実績はあるんだけど上手く行かず失敗し、再挑戦したいという女性。

こういう人は恋愛能力も実績も自信もありますから、現実を踏まえた上でより良い選択が出来ます。

身の程をわきまえて高望みせず、会ってくれる人に感謝し、愛情を育てられるのなら強い。

相手もバツイチで、子持ちだったり、おじさんだったりするかもしれないけど、一期一会の精神で縁を大切にできれば、幸せをつかむケースは多いようです。

参考動画:

ハイスペック狙い婚活女性の厳しい現実:

誰でもすぐに登録できて、かつ女性無料のマッチングアプリが人気ですね。

ヤリモクやメシモクが跳梁跋扈しており、写真もプロフィールも嘘八百。

まったく当てになりません。

そんなマッチングアプリで痛い目に遭い、時間を無駄にして婚期を逃した女性は多いですが、そのうちの一部は結婚相談所に流れてきます。

結婚相談所でのスペックやプロフィールはプロが精査しているので信用ができる、というのが大きな理由でしょう。

「せっかく高いお金を払うんだから、ハイスペックの男性を狙いたい」という気持ちは分かります。

でも、初回面談で対応するカウンセラーの顔が引きつってしまうような要求を突きつけるのはどうかと思います(下記動画参照)。

以下、42歳の女性が実際にのたまった希望スペックだそうです。

  • 相手男性の年収は「最低でも」1000万円
  • 相手男性の年齢は最大で43歳。できれば年下が良い。年上はおじさんだからイヤ。
  • イケメンじゃなくても、爽やかな人ならOK(星野源レベルでいいよ・・?)
  • 体形はスマートで鍛えられていること
  • コミュ力があり、気さくな人
  • 私の年齢的に子供を希望されるとプレッシャーになるから、「子供希望」と言ってこない人がいい。
  • 向上心に溢れている人がいい
  • 知的で教養溢れる人がいい

「お前は新垣結衣にでもなったつもりか!?」と突っ込みたくなる内容ですね。

この42歳女性の希望条件を満たし、かつ、この女性とのお見合を希望する男性は結婚相談所にいません。

そもそもアラフォーという時点で、ほとんどの男性から相手にされません。

チャンスを得たいなら、相手男性に求める条件を次の一つに絞るしかありません。

  • 私と相性が合って、死ぬまで添い遂げてくれる人

これ以上を要求したらいけません。

自分を客観視し、謙虚な気持ちで、お見合いのチャンスがあるだけ有難いと思いましょう。

発想を転換して、相手男性がバツイチでも子持ちでも受け入れる気構えが必要です。

さらに、相手に求めるのではなく、相手に尽くして喜んでもらうという姿勢も必須。

婚活がうまく行かない時に人のせいにする、という他責思考も直すべきです。

アラフォーになるまで誰にも選ばれなかったのは100%自分の責任。

婚活している人は非モテの要素を何かしら持っているのです(かつての私も含めて・・)。

自分の何が悪いのか、カウンセラーのアドバイスに素直に耳を傾けましょう。

どうしても自分を変えたくないというのであれば、マッチングアプリ(女性無料)での非生産的な「婚活」を死ぬまで続けるしかないでしょうね。

アプリには、この42歳の女性の希望に「合致」した若い男性がたくさんいるでしょうから・・・

アラサー婚活男性の厳しい現実:

アラサーくらいになると周囲の友人の多くは結婚していき、子供が生まれたりしています。

自分は彼女がおらず、合コンや遊びの誘いも減り、休日は暇を持て余し気味。

仕事は安定してきているが、日常生活の中で異性との出会いがない。

こういう時は、気楽に始められるマッチングアプリに取り組むケースが多いようです。

でも、女性無料のマッチングアプリは遊び半分の人が大半ですし、真面目な人は警戒心を持っているのでなかなか出会えない。

時間ばかりが過ぎていき、埒が明かない。

だから、一部の人は結婚相談所に流れてきます。

幸いなことに、結婚相談所ではアラサー男性が不足しているので、多くの女性が申し込みをしてくれます。

自分から申し込みをしなくても、難なくお見合いの予定をたくさん組めてしまうので、「人生初のモテ期が到来した!」と勘違いするのです。

でも、現実は違います。

アプリを含め、婚活業者を利用しながら婚活をしている人の恋愛偏差値は平均以下。

自分は非モテの要素をたくさんもっているかも・・、という謙虚さを持つべきなのです。

外見や身だしなみ、仕草、会話といった基本的なマナーを見直すことから始めるべきでしょう。

(具体的な方法はこちらの記事を参照)

そして、もう一つ落とし穴があります。

たくさんの女性から申し込みされると、「自分は女性を選び放題だ」と勘違いしてしまいます。

会ってくれる人に感謝し、敬意を表すという基本を見失うことが多い。

「この女は俺様の理想に合致するのか?」という上から目線で女性を審査し、減点方式で粗探しをして、少しでも気に入らなければお断りする。

「自分にとって都合の良い人をお嫁さんにしてやろう」という傲慢さは自滅への道です。

自分に合う人なんて現実にはいません。

婚活では、相手と話し合い、相手に合わせ、譲歩し、相手の欠点を受け入れ我慢することが肝要。

何かをしてもらうのではなくて、相手に尽くして相手に喜んでもらうというギブの精神が大切。

それが出来なければ、恋愛も結婚も無理です。

自分と相性が合い、一緒にいて楽しいと思える人と出会える確率は少ないもの。

そういうチャンスを逃さないためにも、謙虚な姿勢を失わないようにしてください。

参考動画↓↓

アラフォー婚活男性の厳しい現実:

40近くまで婚姻歴がない男性の平均像は、非モテだと思っていいでしょう。

思考・行動・習慣のすべてがお一人様仕様。

人に対する気遣いや優しさに欠ける。

自分の目先の損得が最優先。

休日は一人で出来る趣味や娯楽に没頭して、生の人間関係が貧困。

当然、女性と交際した経験も少ない。

どうすれば女性と仲良くできるかも知らない。

危機感もないままズルズルと年齢を重ね、いつの間にかアラフォー。

親からの「早くいい人を見つけろ。孫の顔が見たい」という催促で仕方なく重い腰を上げることが多い。

こんな人がマッチングアプリをすれば、メシモク女子の餌食になります。

高いプレゼントを買わされて、そのままフェードアウトされることも珍しくない。

婚活パーティに出ても、モテ男子との格差を見せつけられるだけ。

最後の手段として、ようやく結婚相談所の門を叩く人も多いようです。

「子供が欲しいから20代の子がいい・・・」という寝言を吐きながら・・

でも、アラフォー男性なんて、まともな20代女子からは相手にされません。
(キャバクラならお金を払えば接待してもらえます)

30代前半の女性からも嫌がられます。

なんとか妥協をして会ってくれる30代女性もいますが、「収入は安定しているようだから、しょうがなく会ってやってんのよ!」という態度がありありと見えたりすることも・・・

非モテ同士のお見合いなんて徒労感しか生みません。

「今の快適な一人暮らしを捨ててまで、わざわざ結婚する必要があるのか・・?」という疑念が浮かぶのも当然でしょう。

婚活の泥沼を抜け出す一番の方法は、恋愛偏差値を上げることです。

骨の髄までしみ込んだ非モテ体質を改善しましょう。

(具体的な方法はこちらの記事を参照)

魅力的な男性になれば、魅力的な女性が寄ってくるものです。

アラフォー男性が仕事をどんなに頑張っていても、そこで求められる能力と婚活に必要な能力は別物です。

謙虚な気持ちで自分に足りないものを認める必要があります。

自分を変えない限り、結婚は出来ないのですから・・・

アラフィフ婚活男性の厳しい現実:

50歳の時点で婚姻歴がない人は、生涯独身者として統計処理される対象となります。

つまり、婚姻歴のないアラフィフ男性は婚活しても結婚できないということです。

それなのに、結婚相談所に来て金さえ払えば自分好みの女性と結婚できると思っている男がいるそうです(下動画参照)。

キャバクラ感覚で女を買いに来たとしか思えないアラフィフ男性(52歳)の言い分は下記。

  • 20代の若い子がいいんだが、34歳までなら妥協してやろう
  • 自分の子供を産んで欲しいから、女は若けりゃ若いほどいい
  • 可愛くて美人を望む
  • 家庭的な女性がいい
  • だけど、経済的には自立していて仕事をしているほうがいい(自分の方が早く定年を迎えるし、将来の収入が不安だから)

この男性の希望を満たす女性は100人に一人位はいると思いますが、この男性とのお見合を希望することは100%ありません。

婚活女性が男性に求める年齢は、自分の年齢±3歳が基本。

一回り以上年上の男性から申し込まれても気味悪がられるだけ。

この男性は結果的には、結婚相談所での入会をお断りされたそうです。

結婚相談所側の判断は正しい。

おそらく、このアラフィフ男性は長い間いろんな所で婚活をしてきたのでしょうが、うまく行かず泥沼にはまり続けたのでしょう。

失敗から学べず、自分を変えられず、都合の悪い事実から目を背け、プロの婚活カウンセラーのアドバイスにも耳を傾けようとしない。

ただひたすら自分の願望(妄想)を押し付けてくるだけ。

自分を客観視できず、相手女性がどう思うかという想像力が皆無。

思いやりや気遣いも期待できないでしょう。

社会に出て30年近く働いてきたのでしょうが、その経験は人間力を磨くのには役立たなかったようです。

これじゃあ、仮に素敵な女性に出会えたとしても100%お断りされます。

この男性がどうしても結婚したいなら、下記対応が必須。

  • 自分の子供は諦める
  • 50代の女性でもOKにする
  • バツイチや、配偶者との死別経験がある女性でもOKにする
  • 相手女性が子持ちでもOKにする
  • 外見の好みは度外視
  • 女性の収入や仕事内容をあてにしない(俺にすべて任せろという気概をもつ)
  • 結婚できなくて当たり前なんだから、お見合いしてもらえるだけ有難いと思うべき
  • 自分は恋愛偏差値の低い非モテだと認識し、モテ男になるための方法をカウンセラーに頭を下げて教えてもらうこと。
  • 死に物狂いで婚活する

そもそも、「若くて可愛い子と結婚して子供を作りたい」なんて夢は若者が持つものであり、アラフィフ男性には分不相応というもの。

婚姻歴のないアラフィフ男性が自分の妄想を頭に思い浮かべるのは自由ですが、口に出して言うのはみっともないです。

社会人として模範になる行動をして欲しいと思います。

ハイスペックなのに婚活の泥沼にハマるという現実:

日常生活の中ではなく、婚活業者を利用して相手を見つけて結婚する人は、全婚姻者6人あたり一人の割合です(参照データ)。

お金を払って婚活して相手を見つける人は少数派なのですね。

この婚活で最初の関門は、お互いの条件すり合わせによるマッチング。

良い条件の人、つまりハイスペックの人ほど申し込み者が殺到しやすく、チャンスは多くなります。

つまり、婚活の入り口では優位に立てるのですね。

しかし、ハイスペックの人がスムーズに結婚出来るかというと、必ずしもそうではなく、泥沼にはまる人も多いのです。

女性の場合:

女性で美人なら学生時代にスクールカーストのトップに君臨できます。

でも、チヤホヤされるのを当然と思い、人間力を高める努力をしないと、誰とも結婚できず年齢を重ねていってしまいます。

美人なのに婚活市場に参入せざるを得ない人は、性格的に問題があると思っていいでしょう。

恋愛が上手く行かないのを人のせいばかりにして、被害者ヅラする人なんて最悪。

上から目線の女王様で愛嬌に欠ける人は、一緒にいて疲れるだけですから、プロのホストだって敬遠します。

自己アピールばかりに熱心な「かまってちゃん」は、他人に誠実な関心を寄せられない人です。

他人の欠点を受け入れる包容力がない人は、とげとげしく感じます。

他人を気遣ったり尽くす姿勢がない美人は嫌われます。

「昔の彼氏はもっと素敵だった」なんて言い出し、お見合い相手男性の容姿をけなす美人は縁遠くなります。

年齢的な消費期限が切れていれば、なおさらです。

昔の「栄光」はさっさと忘れて、一婚活者として自分が非モテであることを認め、謙虚な姿勢で自分を変える努力をしましょう。

男性の場合:

東大の大学院卒業、大企業の研究開発職、高身長、平均以上の安定した収入、可愛い系の爽やか男子・・・

こんなにハイスペックなのに、「彼女いない歴=年齢」を続けている友人がいます。

もう、年齢的にはアラフィフ。

そもそも、まともに婚活をした形跡もない。

ハイスペックの無駄遣いともいえる草食男子は、とくに理系の分野でかなり見られます。

女性とまともに付き合ったこともないから、非モテ要素満載。

  • 優等生で、結果の見通せることはできるけど、恋愛のような不確実性を避けたがる。
  • 人の話は聞かず、自分の殻に閉じこもっている。
  • 上から目線で、自慢話が大好き。
  • 気遣いや優しさがなく、人のために動けない。
  • 男ばかりの環境にずっといたので、女性を体感的に理解できていない

表面上のスペック的には偏差値70だけど、恋愛偏差値は30以下でしょうか・・

たとえハイスペックでも、バランスの悪い人は結婚できないということです。

参考動画:

まとめ:

ケース別に、婚活の厳しい現実とその原因、対策などを述べてきました。

全体を通して言えることは、人生の伴侶選びは早ければ早いほど有利だということです。

できれば十代の学生の頃から異性との交流を積極的に行い、失敗を通して経験値を積み上げ、恋愛偏差値を高めてほしいと思います。

自分はどんな人となら一緒に暮らせるのか、なるべく具体的にイメージしましょう。

やはり結婚するなら20代が一番有利。

特に女性。

アラサー以上の女性が同年代の男性と結婚したいと思っても、アラサー以上の男性は二十代の女性も求めますからミスマッチが起きます。

同年代の男性と結婚したい女性は、是非とも20代のうちに相手を見つけてください。

参考動画:

婚活の手段について:

文中で繰り返し述べてきましたが、安全・安心や確実性を考慮するなら、ベストの婚活手段は結婚相談所です。

しかし、自己流で婚活をするだけではダメです。

結婚のプロであるカウンセラーの言うことに素直に耳を傾けましょう。

自分の置かれた立場を客観視し、現実を直視しましょう。

自分の思い込みやこだわりを捨て、弱い自分を変える努力をしましょう。

婚活で自分を変えるのは必須です。

婚活せざるを得なくなった人は何かしら足りない人なのですから、自分を変えられなければ結婚できません。

自分を正しく変えられれば結婚できます。

では、いったいどこの結婚相談所にすればいいのか?

カウンセラーとの相性も含め、結婚相談所選びは最初の関門。

良く分からない人は、とりあえず情報収集から始めてください。

クリック↓↓
簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

どうしてもアプリで婚活したい人は、下記のブライダルネットがオススメ。



結婚相談所が運営管理しているので安心です。

女性もしっかり料金をとられますが、皆が真剣に婚活している場所で頑張って下さい。

良い伴侶に巡り会えることをお祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました