婚活で高望みをして自滅するパターン6選:アナタは大丈夫?

はじめに:

結婚のプロである結婚相談所のカウンセラーにとって大切な仕事の一つは、婚活者に現実を理解させることだそうです。

しかし、厳しい現実を直視するのは、誰にとっても難しいもの

振り向いてもらえない相手を求め続ける、すなわち高望みをやめられない人はとても多いそうです。

この記事では、謙虚になれずに高望みをし続けて自滅するパターンを紹介します。

婚活をこじれさせている人は、是非とも参考にしてくださいね。

婚活での高望みパターン「アラフォー以上のおじさんが20代の女子を望む」

将来的に子供が欲しい初婚男性は、本能的に若い女性を求めます。

例えば、こんな感じの・・?

出典:アマガミSS(アニメ)

さすがに女子高生に手を出したら犯罪ですから、婚活市場で一番人気があるのは20代の女性です。

この傾向は婚活男性一般に見られるもので、20代でも、30代でも、40代でも、50代でも変わりません。

男はみんな若い女性が大好き。

だから、アラフィフ男性が身の程もわきまえず、自分の娘みたいな女性に触手を伸ばすのです。

でも、これはあくまで男側の願望であり、女性からすればキモいだけ。

子供が欲しいからという理由で10歳も20歳も年上の男性に迫られたら、寒気がするのが普通です。

どうしてマッチングが難しいのか、理由を挙げていきます。

  • 仲良くもなってないのに、いきなり子供の話をするのは順序が違うと思う。
  • 子供を作る道具のように扱われていると感じてしまう。
  • 年齢が離れると話が合わす、つまらない(女性は同年代の男性を切に望んでいる)。
  • 結婚したとしても、男性が自分よりかなり早く寿命を迎え、一人で何十年も生きることになってしまう。
  • その間の金銭的な心配が頭をよぎる(それだけの資産を自分に残してくれるのか?)。
  • 年上過ぎる男性と交際したら、親から反対されそう・・

アラフォーやアラフィフの男性が結婚相談所で活動しても、20代や30代前半の女性とお見合いすることはまず不可能。

現実的な対処方法としては、相手女性に対する希望を変えることです。

  • アラフォー以上の女性でもOKとする。
  • 自分の子供が欲しいという願望は、とりあえず脇に置く。
  • 女性の外見はあまり気にせず、相性重視でいく。一緒にいて楽しいか?
  • 相手女性がバツイチや死別経験者でも受け入れる。
  • 相手女性が子連れでも受け入れる。

これだけ譲歩できれば、かなり可能性が広がるでしょう。

大切なのは、結婚した後に楽しい生活が送れるかどうかではないでしょうか?

仮に、アラフィフが年収何千万という財力にものを言わせて20代の美人を手に入れたとしても、上手くいく確率は少ない。

相手の表面的な条件に惹かれて一緒になっても、長い人生を協力して乗り越えていける愛情関係を築けなければ、あっという間に離婚することになります。

そんな悲劇は、誰にも味わってほしくありません。

参考動画:

婚活での高望みパターン「アラフォー以上のおばさんが若い男の子を望む」

もしもあなたが20代の若い男の子だとして、アラフォー以上のおばさんから色目を使われたらどう思いますか?

「キモイ・・」って感じるでしょう?

恋活目的のパーティだとしても、「おいおい、年を考えろよ」と思うはず。

婚活だったら論外です。

多くの男性にとって、結婚する大きな目的は子供を持つことですから、30超えた女性は人気がなくなります。

子供が欲しい初婚の婚活男性にとっては、アラフォー以上女性は存在しないのと同じ。

初めから眼中にないのです。

だから、アラフォー以上の婚活女性が年下の婚活男性を狙うのは高望み、というより非現実的なのです。

マッチングしないから、お見合いすらできない。

化粧や服装で若作りしても限界がありますから、婚活パーティでも話すら聞いてもらえないのです。

では、どうすればいいか?

若い男の子と遊びたいだけなら、マッチングアプリがいいかもしれません。

年上のセフレを募集しているヤリモク男はアプリにたくさん生息していますから。

でもアプリは面倒だし、なかなか素敵な子に巡り合えそうにないなら、大金をかけてホストクラブに通うといいでしょう。

ホストクラブなら、極上の若い男性がお姫様扱いしてくれます。

時間限定ですが、その時間だけは夢を見させてくれます。

遊びではなく婚活を成功させたい場合、次のような譲歩は必須です。

  • 40代後半から50代の男性も受け入れる。
  • 男性に外見の若々しさは求めない。
  • 男性に、学歴・年収・身長などのスペックを求めないこと。
  • 初婚だけでなく、バツイチや死別経験のある男性もOKにする。
  • 相手男性に連れ子がいても受け入れて、うまくやろうと努力すること。
  • 自分の子供を産みたいという夢は、とりあえず脇に置く。
  • とにかく相性重視。一緒にいて落ち着く人に会えたらラッキーだと思うこと。
  • 受け身ではなく、他人に尽くすタイプの女性であることをアピールすること(お弁当を作ってあげるとか)。

とにかく自分を客観視して、自分の需要がありそうなところで勝負することが肝要です。

そうしないと時間ばかりが浪費され、どんどん年を取り、パートナーのいない寂しい人生になりかねません。

参考動画:

婚活での高望みパターン「年収1000万以上を望むアラサー以上の女」

結婚適齢期の婚活男性で、年収1000万円を超える人なんてほとんどいません。

いたとしても、サラリーマンなら身も心も奴隷状態です。

そういう当たり前の現実を全く知らない婚活女性はとても多いようです。

マッチングアプリの偽プロフィールを見過ぎてしまったのでしょう。

どうして相手の年収ばかりを当てにする思考が生まれるのでしょうか?

  • 幸せをお金で買えると思っている
  • 自分が楽をしたい(男性をATMだと思っている)
  • 専業主婦希望で自分は働きたくない
  • 実家暮らしと同じレベルを維持したいから、自分の父親の年収が基準になっている
  • 奨学金の返済を相手にしてもらおうとたくらんでいる
  • 独身時代と同じように海外旅行に行きたい
  • 先に結婚した友人たちに自慢したい、見返したい
  • 高年収男を狙えと親に言われている
  • どうせ結婚相談所に料金を払うんだから、高いリターンを得たい
  • 高望みするのはタダだし、言わなきゃ損する気がする。

まあ、こんなところでしょうか?

ハッキリ言って下品。

それでも相手に高年収を求めるのは自由ですが、代わりに相手に何か提供できるものはあるのでしょうか?

年収1000万以上の男性から「是非とも結婚したい」と言われる自信があるのでしょうか?

好条件の男性には多くの女性が殺到します。

それらライバルたちを押しのけるために一番必要なのは若さです。

子供が欲しいと思っている高年収のモテモテ男性が、わざわざアラフォー女性を選ぶことはありません。

だからマッチングすることはないのです。

その当たり前の理屈を理解するのが先決でしょう。

では、どうすればいいか?

希望の年収条件を400万円以上にすることです。

婚活女性はみんな判を押したように500万円以上に設定していますが、高すぎます。

400万円台にすれば、かなり選択肢が広がり、場合によってはブルーオーシャンになります。

400万円台の男性たちは、なかなかお見合いが出来ずに困っていますが、だからこそ女性に対する選り好みは少なく、一期一会の精神で誠実な対応をする人が多いのです。

困っている人ほど自分を振り返り、モテ体質になるべく改善を重ねるもの。

女性側も意識改革が必要です。

非現実的な高年収男性狙いではなく、分相応な収入の中で上手くやりくりして生活する知恵を身に付けた方がいいでしょう。

参考動画:

婚活での高望みパターン「結婚後も親との同居を希望する子供部屋おばさん」

アラサーやアラフォーになるまで親と同居を続ける女性を「子供部屋おばさん」とか「箱入りおばさん」と呼ぶそうです。

別に親と同居していること自体は悪いことではありません。

親子仲が良い証拠ですから、羨ましいとすら言えます。

ただ、婚活男性の立場からすると、「親に依存しないと生きられないのでは?」とか、「結婚した後、家計のやりくりが出来るのか?」とか、色々心配してしまうわけです。

だから親と同居している女性は、婚活男性には人気がありません。

それなのに、「結婚後も自分の親と同居を続けたい」とのたまう婚活女性がいるんだとか。

信じられますか?

相手男性の親との同居はもちろん断るけど、自分の親とは同居したいとおっしゃる。

確かに、結婚後も親と同居できれば身の回りの世話もしてもらえるし、金銭的にも楽かもしれませんが、あまりに自己中の度が過ぎますね。

男性がどう思うかという視点が皆無なのです。

女性と幼なじみで、小さいころから家族ぐるみの付き合いがあり、相手の両親とも親交があるとかなら話は別でしょうが、ふつうは全くの赤の他人です。

信頼関係もないし、おそらく、同居したら気疲れして男性の心が休まらないでしょう。

サラリーマンなら転勤と無縁というわけにもいきませんから、頑なに実家暮らしにこだわる柔軟性のない女性はリスク要因になります。

婚活女性が「結婚後も自分の親と同居したい」なんて条件を提示したら、だれからもアプローチされなくなります。

出会いのチャンスを自分から捨てているようなもの。

このままでは誰とも結婚できないまま年齢ばかりを重ね、年老いた両親の介護などで婚活どころではなくなるでしょう。

では、どうすればいいか?

「いつまでも親に甘えていたい」なんて高望みはやめて、さっさと実家を出ることです。

独り暮らしを始めましょう。

自分の稼ぎだけで、自分一人の生活を維持することがどれだけ大変なのか分かります。

家事全般はもちろん、お金のやりくり、隣近所との付き合い、安全への配慮など、実際に独り暮らしをしないと分からないことはたくさんあるのです。

自立した大人になってようやく婚活のスタート地点に立てるのだと思います。

参考動画:

婚活での高望みパターン「完成されたモテ男を求める女」

かつての自分もそうだったのですが、婚活をしている人はモテない人が多いです。

マッチングアプリ利用者の8割は陰キャ、2割は陽キャだけど詐欺師、と言われているくらいです。

結婚相談所も、男女を問わず恋愛偏差値が低い人が多い場所です。

いわゆる理系で、学校も職場も男ばかりのなかで過ごしてきて「彼女いない歴=年齢」という奥手男性がたくさん登録しています。

お見合いで女性と何を話したらいいかわからない、緊張して声が裏返るなんてパターンは珍しくありません。

私もそうでしたから、良く分かります。

だから、男女交際を謳歌してきたと自負する女性が結婚相談所で活動を始めると、「あり得ない!」とか「レベルが低い男ばっかり!」という感想を漏らすことが少なくないとか。

相手を批判してばかりの女性は、自分好みの完成されたモテ男を求める傾向が強いです。

だから、男性のあら捜しばかりをしてお見合いの雰囲気を悪くしてしまう。

わざわざ時間を作ってくれた相手に対して感謝の気持ちがない。

自分は不完全で未熟な人間だという自覚がないから、謙虚さに欠け、上から目線で相手を査定する。

何十人も何百人も会って、誰とも真剣交際に行けないのは、明らかにその女性自身に問題があるからです。

「あり得ない」+「レベルが低い」のは、文句ばかり言っている女性の方でしょう。

では、どうすればいいか?

婚活女性は、最初から完成品の男性を求めないことです。

男女ともに未完成品なんですから、粗探しではなく、お互いの良いところ探しをしましょう。

そして、1時間程度のお見合いの場を楽しいものにするべく努力をする必要があります。

「自分は男に楽しませてもらって当然・・」なんて態度は非モテ女の典型です。

相手男性は女性をもてなす義務はないのですから、お客さんのように振る舞ってはいけません。

大らかな気持ちで、謙虚な態度で相手の良いところを引き出すのが基本。

そして、一緒にいて落ち着くような相性のいい人に巡り合えるのを待ちましょう。

いろんな問題を二人で工夫して乗り越えながら、愛情と信頼関係を育てていくのが婚活の本質です。

相手に完成品であることを要求し、少しでも気に入らなかったらポイっと捨てるのは野蛮人のすることです。

参考動画:


婚活での高望みパターン「ラブコメのヒロインを希望する男」

「ラブコメに登場するような若くて可愛い女の子と結婚したい」

こういう妄想は、男なら多かれ少なかれ抱くものです。

でも、すれ違ったら誰もが振り向くような美人なんて滅多にいません。

学校ならクラスで一人どころか、学年で一人いるかどうかという確率です。

そんなトップカーストの女性は若くして売れてしまいますから、婚活市場には普通流れてきません。

もし、婚活市場に美人がいたら、性格が悪いから売れ残った地雷物件だと疑うべきでしょう。

婚活で女性の外見ばかりにとらわれるのは、女性と交際した経験がなく現実を知らないからでしょう。

周囲が男ばかりの環境で過ごしてきた理系男子にもよく見られます。

外見への要求だけでなく、女性は自分に尽くしてくれるものだという思い込みもあるからタチが悪い。

例えば・・・

  • 女性は自分の身の回りを整理整頓してくれるもの
  • 女性は自分のために料理をしてくれるもの
  • 女性はお弁当を作ってくれて、アーンと食べさせてくれるもの
  • ・・・

ラブコメの世界なら男にとって都合の良い女性がヒロインとして設定されていますが、現実は違います。

男性は女性に対してマメに尽くす甲斐性がないとモテません。

ホストクラブのホストのように、気遣い出来る男がモテるのです。

営業マインドが重要です。

その上で、女性に対する条件をほどほどに抑える必要があります。

特に年齢。

アラフォーになったら、20代の女性は諦めましょう。

年収〇千万円のアラフォー起業家が、二十代前半のアイドルのように可愛い女の子と結婚するケースが稀にあるようですが、それは別世界の話だし、末永く幸せになる可能性は低い。

一般男性は現実を見据え、地に足の着いた婚活をしましょう。

一緒にいて気持ちが落ち着き、毎日を楽しく送れる相手に出会えれば御の字ではないでしょうか?

参考動画:

まとめ:

婚活でよく起こる高望みパターンを述べてきました。

どうして婚活では高望みが頻繁に起きてしまうのでしょうか?

会う前に条件で相手を選別できるシステムだから、ある程度避けようがないのかもしれません。

それに望むだけならタダですし、もし良い条件が手に入れば自分が楽できると思っているのでしょう。

しかし、高望みも度を過ぎると自滅につながります。

誰ともお見合できないし、会っても欠点ばかりに目が行って文句ばかり言って選り好みする。

何十人という異性とお見合したにも関わらず、誰とも交際できない人は、相手ではなく自分自身に欠陥があると自覚すべきでしょう。

自分のダメな部分を直視し、いかに自分を変えられるか?

婚活の成否は、その柔軟性があるかどうかにかかっているのです。

お知らせ:

婚活の手段はお決まりですか?

私としては、安心安全な結婚相談所をオススメします。

では、いったいどこの結婚相談所にすればいいのか?

カウンセラーとの相性も含め、結婚相談所選びは最初の関門。

良く分からない人は、とりあえず情報収集から始めてください。

クリック↓↓
簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

参考動画:

どうしても一か所に絞れない人は、とりあえず、オンラインの無料カウンセリングを受けてみるのも手です。

利用しなきゃ損。

オススメのリンクを下に貼りますので、試しに見てくださいね。
↓↓
本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆


結婚相談所ではなく、どうしてもアプリで婚活したい人は、下記のブライダルネットがオススメ。



結婚相談所が運営管理しているので安心です。

女性もしっかり料金をとられますが、皆が真剣に婚活している場所で頑張って下さい。

良い伴侶に巡り会えることをお祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました