別れた方がいい彼氏彼女とは?判断基準はコレだ!

別れた方がいい彼氏・彼女をどうやって判断するか?

「初めて会ってからデートを何回か重ねて1か月位経つけど、なんか合わない」「付き合ってすぐだけど、別れたい」

デートできる相手をようやく見つけたにも関わらず、こんな感じになってしまうのは残念ですよね。

しかし、アナタが違和感を覚えているなら、その感覚を無視しないで、交際を継続するべきか真剣に考えるべきだと思います。

別れるなら早い方が傷が浅いですし、婚活での時間を浪費せずに済みます。

この記事では、今付き合ってる人とは別れた方がいいのか判断する際の基準を示したいと思います。

これらの判断基準を元に考えてみよう:

以下のようなチェックポイントを元に自分の気持ちを確かめてください。

  • 相手から好かれているという感じがするか?(目線や仕草、態度など)
  • 相手のことを好きだという感情があるか?
  • 自分は相手から大切にされているか?(舐めれれてないか?)
  • 自分は相手を大切にしているか?(馬鹿にしていないか?)
  • 自分は相手から信頼されているか?(陰で悪口を言われている感じがするか?)
  • 自分は相手を信頼してるか?(浮気の心配はないか?)
  • デートをしていて楽しいか?(デート後にドッと疲れたりしないか?)
  • 一緒にいて劣等感を感じたりしないか?(人間として同等だと感じられるか?)
  • コミュニケーションに不自由してないか?(スムーズな会話のキャッチボールが可能か?)
  • 話が合うか?(共通の話題に不自由してないか?)
  • 話をした後に明るい前向きな気持ちになることが多いか?(悲観的になったり、憤慨したりしないか?)
  • 知識やノウハウを教えてもらったことがあるか?
  • 困ったときにお互い助け合うことが可能か?
  • その他

これらの項目は基本的なことばかりであり、夫婦になろうとするなら、なるべく全て満たしている方がいいでしょう。

性格が合わないと多くの項目が該当しないはずです。

別れをためらう理由:

このまま付き合っても先はないと判断したら、お互いのためにも別れた方がいいのですが、決断が出来ずズルズルと将来性のない関係を続けてしまう人がいます。

自分に自信がなく相手に依存しないと生きていけない人は別れるのをためらいがちです。

自分を好きだと言ってくれる相手と別れたら、自分の存在が無くなったかのような感覚を味わうので別れられないのです(恋愛依存症)。

また、「この人と別れたら、もう二度と付き合えるような人は現れないのでは?」と考える人もいます。

アラサーアラフォーくらいまで異性との付き合った経験がなく、婚活を始めてもなかなか交際成立に至らない人は、ようやくデートができる相手ができると、ついつい冷静さを失うものです。

目の前の相手が自分にとってのラストチャンスというのは誤解であり、妄想です。

結婚相談所などを利用すれば相手はいくらでもいますし、自分の心構え次第で道はいくらでも開けるものです。

別れた方がいいのに別れられない人は、上記のような非合理的な考えに囚われていることがあります。

是非とも冷静になって、必要ならば婚活カウンセラーに積極的に相談して正しい判断をして頂きたいと思います。

結婚相談所の価値は、困ったときのサポート体制で決まるのです。

まとめ:

好きでもない人と違和感を感じながらズルズル交際を続けて、妥協に妥協を重ねて無理に結婚しても、結婚生活はすぐに破綻します。

離婚するために結婚するなんて、人生における時間とお金の壮大な無駄です。

愛情を感じられる相手と信頼関係を築くことが、安定した結婚生活の礎です。

うわべの恋は空虚ですが、お互いが努力して築いた愛情は非常に強固なものですから、結婚生活でのちょっとしたトラブルではビクともしません。

別れるなんてことを微塵も考えなくて済む相手とお付き合いして、100%の納得感をもって成婚して頂きたいと思います。

アナタをサポートする結婚相談所:
【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。