モテる男の雰囲気を身に付ける方法:婚活を楽に進めたいアナタへ

モテない人は婚活で苦労します。

愛情を育てた上で結婚するのが目標なのですから当然ですね。

モテない人がモテないままでいたら、婚活地獄から抜け出せないのは必定。

自己満足ではなく、第三者から見て「この人モテそうだな・・」という雰囲気を出すことが重要です。

お金と時間をかけているのに、なかなか成果が上がらないという婚活男子の皆さん。

以下の記事を参考にして、婚活を楽に進めるための自己改造を試みてください。

外見編:

身だしなみを整える

別にイケメンやムキムキである必要はありません。

清潔さを感じさせる髪型、服装を心がけるだけで十分。

女性誌や恋愛ドラマに出てくる男性モデルを参考にすれば、外すことはありません。

美容院に縁がなかった人は、思い切って門を叩いてみましょう。

モテる外見になる方法を四六時中考えているプロが出迎えてくれますから、素直になって任せればいいのです。

ファッションに興味がない非モテくんの心強い味方は、洋服店の店員さんです。

結婚相談所で洋服の買い物同行サービスをしている所ならば、プロがアドバイスしてくれます。

躊躇せずに、利用してしまいましょう。

勇気を出して自分の外見を変えられたという事実がアナタに自信を与え、堂々と振舞えるようになります。

不思議な自信が気持ち的な余裕を生み、それが表情にも現れます。

目に見える部分だけでなく、目に見えない気持ち的な余裕が生まれ、女性を惹きつけることにつながります。

とにかく外見では、実年齢よりも健康的で若々しい印象を与えることが重要です。

オジサン臭いと思われたら最期。

洗練された外見ならば、「周囲の目を気にする社会性がある人なんだな」と判断してもらえます。

女性の好みを意識できる人か、女性経験がありモテるタイプかどうかも外見から分かってしまうものなのです。

ダサくてモテなさそうな外見をしていると、日ごろ女性との交流がない非モテなのがすぐにバレてしまいます。

そんな人と付き合ってあえて苦労しようという女性はいません。

とにかく、第一印象で生理的嫌悪感を持たれたらアウト。

二度と会いたいと思ってもらえません。

入り口で拒否されるなんて勿体ない。

婚活の基本である身だしなみを軽視している人は、プロの力を借りつつ、気合を入れて総点検をしてみて下さい。

内面で勝負するのは外見を磨いてから:

よく、「男は顔じゃない!心だ!」というセリフを聞きますが、それは、交際が始まって以降の話です。

外見で生理的嫌悪感を抱かせてしまうような男の内面に興味を持つ女性はいません。

人は外見が9割というのは真実であり、自分の外見に気を配らない人は、人生で大損をするのです。

髪型や服装を絶対に変えようとしないモテないさんが多いですが、勿体ないことです。

ほんの少しの勇気があれば変えられるはずです。

職場の同僚や上司は、アナタが思っているほどアナタの外見に注意を払っていません。

しかし、彼氏を探している女性の注意を惹くのには、とても効果的です。

ダマされたと思って挑戦してみてください。

まとめ:

バチェラージャパンというテレビ番組を知っていますか?

ハイスペックのイケメンが、たくさんの美女の中から結婚相手候補を選ぶという趣旨です。

そこに登場するイケメンは、髪型と服装にも細心の注意を払っています。

爽やかな絵顔で女性を紳士的にもてなし、気の利いた会話をすることで親密度を高めています。

女性はみんな、彼の熱烈なファンとなり、フラれまいと必死になります。

アナタがたとえバチェラー並みのイケメン+ハイスペックでなくても、普通にモテるのは可能です。

外見面で少しでも他の男性と差別化を図り、女性の目を向けさせるようにしましょう。

ちょっとした変化から全てが始まるのです。

会話・立ち居振る舞い

爽やかな笑顔を身に付ける

ここでいう笑顔とは、駆け引きの道具としての営業スマイルではありません。

損得勘定と無縁の爽やかな笑顔は、モテ男の武器です。

気持ちの余裕や自信が現れている笑顔。

優しさや気遣いの象徴でもある笑顔。

アナタを歓迎しているという友好的姿勢を示す笑顔。

こういう笑顔があれば、話しやすそうな印象を女性に届けることが可能です。

コワモテの仏頂面が板についている人は「自分はモテません」と自分で宣伝しているようなもの。

自分のネガティブキャンペーンを婚活の場で実行するなんて愚の骨頂。

プロフィール写真を撮る時に自然な笑顔を作ることが出来ない人は、普段笑う習慣がない証拠。

笑顔は、意識して訓練し獲得することが可能です。

笑顔の重要性については、こちらの記事を参照してください。

アイコンタクトを心がける

目は心の窓といいます。

恋愛とか婚活で心の交流をしたければアイコンタクトは必須です。

恥ずかしくて目を合わせられない人は、職場でもアイコンタクトが出来ていないのではないでしょうか?

優しく微笑みながらアイコンタクトをするにしても、ずっと見ていると相手に圧迫感を感じさせることもありますから、時々外して、また合わせるようにします。

お互いが話すときの半分以上の時間は目を合わせるように意識しましょう。

仏頂面の人がアイコンタクトを避けていたら、間違いなく生涯独身になります。

相手の話に耳を傾けよう

人間というのは自分の事が一番可愛いですし、自分のことに一番興味があります。

連続殺人事件が起こっている最中でも、自分の歯痛の方が重大問題なのです。

だから、会話をしていても、ついつい自分のことばかり話したがります。

相手の話が途中なのに遮って、自分の興味のあることを話し出したりします。

すると遮られた側は無視されたと感じますので、人間関係が悪化します。

婚活の場で女性がしゃべってくれるというのは相手を知るチャンスなのですから、シッカリと耳を傾けましょう。

真剣に聞けば、必ず得るものがあるはずです。

相手の良い所を発見して褒めたり、関連質問をして、さらに理解を深めたりできます。

逆に相手の短所を発見すれば、自分が受け入れ可能かの判断もできます。

会話のキャッチボールを心がけよう:

キャッチボールを上手くやるには、まず、相手のボールを体の真ん中でしっかり受け止めねばなりません。

暴投でもワンバウンドでも、こちらが身を挺して受け止めるのです。

そして相手にボールを投げ返すときは、相手が一番取りやすいところに取りやすいタイミングで放ります。

会話でも同じ心構えが必要です。

自分にとって興味がない話題だからといって無視したり、打ち切ろうとしてはいけません。

愛想よく元気に相槌を打ちましょう。

喋る時は相手の気分を良くすることを心がけ、適切な内容・言葉を選ぶ必要があります。

会話のキャッチボールを笑顔で自然に出来るようになったら、お見合いもデートも楽しめるはずです。

逆に、次のような癖がある人は要注意。

  • 話が突然脱線する
  • 無反応
  • 表現が分かりにくい
  • 自信なさそうに小さい声でボソボソ話す
  • 上から目線の下らない自慢話をする
  • 嫌味や不平不満ばかりが口から出る

モテない人は、愚かな習慣を繰り返していないか再点検しましょう。

内面編:

自分の不遇をバネにする:

モテる人というのは内から生命力と自信が溢れています。

どうして自信があるのかというと、苦難を努力で乗り越えてきた実績の成せる技です。

他人の実績をかすめ取るとか姑息な手段ではなく、地に足の付いた自分の努力を継続してきた人です。

なぜ努力をしたのかと言えば、人生における不運や不遇にめげず、それをきっかけとして問題意識を高め、どうすれば事態を打開できるか思案し決断したからです。

決断したら着実に実行し、目的を達成するまで絶対にあきらめず継続する。

その過程で実力だけでなく意志の強さも身に付くのです。

こういう人は、愚痴や人の悪口を言っている余裕がないくらい精神的に追いつめられた経験をもっており、それがゆえに行動せざるを得なかったケースが多いのです。

人から嫌われることを恐れない:

嫌われたくないから、誰にでもいい顔をする八方美人を見かけませんか?

空気を読み過ぎて自分を見失い、他人の意向に沿ってどう行動するか決めるなんて情けない。

自分の人生でなく他人の人生を生きて何が面白いのでしょうか?

サラリーマンならば生き残る術として必要なのは分かりますが、度が過ぎると信用を失います。

とくに婚活の場では、猫をかぶって良い人を演じる人は誰とも親密になれません。

むしろ嫌われます。

自分の心に壁を作って素を出そうとしないわけですから、相手は退屈してしまい、二度とデートする気になれないのです。

モテる人は自分に自信があるので、人から嫌われることを恐れません。

どうせ全員から好かれるのは無理、と開き直ることができます。

だから自分の考えや自分の判断に従って、堂々と行動できるのです。

自分を飾らず、自分に嘘をつかず、まっすぐに生きる姿勢を持った人は少数派。

希少価値ですから、余計モテるのですね。

見返りを期待せずに他人を助ける習慣がある:

自分の得にならない人間は粗末に扱い、自分に利益をもたらしそうな人間には擦り寄る。

アナタの周りに、こんな輩がいませんか?

同僚や部下には挨拶すらしないのに、「偉い人」には媚びへつらう人が・・

そして、そういう部下が大好物な上司を見かけませんか?

そういう人は職場で優遇されることがあるかもしれませんが、間違いなくモテません。

誰からも愛されませんし、苦難と後悔の人生が待っています。

モテる人は見返りを求めず、人にために動ける人です。

モテる人は、自分の行動の結果、人が喜ぶ姿を見るのが楽しいのです。

「恩知らず」なんて寒いセリフを吐きません。

モテる人は、人から何かをしてもらうよりは、他人に与えることを優先します。

モテる人は、人から気遣ってもらうよりも、人に優しく気配りすることが多いもの。

だから、たくさんの人から愛され慕われるのです。

苦労は人間を大きくする:

「イケメンで裕福な家庭で生まれ、理解のある両親の元で何不自由なく暮らしていれば幸せな人生を送りやすい」なんて常識はどこで生まれたのでしょうか?

苦労もせずに順風満帆な人生を送っている人の方がモテるのでしょうか?

苦労知らずの人生を送っている人はとても不幸な人だと思います。

人生の深みも知らず、人への思いやりも育たず、自分に対して自信もない。

自信がないから空気ばかり読んで、周囲の雰囲気に簡単に流されます。

空っぽな自分に自信がないから、素を出して人と付き合うことが出来ません。

心が不安定で気持ちに余裕がないから、人に優しくすることができないのです。

つまり、苦労知らずのボンボンは100%モテないということ。

逆に苦労する機会があったら、それはモテ男になるためのチャンスだと考えましょう。

まとめ:モテる男の雰囲気を身に付けたいアナタへ

イケメンで高収入の人は、女性から興味を持たれやすいので出会いのチャンスには事欠きません。

でも、モテるかどうかは別です。

イケメンで高収入で高学歴で高身長の非モテ男子は珍しくありません。

モテないタイプの人は、婚活で本当に苦労します。

私自身が経験者ですから、間違いありません。

婚活をスムーズに進めたいなら、モテる男の雰囲気を身に付ける必要があります。

この記事で述べたことは一般論や抽象論も多いですから、自分に当てはめてピンとこない場合もあるでしょう。

もっと具体的なイメージを掻き立てたい人は、物語形式で楽しみながら学ぶのがオススメ。

是非、こちらの記事も参考にしてみて下さいね。

【お知らせ】

婚活の手段は決まっていますか?

私としては自分の経験も踏まえて、結婚相談所をオススメします。

結婚のプロであるカウンセラーのサポートを受けられるから、効率がいいのです。

男女交際経験が乏しいけど、素直にアドバイスに耳を傾けられる人は向いていると思います。

どこの結婚相談所にすべきか分からない人は、情報集めから始めましょう。

複数の結婚相談所情報を一括で集めたいなら、ここをクリック(無料)してください。

どうしても一か所に絞れない人は、とりあえず、オンラインの無料カウンセリングを受けてみるのも手です。

オススメのリンクを下に貼りますので、試しに見てくださいね。
↓↓
本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

良き伴侶に出会えるよう、お祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました