結婚にメリットはない?デメリットしかない?正しい考え方とは?

「結婚することにメリットなんてあるのか?」

「結婚なんてデメリットばかりじゃないか?」

独身貴族の中には、こういう考えの人も多いのではないでしょうか。

この記事では、結婚をメリット・デメリットという観点から述べてみたいと思います。

以下、是非参考にしてください。

結婚するメリット(目的)は何か?

アナタにとって婚活のメリット(目的)は何ですか?

私が結婚相談所に初めて行ったとき、カウンセラーの人から、「どうして、結婚したいと思ったんですか?」と訊かれました。

もう、二十数年前の話ですから、うろ覚えですが、「一人より二人の方が人生が充実しそう。家庭を持つと心の拠りどころが出来る。」のような曖昧な回答をしたと思います。

結婚のメリットは人それぞれです。

結婚しなければならない義務もありません。

世界的な潮流としては、異性間ではなく同性間の結婚も増えているようです。

この記事を読むアナタは結婚したいですか?

結婚したいなら、その理由(メリット)は何ですか?

何となく・・でも良いと思いますが、何かを成し遂げようとする場合は、目的が明確な方がスムーズに行くと思います。

本章を参考にして、考えてみてください。

親からうるさく言われないようにするため:

親の立場では、子供の将来を心配してガミガミ言う場合もあるでしょう。

「自分が死んだ後、子供はマトモに生きていけるのか・・・」

結婚して支え合える人がいる方が、親としては安心なのです。

親がうるさいから仕方なく婚活を始めた人もいると思います。

結婚してしまえば「早く結婚しろ!」と親から言われることはなくなりますので、結婚のメリットだといえます。

でも、そういう受け身の人は、親が急死したら婚活をやめるんですかね?

結婚しなくていいと親が言ってくれたら、婚活をしないんですか?

経済的に安定した生活を得たい:

女性の間では専業主婦願望を持っている人も多いでしょう。

確かに、サラリーマンとして人に使われるのはツラいですよね。

最近は男女問わず非正規雇用割合が増えていますし、搾取労働が蔓延し、努力しても報われないと感じている人は多いのです。

むなしい職業環境とオサラバして、高収入の人と結婚して生活を安定させたいという願望を非難出来ません。

確かに、経済的に生活を安定させるというのは結婚のメリットです。

でもそういう人は、相手が失職したら離婚するんですか?

転職して年収が下がったら離婚するんですか?

事業が失敗して一文無しになったらどうするんですか?

病気で働けなくなったら見捨てるんですか?

「相手の経済力というメリット」は、「相手に経済力が無くなった時のデメリット」と裏表の関係なのです。

子供が欲しいから:

女性の妊娠出産は年齢の制限を受けますから、年齢的な焦りを感じる人もいるでしょう。

早く子供が欲しいから、というのは立派な理由になると思います。

男性だって、自分の遺伝子を世に残したいという生物としての本能があります。

結婚すれば子孫を残す素地ができますから、メリットだと言えます。

でも、そういう人は、結婚して子供が出来なかったらどうするんですか?

離婚して別の相手を探しますか?

出産できないような年齢の女性は、結婚をあきらめないといけないんですか?

友達に遅れを取るのが嫌だから:

アラサーに近づくと、「結婚しました」という年賀状を受け取ることも多くなるでしょう。

友達の結婚式にお呼ばれすることもあるでしょう。

自分だけ後れを取りたくないという見栄が、婚活のモチベーションになることも多いですよね。

結婚してしまえば、周囲と比べて焦ることも無くなるし、メリットだといえます。

でも、この受け身の態度は脆いものです。

付き合っている友人たちや職場の同僚が未婚者ばかりだったら、どうなるでしょうか?

未婚者ばかりに囲まれて安心するようになりませんか?

逆に、結婚しなくていい理由(デメリット)ばかりを探すようにならないでしょうか?

半人前だと思われないようにするため:

今は少なくなってきていると思いますが、古い体質の会社では、未婚者の方が既婚者よりも人事査定が低いなんてこともあるようです。

「いい歳になってまだ身を固めてないなんて半人前だ」という意識は根強いのです。

アラサーアラフォーになっても独身で、恋人すらいない人に対して、「何か問題があるのでは?」と疑う人もいるでしょう。

これらの判断には根拠はなく、偏見に過ぎません。

偏見の目で見られるのが嫌だから、社会的承認を得たいから、という受け身の姿勢で婚活しても、それは本当のヤル気とは言えませんから、壁にぶつかったらすぐに挫折しそうですね。

面倒な家事をやって欲しいから:

男性に多いのが、この理由です。

家庭的な女性を好む男性はとても多いです。

特に、お弁当を作ってきてくれる女性には弱い。

「男性は胃袋を掴まれたらオシマイ」というのは、ある意味真実です。

一人暮らしで家事が面倒だと思っている男性は、家に帰ってきたとき、晩御飯とお風呂が用意されている状況に憧れます。

こんな名言もあります。

「わたしのために夕食の支度をして待っていてくれる女性がどこかにいたら、わたしは才能のすべてを投げ捨てても悔いはない」
(ロシアの文豪:ツルゲーネフ)

コンビニ弁当や宅配や外食が便利と言っても、手料理には敵いません。

それでも、「家事が面倒くさいから結婚したい」とハッキリ言うのはどうかと思います。

女性からすると、「家事に困ってるなら家政婦を雇えばいいでしょう」と言いたくなりますよね。

自分の欲望のために人を利用とする露骨な態度は嫌われる原因となります。

家のなかの仕事分担は、相手への気遣いや思いやりがベースにあるべきだと思います。

ウェディングドレスを着たいから:

二十代の若い時にウェディングドレスを着て結婚式を挙げたいという女性は多いでしょう。

このイメージに憧れて婚活するのは自由。

でもそういう人は、ウェディングドレスをレンタルして、プロに写真を撮ってもらえばいいのではないでしょうか?

実際に結婚式を挙げるよりもお金がかからないし、婚活のような面倒な作業も不要です。

良いアイディアだと思いませんか?

一人暮らしが寂しさから抜け出したい:

昔、会社の同僚(既婚男性)が飲み会で次のように話していました。

「オレは本当に心の底から結婚したかった。一人暮らしで家に帰ると真っ暗なのが堪らなく嫌で、家の電気をつけっぱなしにして出勤したこともある」

一人暮らしを快適と感じる人もいれば、寂しさを感じる人もいます。

個人差は大きいようです。

一般に、人間は孤独に弱い生き物です。

生涯独身者の方が既婚者よりも平均余命が短いというデータもあります。

私は既婚ですが、もし今まで一人暮らしを続けていたら、首つり自殺していたかもしれません。

寂しいという感情を軽減させられるのは、結婚のメリットとしては十分。

逆に、一人暮らしで何も寂しさを感じない人にとって、結婚はメリットではなく、煩わしさなどのデメリットにもなり得ます。

ネット環境が整備されて色んな娯楽や趣味を手軽に楽しめるようになり、一人暮らしの孤独を感じる機会が減っているのでしょうか?

また、物分かりの良い親と実家暮らしをしている人は寂しさを感じず、結婚を考える機会自体が少ないのだと思います。

孤独死の恐怖から逃れるため:

一人暮らしで健康な時は良いのですが、病気をして寝込んだり、ケガをして不自由な思いをしたときは、孤独を実感するものです。

熱を出して寝込み、洗濯も掃除も食事の準備も出来ないでいると、「このまま自分は死ぬのか・・」と感じたこともあります。

体調が悪いのに無理して買い物に行かねばななない時は、「助け合って暮らせる人がいたら・・」と心から思います。

年齢を重ねて体が弱ってくると、誰にも看取られぬまま孤独死し、時間が経ってから発見されることをイメージしてしまうかもしれません。

お金に余裕があればケアサービスを利用するでしょうが、貯蓄額の低い人は人とのつながりが生命線となります。

将来的な生活不安や孤独をイメージすると、独身貴族を謳歌してきた人も結婚をメリットとして考え始めるようです。

好きな人とずっと一緒にいられる:

若い時から異性と交際し、「この人といると楽しいし、できればずっと一緒にいたい」という自然な感情のまま結婚するのが王道でしょう。

好きな相手を合法的に独占する。

これが、結婚の最大のメリットだと思います。

若い時に恋愛できず、彼氏彼女がいなくても悲観する必要はありません。

これから婚活すればいいのです。

一緒にいて落ち着く人、つまり自分と相性が合う人で出会うには、平均して10~20人の人とアポする必要があります。

条件が合い、一緒にいて自然に話せる相手に出会うというのはとても幸運なこと。

お互いに愛情を育てる努力をして、「この人となら一緒に暮らせる」と感じられる状態にもっていきましょう。

まとめ:

結婚したいと思う理由は人それぞれです。

正解はありません。

上に挙げた理由の一つだけに絞る必要はありません。

理由が複数あってもOKです。

何が最重要かは個人の価値観の問題です。

自分で主体的に考えて結論を出すことが大切だと思います。

結婚は人生の墓場なのか?

はじめに:

「結婚すると自由な時間が減る」
「結婚すると使えるお金が減る」
「結婚すると面倒な付き合いが増える」
「結婚すると仕事をしにくくなる」
「結婚したら相手への熱も冷めるのでは?」

色々な理由をつけて、婚活をためらう人がたくさんいます。

本当に、結婚は人生の墓場なのでしょうか?

少し考えてみたいと思います。

結婚を墓場のイメージでしか見ない人たち:

ある知り合い女性の話です。

高校では学年トップクラスの成績で一流大学を卒業した知的美人ですが、結婚適齢期になっても一向に男っ気がないのを心配した母親は、婚活を強く勧めました。

しかし、紹介された男性たちとデートをしても疲れるだけで、母親には愚痴ばかりこぼしていたそうです。

デート相手の男性たちは高学歴のハイスペックと思われる人たちなのですが、不満タラタラ・・・。

相手のあら探しばかりしてダメな点を並べ立てた挙句、「一体、結婚して私に何の得があるの?!」と母親に言い放ったとのこと。

この知的に見える美人女性にとって、結婚は墓場のイメージしかないのでしょう。

他に、私の職場の元同僚男性の例を挙げましょう。

知的でスマートな振る舞いをしますが、やや冷笑系の印象を受ける美青年。

青年とは言っても年齢的にはアラフォーであり、女っ気が全くありません。

マイナスオーラ全開で、つるんでいるのもマイナスオーラの人たちばかり。

親の実家で暮らし、プライベートではお金と時間をすべて自分のために使います。

高級外車を乗り回し、何回も買い替えています。

優雅な独身貴族という言葉がピッタリです。

職場での振る舞いとしては、自分の空間に入ってこられるのを嫌う一方で、他人への気遣いや優しさは皆無。

この人にとっても、結婚なんて煩わしい状況は人生の墓場でしかないでしょう。

結婚を天国のイメージで見る人たち:

「私が今日あるのはすべて妻のおかげである。少女時代の彼女は私の一番の友達であり、気弱な私をいつも元気づけてくれた。結婚後は貯蓄に励み、うまく投資して、一財産を作りあげてくれた。私たちには五人のかわいい子供があり、妻のおかげでわが家はいつも幸福そのものだ。私が少しでも名を成したとすれば、それはみな妻のおかげである」(エディー・カンター)

同じ人間でも、このように結婚を肯定的にとらえる人もいます。

このエディー・カンター氏にとって、妻となった女性と結婚しない人生なんてあり得なかったはずです。

若い時にお金がなくても、二人で協力して幸せになったカップルは星の数ほどいます。

すべて、本人たちの心構え次第だと思います。

結婚する前から結婚のデメリットばかりを考えてしまう人は、慎重すぎるゆえに多くのチャンスを逃しています。

楽しい結婚生活を謳歌している夫婦を参考にして、前向きな考え方を身に付けて欲しいと思います。

結婚を人生の墓場にしないために必要な心構え:

婚活でも結婚生活でも大切なのは、相手に尽くす、お互い協力するという心構えです。

相手から奪うとか相手から何かしてもらうのではなく、相手に与えるのです。

他者に貢献し、他者を笑顔にして、それを見た自分も幸せな気分になる。

いわゆるギブの精神。

この作業をお互いに継続すると、ゆるぎない信頼関係と愛情関係が構築されるます。

妄想と狂気にまみれた軽い恋心とは異なり、確かな愛情は、ちょっとやそっとのトラブルではビクともしません。

これが幸せで安定した結婚生活の礎であり、生涯仲良し夫婦の秘訣です。

幸福とは次の4つから得られます。

①人に愛されること
②人に褒められること
③人の役に立つこと
④人に必要とされること

自分の損得勘定ばかりに熱心で、人に対する優しさに欠ける人間は幸福になれません。

他人を幸福に出来ない人は、愛されることも感謝されることもありません。

人を幸せにする気がない人は、自分が幸せになることもありません。

自分が幸せになりたかったら、エゴを捨て、他人に対して親身な態度をとればいいのです。

目先の自分の損得ばかり考えて生きてきた人は、結婚と最も縁遠い人たちです。

自分で自分の行動を変えることが出来るかどうか?

結婚を人生の墓場にするのも天国にするのも、すべては本人の心構え次第なのです。

幸せな結婚をするための心構え:

アナタは手段と目的をはき違えてませんか?

「もういい歳だし、周りの人間も殆どが結婚している」

「ウェディングドレスが似合う内に結婚したい」

こんなことを言っている人は、結婚することや結婚式を挙げること自体が目的化していませんか?

相手のスペック・条件ばかりを気にしている人は、結婚のことを、楽な生活を手に入れるための手段だと勘違いしていませんか?

手段と目的をはき違えているがために縁遠くなっている人がとても多いと聞きます。

この章では、そんな人たちのために書きました。

結婚の目的とは?

夫婦で力を合わせ、末永く、仲良く楽しく暮らす・・・

こういう幸せを実現するための手段が結婚という制度です。

長い歴史の中で人間が試行錯誤して作り上げてきた知恵なのです。

婚活とは、「夫婦で力を合わせ、末永く、仲良く楽しく暮らす」パートナーを見つけるための手段です。

結婚や婚活という行為自体は目的でも何でもなく、幸せになるための手段の一つに過ぎないということです。

手段は色々ありますから、結婚できなければ幸せになれないという訳ではありません。

また、結婚出来れば幸せが保証されるわけでもありません。

数字には表れなくても、悲劇的な結婚をして不幸になっている人は星の数ほどいます。

繰り返しますが、「夫婦で力を合わせ、末永く、仲良く楽しく暮らす・・・」という目的を実現するための手段が結婚だということを強調しておきたいと思います。

婚活のスペックは手段に過ぎない:

例えば結婚相談所などに登録をして婚活をするにあたり、自分のスペックを入力することは必須です。

情報技術を駆使し、たくさんの候補者の中から適切と思われる人を紹介してもらいたければ、スペックと無縁ではいられません。

いくらなんでも20歳の人に60歳の人を紹介する訳にはいきませんよね?

住んでる地域が離れすぎていたら、デートするのも一苦労です。

また、収入が少なすぎて自立した生活を営めない人は、そもそも結婚する資格がありません。

スペックは婚活を進める上での有効な手段です。

「夫婦で力を合わせ、末永く、仲良く楽しく暮らす」ことが可能な相手を見つけるための手段です。

婚活のスペックは、現実的な候補者に巡り合うための手段ですが、相手のスペックを手に入れることが目的ではありません。

スペックはあくまで参考程度に考えるのが賢い態度です。

婚活でやるべきこと:

婚活では、生涯のパートナーになり得る相手かどうかを見極めねばなりません。

「キモイ!」とか、生理的嫌悪感を催すのでは話になりません。

カッコつけないでお互いの素顔を出し合い、本音で話せるか?

一緒にいて楽か? 楽しい気持ちになれるか?

協力しながら、何十年も一緒に暮らしていけそうか?

こういった本質的な部分を、婚活では見極めねばなりません。

相手の人間性を観察するだけではなく、自分という人間の本質と対峙する必要もあります。

お見合いやデートが思うようにいかなければ、相手を責めるだけでなく「自分には何か足りないところがあるのでは?」と自問自答してみるといいでしょう。

婚活は、人間的成長をする良い機会でもあります。

手段の目的化は不幸の元:

婚活の現場でよく見られますが、相手のスペックに異常に執着する人が多いですね。

相手のスペックを手に入れるのが目的だと思っているのでしょうか?

あくまで今の時点の参考情報にこだわり過ぎるのは良くありません。

美貌なんて若いうちだけで、年齢と共に衰えるだけです。

目つきや顔つき、態度から、相手の生きる姿勢を読み取ることに専心した方が賢明です。

年収はあくまで現時点でのものです。

会社が傾いてリストラされれば無職になります。

転職に失敗して年収が下がってしまうかもしれません。

公務員は安定しているかのように錯覚している人が多いですが、国家財政は破綻状態ですし、公務員の退職金・ボーナスは出ず、給与の大幅削減や支払い遅延も将来的には起こり得ます。

北海道の夕張市で起こった悲劇が全国で起こるのです。

相手の現在の年収に頼り過ぎていると、何か問題が起こった時にパニックになります。

夫婦はお互いに支え合い、知恵を出し合うものですから、一方が相手に依存する関係は長続きしません。

実家で親と暮らしている今の快適な生活を結婚後も続けたい女性は、結婚相手に親代わりを要求していることが多い。

無意識ゆえに本人は気づいていませんから、とても厄介。

「私が何も言わなくても、私が快適に感じる環境や状況を用意しなさいよ」という態度では縁遠くなるだけです。

親代わりを務めてくれる人なんている筈ありませんから、お見合いやデートは毎回期待外れに終わり、不満がたまり、よそで悪口や愚痴を言い続けることになります。

相手のあら探しばかりする人は、誰とも安定した関係を築けません。

顔・身長・収入・職業などの条件にこだわり過ぎている人は、相手の本質的な部分や良いところを見落としがちになります。

相手のスペックを手に入れること自体が目的化してしまった人、自分の損得ばかり考えている人は、苦難の道を歩まねばなりません。

人間が犯す愚かな失敗は、そういう人たちの間で生まれているのです。

まとめ:

自分の損得勘定しか見えてない自己中でも、学業や仕事なら成果を挙げられます。

でも、恋愛や結婚は本質的な人間力が試されますから、目先の損得しか考えない人は上手く行きません。

この記事では、幸せな結婚をするためのコツや考え方を述べてきました。

「結婚することにメリットなんてあるのか?」

「結婚なんてデメリットばかりじゃないか?」

結婚の損得ばかりを考えている人にとって、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

【婚活をしている人へお知らせ】

婚活の手段は決まっていますか?

私としては自分の経験も踏まえて、結婚相談所をオススメします。

結婚のプロであるカウンセラーのサポートを受けられるから、結果的に効率がいいのです。

男女交際経験が乏しいけど、素直にアドバイスに耳を傾けられる人は向いていると思います。

どこの結婚相談所にすべきか分からない人は、情報集めから始めましょう。

複数の結婚相談所情報を一括で集めたいなら、ここをクリック(無料)してください。

どうしても一か所に絞れない人は、とりあえず、オンラインの無料カウンセリングを受けてみるのも手です。

オススメのリンクを下に貼りますので、試しに見てくださいね。
↓↓
本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

良き伴侶に出会えるよう、お祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました