スポンサーリンク

なぜ結婚しないといけないのか説明できますか?

なぜ結婚しないといけないのか知ってますか?

結婚したいがために婚活を頑張っている人が多いと思いますが、なぜ結婚しないといけないのでしょうか?

周囲がみんな結婚していて、羨ましいから?

親がうるさくて、かなわないから?

結婚するのが「常識」だから?

この記事では、相手を探して結婚すべき理由を考えたいと思います。

1)孤独に耐えられないから:

人間は孤独に弱い生き物です。

自分を殺してでも周囲に合わせ、必死になって空気を読み、浮いた存在にならないように気を遣っているのは、孤立するのが怖いからです。

一匹狼のように振舞える人は、実は、別のところで安心できる居場所をもっているのです。

ある人間を社会的に殺したかったら孤立させるのが最も効果的です。

会社で仕事を与えず暗い部屋に隔離すれば、大抵の人はすぐに辞表を提出します(違法です)。

学校のクラスで無視というイジメをすれば、簡単に転校してしまいます(犯罪です)。

このように人間は孤独に弱い生き物であるがゆえに、結婚して家庭を持ち、安定した温かい人間関係を持とうと努力するのです。

これは本能的なものと言えましょう。

私自身、若い頃はまるでモテない男だったため、婚活しても相手にしてくれる女性は皆無でした。

やっと二、三回デートしてくれる女性に巡り合えたのですが、あっさりフラれてしまい、ひどく落ち込みました。

その直後、自分はこのまま一生独身なのではないかという恐怖感が頭をよぎり、自殺念慮が生じたのを覚えています。

結婚するのをあきらめるという選択肢が私になかったのは、この恐怖感ゆえです。

2)承認欲求と帰属欲求を満たすため:

会社の業績を上げたかったら、部下に対して次のような言葉がけを行えばOKです。

「君はよく頑張っている。会社の業績が上向きなのは君の働きによるところが大きい。君は会社にとって無くてはならない人材だ。これからも体に気を付けて頑張って欲しい」

こんな風に上司から評価されれば、組織内での承認欲求を満たせますし、帰属意識も強化できます。

また、結婚することで、会社の上司・同僚・部下の見る目も変わります。

少なくとも一人の異性と親密になり承認されたことになるので、人間性を疑われる機会は少なくできます。つまり、仕事がやり易くなるのです。

スポンサーリンク

しかし仮に、会社内で承認欲求と帰属意識が満たされていても、それだけでは満足できません。

会社というのは機能・目的が限定されており、人間関係に深みがありません。

辞めてしまえば赤の他人ですから、愛情をベースにした人間関係ではないのです。

従って、私生活での承認欲求や帰属意識が満たされていないと精神的に不安定になってしまいます。

物わかりの良い親に甘やかされ、実家暮らしを堪能している人には分からないかもしれませんが、知り合いのいない地域で一人暮らしをするのは、不安で寂しいものです。

一人暮らしをして色んな意味で不自由な思いをすれば、婚活を頑張ろうと素直に思うようになります。

結婚して家庭を持てば、夫や妻としての立場や役割が与えられ、子供が出来れば親になります。

承認欲求や帰属意識を満たすのに理想的な空間と言えましょう。

3)子孫を残すため:

せっかくこの世に生を受けたのだから、自分の遺伝子を持った子孫を残そうと思うのが人間としての自然な感情だといえましょう。

そして、子作りをするなら若い方が有利です。

女性の場合、20代よりも30代の方が妊娠しにくくなりますし、出産でのリスクも増加します。

男性が本能的に20代の若い女性を求める原因がここにあります。

確かに40代とか50代の夫婦でも子供を持つことは可能ですが、子供が成人した時には老人となっています。もしかしたら、死んでるかもしれません。

こういう事態はあまり好ましくないので、可能ならば避けるべきです。

子供が欲しいという気持ちがあるならば、なるべく二十代のうちに妊娠・主産を済ませるため、先を読んで婚活を実行した方がいいと思います。

まとめ:

1)孤独への恐怖、2)承認欲求と帰属意識、3)子孫繁栄。

これらが、結婚しなければならない主な理由です。

逆に言うと、孤独感がなく、承認欲求と帰属意識が十分に満たされ、かつ、子供も欲しくない人は結婚しようと思いません。

居心地の良い実家で親子で仲良く暮らしていると問題意識も芽生えず、将来のことを考えるきっかけが得られず、切実感も芽生えません。

そういう人は、いつの間にか適齢期を過ぎて後悔することも多いようです。

口うるさい親、実家を離れた一人暮らしでの不自由さ、友達の結婚・出産に対する羨望・・・ こういったものは問題意識を醸成するきっかけにしましょう。

自分で期限を決めて、能動的に相手を探さないと結婚はできません。日常生活の中で、「理想の人」に自然とめぐり逢えるなんて妄想は捨てるべきです。そのためには、明確な目的意識が必要です。

結婚の目的を考えるためのきっかけとして、この記事がお役に立てば幸いです。

【おまけ】結婚相談所情報の一括請求サービスを利用したい人はクリック(無料)↓



簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。