スポンサーリンク

「恋愛経験なしの男」を卒業して、幸せな結婚をする方法

「恋愛経験なしの男」とは何か?

「恋愛経験がない」とは、どんな状態を言うのでしょうか?

片思いで遠くから眺めているだけでも恋愛状態ですか?

告白できれば恋愛したことになりますか?

デートを1回でもすれば恋愛経験ありと言えますか?

手をつないだりキスをすればOKですか?

改めて考えてみると、なかなか線引きするのは難しいですね。

合コンや友達の紹介、または、お見合いの場で1~2時間程度しゃべって、デートを申し込んで了解してもらい、実際にデートをして、2回目のデートまで持ち込めたら、交際経験あり恋愛経験ありと考えていいのではないでしょうか?

男女がお互いにある程度気に入らないと複数回のデートは実現しませんし、特定の相手とトータルで長時間二人きりで過ごすことは立派な恋愛経験だと思います。

つまり、女性とデートしたことがない、もしくは、デートしたことはあるけど2回以上続いたことがない人を「恋愛経験なし男」と定義することにします。

「恋愛経験なしの男」は敬遠される?

恋愛経験がないのには原因があるはずです。

当然のことながら、男ばかりの環境で過ごしてきた人には大きなハンディキャップがあります。

学校も職場も男社会では、出逢いのきっかけすら、ほとんどないでしょう。

男女共学で日常的に女性と知り合ったり話が出来る環境というのは本当に恵まれていると思います。

環境以外にも、属人的な要因も考えられます。

  • 見た目が不潔でダサくて年寄りくさくて生理的嫌悪感を抱かせる。
  • 不愛想で、ロクに相槌も打てない。
  • 女性への気遣いや配慮に欠けるので、一緒に楽しめない。
  • ケチで金払いが悪い。
  • 不真面目で遊び人の雰囲気がある。
  • 自分に自信がなく自虐ネタが癖になっている。
  • 自分の素を出せないので、一緒にいて疲れる。

よく婚活女性の要望の中で、「女性と付き合ったことがないような男性はイヤ」というのがありますが、これは、上記のような素養が男女交際で大きな障害になるからです。

2回目のデートに行けない男性諸氏は、是非とも自分を見つめ直して改善につなげてください。

「恋愛経験なしの男」を脱して成婚する方法:

2回目のデートに行けるということは、自分好みの女性からある程度気に入られているということです。

その段階に至るにはそれなりの努力が必要です。

スポンサーリンク

何人かの女性からフラれないといけないかもしれません。

途中でくじけて諦めたら一生独身確定です。

PDCAサイクル(計画→実行→振り返り→改善→・・)を常に回し続けるねばり強さが必要です。

やっと2、3回デートできるようになった女性にフラれたらショックは大きいでしょうが、その経験は決して無駄ではありません。

将来の成婚につながる大きな礎だととらえるべきです。

「基本的な女性の知識が足りないからフラれてしまっているのでは?」と思う人は、下記リンク先の記事を参照してくださいね。理論と実践の両輪が成功のカギです。

女心を知りたいならばコレを読め(1)

女心を知りたいならばコレを読め(2)

女心を知りたいならばコレを読め(3)

女心を知りたいならばコレを読め(4)・・最低の男とは?

女心を知りたいならばコレを読め(5)

まとめ:

特定の女性と安定した関係を築いてお互いの愛情を育てるというのは、ある意味、大事業であるといえます。

仕事のようにマニュアルがあるわけではありませんから、不確実なものを許容できる忍耐力や柔軟性が必要です。

相手の良い所だけでなく、自分と異なる部分も受け入れないと恋愛はできません。

いつか結婚したいと思っている人にとって、相手に譲ったり我慢することは必須の素養です。

そして、恋愛で失敗を繰り返した分だけ人間的に成長できます。

その成長は、仕事の分野でも大きな力を発揮することでしょう。

「なぜこの人とは付き合えないのか?」ではなく「この人と上手くやるにはどうしたらいいか?」を考えてください。あら探しをして別れるのはいつでも誰でも出来ます。

最後になりますが、安心して婚活するための環境を探してる人は、下記リンクをクリックして情報の収集に役立ててください。



簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

以上

Pocket

投稿者: JUN

中年の男性既婚者。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してます。 英語は独学でTOEIC:950点達成。 通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 自分自身の婚活は失敗ばかりだったけど、このブログでは恋愛・婚活・結婚のノウハウを紹介しています。 基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので、気軽に読んで下さいね。 どうぞよろしくお願い致します。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。