「モテる人のオーラとは何か?」具体的に知りたい人はコレを読め!

はじめに:

有名な心理学者であるアルフレッド・アドラーは、次のような名言を残しています。

「他人のことに関心を持たない者は、苦難の人生を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかける。人間のあらゆる失敗は、そういう人たちの間から生まれる。」

これと反対の例を挙げましょう。

最初に、ウィリアム・ライアン・フェルプスの言葉を引用します。

引用始め
****************
わたしは八歳のころ、ある週末に、ストラットフォードのリンゼイ叔母のところへ遊びに行ったことがある。
夕方、一人の中年の男の客が訪ねてきて、しばらく叔母と愛想よく話し合っていたが、やがて私を相手に熱心に話しはじめた。
そのころ、私はボートに夢中になっていたので、その人の話がすっかり気に入ってしまった。
その人が帰ると、夢中になってその人のことをほめた。
「なんてすばらしい人だろう!ボートがあんなに好きな人は珍しいよ!」
すると叔母は、あの客はニューヨークの弁護士で、ボートのことは何も知らないし、ボートの話など、ちっとも面白くなかったのだと言った。
「じゃあ、なぜ、ボートの話ばかりしたの?」
「それは、あの方が紳士だから。あなたがボートに夢中になっているのを見抜いて、あなたの喜びそうな話をしたのです。気持ちよくあなたのお付き合いをしてくださったの。」
と、叔母は教えてくれた。
私は叔母の言葉を一生忘れなかった。
****************
引用終わり

次に、デール・カーネギー著「道は開ける」(創元社)の中で紹介されている、ある女性のエピソードを引用します。

引用始め
******************
少女時代から青春時代にかけて、私が何より悲しかったのは、家が貧しかったことです。
私の家には、他の友達の家のような楽しみがありませんでした。
私の服はいつも安物で、しかも小さすぎて体に合わないし、流行遅れのものでした。
とてもきまりの悪い思いをしたり、恥ずかしさが募ってきて、夜など床についてからもよく泣いたものです。
最後に、絶望に絶望を重ねたあげく思いついてのは、ディナーパーティーのパートナーに彼の経験・思いつき・将来の計画などを語らせることでした。
私は彼らの話に特別の興味を感じていたわけではありません。
相手に、私の貧弱な服装を気づかせないようにするのが目的でした。
ところが、不思議なことが起こりました。
男の子たちの話を聞いて、いろいろなことが分かってくるにつれて、彼らの話に興味を持つようになり、自分の貧弱な服装のことなど忘れてしまうようになりました。
そして、自分でもびっくりするようなことが起こったのです。私が聞き上手で、男の子たちの話をうまく引き出してやるので、彼らも愉快になり、やがて私は社交グループの中で一番の人気者になりました。
そして、三人の青年から求婚されたのでした。
******************
引用終わり

他人に関心を持ち、他人を気遣い、他人を幸せにできるものは、自分にも幸福をもたらすのです。

自分で自分を不幸にする女性の例:

あるテレビドラマで見合いの場面がありました。

主演女優は、社会的ステータスの高い勤務医役で、おそらく年収は平均よりずっと高いと思われます。

30半ば過ぎという設定で、とびきりの美人です。

一方男性役は、頭が剥げていて風采の上がらない男性で40代後半くらい?

女性は父親の勧めで仕方なく、タイプでない男性と会うことにしたのですが、最初から断るつもりなので、相手に全く気を遣わず、露骨に嫌な顔をしていました。

下を向いて無言。関心があるのは自分の感情だけ。

いかに早く切り上げるか考えている。

相手の男性はそれに気づいているが、健気にも笑顔で、この高慢な女性に気を遣っています。

ドラマの設定なので別に罪はないのですが、仮に自分がこの男性の立場だとしたら、相手役の女性は軽蔑の対象でしかありません。

あなたはどうですか?

男女関係なく、お見合いの場でこういう態度をとる人物を尊敬できますか?

上司にだけゴマをすり、同僚には挨拶もしないような、損得勘定人間を連想しませんか?

何の得にもならないにもかかわらず、目の前の子どもにも誠意を示す人格者とは好対照ですよね?

ほんとうにやさしくて思いやりがある人は、誰にでもやさしいものです。

あくまでドラマの設定ですが、この美人女医に幸せが訪れると思いますか?

幸せを遠ざけ、自分を縁遠い女にしていると思いませんか?

心理学者:アドラーの名言をもう一度引用します。

「他人のことに関心を持たない者は、苦難の人生を歩まねばならず、他人に対しても大きな迷惑をかける。人間のあらゆる失敗は、そういう人たちの間から生まれる。」

私の婚活体験を一つ紹介します

20代のころ、ある女性とお見合いしました。

20年以上昔の話ですので容姿ははっきり覚えていませんが、特別美人というわけではありません。

この日は日曜日だったので、何をして過ごしたかが話題になりました。

自分は「ラグビーのサークルで練習試合に参加した」と話しました。

見合い相手の女性がラグビーに興味があるとは思えませんでしたが、努めて私の話に耳を傾けてくれました。

限られた知識をもとに、ラグビーの試合場面を踏まえた具体的な質問までしてくれました。

しかも笑顔で・・・

私はすっかり気分がよくなり愉快になりました。

結婚相談社内でのお見合いは30分程度だったと思いますが、私は是非お付き合いしたいと回答しました。

しかし、相手女性の承諾は得られませんでした。

彼女ならば、男性からモテモテだと思います。選び放題の立場でしょう。

私は彼女と釣り合うようなレベルの人間ではなかったということです。

人の話を聞いて、誠実な関心を寄せられる人の魅力とは何か?

次の4つが考えられえます。

1)自分の気分を良くしてくれる

2)安定感・実力・自信・教養・余裕を感じる

3)損得勘定を超えた本当の優しさ・共感力を感じる

4)相手が持つ豊かな人間関係を感じる

直感的に、上記1)~4)を感じさせるような相手に惹きつけられるのは当然です。

お付き合いして人生のパートナーにできれば、自分の人生が豊かになり幸せになれると思いますよね?

まとめ:

他人に対して誠実な関心を寄せる態度を「謙虚さ」と呼ぶ人もいます。

このような謙虚さを持っている人は、自分のファンを増やせます。

当然の帰結として、結婚相手も選べるようになります。

あなたが幸せな結婚をしたいならば、自分や相手の表面的なスペック(年齢、職業、年収、容姿など)ばかりに一喜一憂していないで、もっと根本的な部分にも目を向けるべきでしょう。

アルベルト・シュヴァイツァーの名言
「本当に幸福になれるものは、人に奉仕する道を探し求め、ついにそれを見出した者である。これが私の確信である。」

エマーソンの名言
「幸福は香水のごときものである。人に振りかけると自分にも必ずかかる」

ジョン・ワナメーカーの名言
「一生に一度も親切な行為をせず、人に真の喜びを与えず、人助けもしないで過ごすことは、老後の人生を美しく照らしてくれる、楽しい記憶を手に入れ損なうことである。」

実際の婚活に役立つ記事

哲学的な原理原則も大切ですが、自分が今できることに取り組むという行動はもっと大切です。

婚活に役立つ情報は、下記リンク先の記事で確認して下さい。

結婚相手に求める条件は顔?職業?年収?選び方知ってる?後悔したくなければこれを読むべし!

おすすめの結婚相談所を紹介:ネットの口コミを気にし過ぎてはいけない理由

エルバート・ハバートの名言
「やる気をすっかり無くさない限り失敗は有り得ない。自分の内部から生ずる敗北以外に敗北は存在せず、我々が生まれつき持っている心の弱さ以外には超えられない障害など存在しない。」

カルヴィン・クーリッジの名言
「何か大計画を実行しようとする時、横から口をはさむ者がいても気にしないことにした。『とても無理だ』というのが連中の決まり文句である。私はそういう時こそ努力すべき最善の時だと思っている。」

ご健闘をお祈りいたします。

以上

Pocket