「運命の相手」だと直感が働くようにするために何をすべきか?

草食系男子という言葉が流行っていますが、生まれてから一度も女性と交際したことがない人が増えているそうです。

「彼女が欲しい」と心の中で思っているにもかかわらず、それが実現できないのはナゼでしょうか?

要因を挙げてみましょう。

1)そもそも女性と出逢う機会がない。

中学・高校は男子校、大学は女子の少ない学部、職場は男ばかり。

ブラック企業だから時間もお金も搾取されて生きるのがやっと・・・

こんな環境では男女交際どころではありません。

人生を棒に振らないうちに転職をお勧めします。

【サービス残業の強要】裁量労働制を悪用するブラック企業からは、さっさと転職しよう!

2)出逢いを意識的に作っているがデートに誘えない

合コンとか、同じ趣味のサークルとかに参加するのは良いと思います。

しかし、参加者は結婚再手を探している人とは限りません。

すでに彼氏がいるかもしれません。

参加者が少なければ、運命の出会いに発展する確率は少なくなります。

効率の悪い、遠回りの方法だと思います。

3)デートに誘っても交際に発展しない

第一印象がそんなに悪くない場合、デートの誘いにOKしてくれるかもしれません。

しかし、一回か二回でオシマイで、以後音沙汰なし。彼氏彼女という関係に発展しないケースはよくあります。

相性が悪いだけならば、相性がいい相手に出逢うまで頑張ればいいのです。

しかし、相性云々以前に、女性の扱いが悪かったり、相手の期待を裏切っていることがあります。

あなたの性格、行動、態度、発言が相手を傷つけたり、疲れさせたりしているかもしれません。

ウンザリするような相手、つまらない相手と付き合いたいと思う女性はいません。

「あなたのココが気に入らない」とか言ってくれればいいのですが、言ってくれる人なんていません。

好きでもない相手に対して、自分が悪者になるリスクを冒してまで忠告してくれるハズがないのです。

自分で勝手に気付ければいいのですが、自分のことを自分の力で正しく認識するのはとても難しいものです。

相手からは見える自分の欠点が、自分自身では認識できないのです。

痛い目に遭って、追いつめられて、死ぬほど悩んで、ようやく気付ければ幸運という感じです。

世の中のありとあらゆることを知っているような大学者でも、自分自身のことは知らない、ことも珍しくありません。

人間とは面白い生き物だと思います。

とにかく、デートがうまく行かない原因を自分で認識できなければ改善しようがないので、何回も同じ過ちを繰り返し、進歩せず、次第に無気力になり諦めてしまうことも多いのです。

では、どうすればいいか?

上記1)~3)の障害を乗り越えて彼女(=結婚相手)をゲットするオススメの手段があります。

結婚相談所の「Bridalチューリップ」は、お見合い相手の紹介だけでなく、交際経験に乏しい男性に対してデート練習の機会を提供しています。

幸せが掴める結婚相談所【Bridalチューリップ】



1.5時間のデートを行い、その後、あなたの良い点・悪い点についてフィードバックしてくれるサービスです。

練習相手としての彼女たちと交際はできませんが、実践的なデートの経験をできるだけでなく、専門家からあなたに対して役立つアドバイスをもらえるのです。

どこの結婚相談所でもカウンセラーが常駐していますが、これほどまでに親身になって率直な提言をしてくれるところは思い当たりません。

「真面目過ぎてツマラナイ」「髪型やファッションを変えた方が良い」・・・??

何を言われるのかは人それぞれですが、効率よく改善点を見つけ、それを次回に生かすことができます。

年齢的にも焦っており、なるべく早く彼女(=結婚相手)を見つけたい人にとって心強いサービスと言えましょう。

最後に:

学生時代から社会人になるまで周囲に女性が当たり前のように存在し、女性の扱い方・付き合い方を体で覚えてきた人たちがいます。

こういう百戦錬磨の人にとって当たり前のように身に付いていることが、経験が乏しい人は決定的に欠落している場合があります。

致命的な欠点や勘違いを放置していると、いつまでたっても彼女が見つからず、一生独身で終わるかもしれません。

そういう悲劇を避けるためにも、早めに有効な手を打つ必要があります。

「運命の相手」だと直感が働くようにするためには、多かれ少なかれ訓練が必要なのです。

結婚相談所の「Bridalチューリップ」はあなたにとって力強い味方です。

無料のカウンセリングを受け付けているだけでなく、最初の10日間だけ¥4,320円でサービスを試す制度も用意しています。

どうぞ気軽に下記リンク先をご覧になってください。

幸せが掴める結婚相談所【Bridalチューリップ】



以上

Pocket