【運命の出会い】チャンスを生かすための心構えとは?


お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 (GA文庫)

出会いを生かせるかどうかは、心構えで決まる

彼氏にしろ彼女にしろ、恋人を作るには出会いがなければ始まりません。

出会いがない人もいれば、たくさんの出会いに恵まれている人もいます。

たくさん出会っても、なかなかうまくいかない人もいます。

少ない出会いでもチャンスを生かして、あっさり恋人をつくる人もいます。

イケメンや美人が必ずしも有利なわけでもない.

一体、何が差を生むのか?

恋愛成就のカギは、個人の心構えだと思います。

恋人を作るために必要な心構え(マインドセット)を以下に述べたいと思います。

相手のパーソナリティに関心を示す

趣味の遊び仲間やビジネス上の付き合いは浅い人間関係です。

息抜きやレクリエーション、目先の損得が優先されるからです(もちろん例外はあります)。

自分が楽しいかどうか、自分が得するかどうか、目的を早く達成できるかどうかが重要なのです。

それに比べ、恋愛関係は親密な心の触れ合いを必要とします。

必然的に相手の人柄、つまり、パーソナリティに関心を持たざるを得ません。

パーソナリティに関心を持つとは、主に次の5領域を知ろうとすることです。

身体感覚に関心を示す

「こんな雨の中、傘も差さないでずぶ濡れになったら寒いんじゃないか?風邪ひくぞ」

「もしかして、足をくじいて痛くて歩けないんじゃないか?」

「顔色が悪いです。風邪をひいて熱があるのではないですか?」

こんな風に自分の身体状況を気にしてもらえるのは嬉しいですよね。

思いやりや気遣いを感じるし、今度は逆に、気にしてくれた相手のことに関心を持つことが多いものです。

思考に関心を示す

「一人暮らしをしていれば、家事能力が自然に身に付くと思っていませんか?」

「なんか、変なこと考えてないでしょうね?」

「見られたくないものを隠しておきたいとかないのですか?」

「お前、自分が美人だということを認識しているんだな?」

こんな風に相手の考えを尋ねて知ると、どんな場面でどんなふうに感じたり行動するかを推測しやすくなります。

その結果、相手とスムーズにやり取りをして、居心地のいい状態を作りやすくなるのです。

感情に関心を示す

「私の手料理、本当に美味しそうに食べますね」

「毎日差し入れをくれるのは有難いが、大変じゃないか?」

「これ、プレゼントのぬいぐるみ。可愛いのが好きなんじゃないかなと思って」

こんな風に、自分の感情に関心を持ってもらえるのは嬉しいもの。

異性の感情に無関心な人はモテません。

意図に関心を示す

「ハンドクリームをプレゼントに選んだのはどうしてですか?」

「毎日、差し入れを持ってきてくれるのはナゼだ?」

「どうして勉強を頑張っているのですか?」

こういう質問をされると、こちらにかなり関心を持ってくれているという感じがしますね。

行為に関心を示す

「その素晴らしい料理技術は、どうやって身に付けたの?」

「毎日、コンビニの弁当とか、スーパーの総菜で済ませているのですか?」

「今度のクリスマスは、何か予定があるのか?」

これらは、現在の状況への関心があることを示しています。

***********************

以上述べた5つの領域に関心を持つことが、相手のパーソナリティに関心を持つということです。

関心を持たれた側は、今度は逆に、持ってくれた相手に関心を持つことが多い。

関心を持ってもらえないこともありますが、縁が無かっただけなので、ガッカリする必要はありません。

次に出会った人に関心を示せばOK。

関心を持たれた側も、義理で(返礼の意図で)相手に関心があるフリをする必要はないのです。

無理に関心を持って、ストレスを溜めつつ交流しても長続きしませんから。

ところで、婚活で何十人という人に会いまくっているのに、誰とも仲良くなれない人がいます。

婚活の沼にハマっている人ですね。

こういう人は、相手の表面スペックばかりにこだわり、選り好みをして、少しでも気に入らないとすぐにポイと捨てます。

自分を楽しませてくれるかとか、自分にとって得かどうかにしか関心がなく、自己中に陥っているのです。

これじゃ、恋愛できないのは当然ですよね。

人を好きになるには、相手の人間性の深い領域に入り込むという作業が不可欠だと認識しましょう。

自分の心をどこまで開けるか

自分の素を出すことが重要

恋愛は心と心のふれあいです。

ですから、お互いに自分の素を出すことは必須。

奥手の男女同士が婚活で出会った場合に仲が進展しにくいのは、自分の素を出すことに慣れてないからではないでしょうか。

前項で述べましたが、身体感覚・思考・感情・意図・行為に関する突っ込んだ質問に対して飾り気無くスラスラ答えられる人の方が、他人と親密な関係になり易いでしょう。

自分の素を出せば、自分はこういう人間だということが相手に分かってもらえるので警戒心が薄れ、アプローチしてもらいやすくなります。

素を見せて幻滅される可能性もありますが、早めに判断してもらえれば無駄な交際をする手間が省けます。

下心がなく、ダメ元という精神があれば、相手のご機嫌を取ることもなく、猫もかぶらず、自然体で接することが出来ます。

逆に、初対面で「この人素敵!」とか「何とか独占したい!」とか思ってしまうと、自分の心を素直に開くことが出来ず、ぎこちない会話が続き、お互い気疲れしてフェードアウトというパターンになりがちです。

一目惚れやドキドキ・トキメキにこだわる人が多いですが、程ほどにとどめておいた方がいいでしょう。

さて、自分の素を出し合って関係が親密になっていくと、お互いの生き方や考え方を自分の人生に取り入れるようになります。

その結果、二人の人生がより豊かになり、関係が継続・深化してくのです。

  • 以前は一人で過ごすことが多かったが、仲の良い異性と他愛のない会話を楽しむのが当たり前になった。
  • 相手の手料理を食べる機会が増え、食生活が豊かになり、健康も改善された。
  • 相手の家事力の影響を受け、片付けの行き届いた清潔な環境で生活するようになった。
  • 誕生日やクリスマスなどのイベントをボッチで過ごすのではなく、一緒に楽しむようになった。
  • 相手の友達や家族を紹介され、人間関係が広がった。
  • 勉学など、自分を高めるための努力をしている姿をみて感化された。

上記は例に過ぎませんが、これだけ人生が豊かになると、二人の関係を解消しようとは夢にも思わなくなるでしょう。

自己開示できない時はどうすべきか

人間である以上、自分のすべてを開けっぴろげにできないのは当然です。

一般的に、以下の項目は自己開示をためらうケースが多いようです。

  • 性感情
  • 身体的劣等性
  • 学歴
  • 社会的地位
  • 収入
  • 家庭内の問題

これらの各項目について自分なりの「理想」や「基準」があり、それから外れていると、劣等感を持つようになります。

劣等感があると自己を受容できなくなり、自信を持って自分を出すことが出来ません。

劣等感を払しょくするには、そもそもの原因となっている「基準」や「理想」を修正する必要があります。

例えば、幼少の頃から両親に愛されず、関係も疎遠で、将来的に改善される見込みがない場合、交際相手に紹介することが出来ません。

両親との楽しい思い出がなければ、当然、話すことも出来ません。

「自分は両親から愛されなかった。家族の愛に飢えているし、他の家族を羨ましいと思っている。だけど、だからこそ家族の愛情の大切さがわかるし、自分が家庭を持ったら自分の子供には十二分に愛情を注ぎたい。両親は選べないが、自分の将来は自分で決める」

このような考えを持てるようになれば、交際相手と率直に話し合うことが出来るようになるでしょう。

相手が開示しにくそうにしていたら、無理に問いただすのではなく、温かく見守りつつ待つことも大事。

そういう気遣いや思いやりも、愛情を育てていくうえで必要です。

全てのことに自信を持っている完璧な人間なんていないのですから。

相手との心理的距離をどう取るか

心理的距離と物理的距離は相関がある

お互い初対面であれば、手をつないでデートするのは無理ですし、下の名前で呼ぶのも失礼でしょう。

相思相愛になり、心と心がぴったりくっついた状態であれば、心理的距離はゼロと言えます。

心理的距離がゼロならば、キスもできます。

つまり、心理的距離と物理的距離には相関があるのです。

お互い面識がないのに、いきなり告ることを告白テロと言うそうです。

告白された相手は面食らうでしょう。

お断りするしかありません。

「もっとお互い知り合って、仲良くなってからにしてよ・・」というのが本音。

罰ゲームとか、記念告白みたいな自爆行為は論外ですが、自分はモテると勘違いしている輩はタチが悪い。

「この私に告られれば、どんな奴でも一目ぼれして交際OKするに違いない。断るような奴は愚か者だ・・」

こういうのに限って断られると逆切れし、本性を現すことになります。

告白される相手が女性だったら怖いだけでしょう。

とにかく、心理的距離と物理的距離は相関があるのですから、この原則を無視してはいけません。

恋愛では手間暇をかけて、相手の様子も見ながら、徐々に心理的距離を詰めていき、それに応じて少しずつ物理的距離も縮めていくのが原則。

くれぐれも、手抜きをしないようにしてください。

相手の好感度を計るポイント

恋愛では手間暇をかけて、相手の様子も見ながら、徐々に心理的距離を詰めていく必要があります。

心理的距離、つまり相手がどの程度自分に関心を寄せているのかは、どうやって判断すべきでしょうか?

大きく分けて次の4つの指標があります。

1)話した内容をよく覚えているか?

  • 食べ物の好み
  • 昔世話になっていたお手伝いさんの名前
  • 前回の帰省日や今後の帰省予定など

こんな細かいことを相手がよく覚えていたら、アナタにとても関心を持っているということになります。

2)非言語的表現はどうか?

  • 喋るときはこちらに顔を向けて、目を見て、にこやかな表情か?
  • 連絡をくれる頻度は多いか?
  • 一緒に過ごす頻度や時間を多くしているか?
  • 掃除や料理など、身の回りの世話を楽しそうにしてくれるか?
  • 誕生日に気の利いたプレゼントをくれるか?

社交辞令では何とでも言えますが、行動には人の本音が現れます。

3)自己開示的か?

昔のつらい思い出や、家庭内の問題など、自分のマイナスイメージになりかねない事実を正直に話してくれるならば、あなたはかなり信頼されていることになります。

  • 自分は親から愛されておらず、関係が疎遠だ。
  • 昔、友達と思っていた人に裏切られて、人間不信になった。
  • その他

4)あなたの発言に対して多くの言葉を返してくれるか?

あなたに何の気も無いなら、最悪無視されて、一言も帰ってこないかもしれません。

そもそも、性格が悪く、社会性が欠落した人とはあまり関係を持たない方がいいでしょう。

逆にあなたに話しかけられたのが嬉しくて、それをきっかけとして饒舌に長話を始めるようならば、あなたに好感を持っている証拠です。

以上、1)~4)の指標を基にして、アナタへの好感度を判断すればOK。

現状での好感度に基づいて、親しさの感情表出方法を調整しましょう。

これが、なれなれしく映らないようにするための方法です。

「いちいち人の動きを観察して、自分の言動を調整するなんて面倒だ」と思う人もいるでしょう。

でも、そうした繊細な気遣い訓練をすることで、柔軟性や感受性が鍛えられるのです。

とくに恋愛において柔軟性は最重要の武器です。

受け身ではなく能動的にアプローチしよう

相手との心理的距離を詰めるには、ある程度こちらから積極的にアプローチする必要があります。

いつか王子様が迎えに来てくれると思っているシンデレラ症候群とはオサラバしましょう。

つまらないプライドが邪魔をして女性に愛想良く出来ない男も縁遠くなります。

今は男女関係なく自分から動かなければ、恋愛関係を構築できない時代です。

意中の人とはなるべく多くの時間を同じ場所で過ごせるように工夫しましょう。

その方が、相手とやり取りし相手の気持ちを観察する機会が多くなるからです。

その意中の人が隣のマンションに住んでいて、毎日、訪問してくれて、一緒に過ごせるなら理想ですが、それはラブコメの中の話ですね。

上手に自己主張する

自己主張せずに恋人にはなれない

自己主張とは、自分の意見を相手に分かってもらったうえで、相手を動かそうとすることです。

お互いが能動的に自己主張することで人間関係が形作され、維持発展します。

この原則は恋愛関係にも当てはまります。

恋愛とは心の触れ合いであり、対等に本音を言い合うのが基本。

主従関係は恋愛の本質に反します。

  • 足の踏み場が無いわね。一緒に掃除しましょう。
  • 食事代は折半にしよう。
  • 料理をしてもらう代わりに、皿洗いと買い物は僕にやらせてくれ。
  • 明日は〇〇を食べたい。
  • 具合が悪い時は、遠慮なく言えよ。
  • 両親が挨拶したいそうだから、会ってくれないか?
  • 妬まれるのを避けるため、学校ではお互い話しかけないようにしよう。
  • 髪型を整えれば、もっと素敵になるわよ。
  • 手を繋いでよ。

このようにお互い自己主張を積み重ねていくことで、二人の関係は深まっていきます。

反対に必要な自己主張が出来ずに我慢をしていると、自然に振舞えなくなり、お互いの関係がぎくしゃくします。

ストレスフルな関係が嫌でフェードアウトしたり、ある日突然爆発して関係が終焉することも・・

自己主張がなく受け身の人は、婚活しても相手が見つかりません。

「彼氏(彼女)いない歴=享年」になることを覚悟してください。

適切な自己主張とは?

自己出張の仕方が不適切で、ワガママで幼児的だったりすると、ふられることもあります。

そうならない様、上手に自己主張するためのポイントは以下の4つ。

1)自分にそれを主張するだけの資格があるか?

街中を歩いているだけでやたら目立つ美人であれば、相手の男に対して「髪型くらい整えろ」と要求する資格はありますね。

2)自分の住む社会の文化・価値観の許容範囲内か?

プロポーズまではしてなくても、仲良く付き合っている彼氏彼女の関係であれば、「帰省の時に一緒に来て親に会ってほしい」とお願いするのは許されるでしょう。

3)相手の興味や能力の範囲内か?

相手がインドア派の場合、レジャーや外食に無理に誘うより、自宅でまったりと過ごすことが多くなるでしょう。

4)相手を非難したり劣等性を刺激することにならないか?

相手の家庭環境に問題があると強く推察される場合、無理に「両親と会わせてくれ」とお願いしても困らせるだけでしょう。

1)~4)をまとめると、適切な自己主張かどうかは、現実的かどうかで決まります。

個人的な願望に基づくだけの自己主張は、駄々をこねているだけと同じです。

思い込みを捨てよう

同じ生活圏内で、自分好みの可愛い女の子と知り合ったと仮定します。

「彼女は僕の理想だ。天使だ。お近づきになって仲良くなりたい。他の男に取られる前に独占してしまいたい。僕には彼女しかいない・・」

こんな風に妄想し、強く思い込むかもしれません。

でも、彼女にとってアナタがタイプではなく、かつ、彼女自身が恋愛できる心理状況でない場合は、交際を申し込んでも断られます。

恋愛では、こういう時は潔く身を引いて別の人を探すのが吉。

「この人しかいない・・」という思い込みの元、七転び八起きの精神で試行錯誤をしても恋が実ることはありません。

ストーカー規制法に引っかかって逮捕されるのが関の山。

「相性が悪いんだから仕方がないな」
「恋の準備が出来てないんじゃ、どうしようもない」

このように考えて、気を取り直して、別の良い出会いを見つけましょう。

レッテル貼りをしないこと

「絶世の美人でスタイル抜群。誰にでも愛想よく、学業も優秀で、運動も得意」

こんな女性がいたら天使様とか神様とか崇めて、高嶺の花と思うかもしれません。

きっと自分とは釣り合わないから、諦めますか?

意外にウマが合い、素の彼女はざっくばらんで気さくかもしれません。

ボッチ気味で不愛想な男性を見ると、「きっとコミュ障で冷たい人なんだろうな・・」と思うかもしれません。

でも実際に話してみると意外にしっかりしており、思いやりがあって誰にでも誠実に対応する人だったりします。

人を見かけだけで判断しないこと。

安直なレッテル貼りをしていると、その人のいい部分に気付かず、良いご縁を逃してしまうかもしれません。

計算高い付き合いをするな

「この美少女と付き合えれば、俺の株が上がるな」とか「この子の実家は金持ちだから、付き合っておいて損はないか」とか、自分の損得を考えてアプローチするのは感心できません。

腹黒くて胡散臭いオーラが全開ですから、あからさまに警戒されてしまうでしょう。

心と心の触れ合いという純粋な楽しみを味わうことなんて夢のまた夢。

恋愛したいなら、計算高い考えは脇に置いておきましょう。

それでも婚活の場合は、多少は損得勘定が入り込むのは避けられません。

20代で将来は子供を望む男性が、アラフォー以上の女性を候補にすることは現実的ではありません。

婚活女性が、年収の低過ぎる男性を避けるのも責められません。

結婚とは、生活そのものですから。

それでも、自分の損得勘定はホドホドにすべきだと思います。

なぜか?

自己中丸出しの人は誰にも相手にされないからです。

心と心の触れ合いという恋愛プロセスを経なければ結婚できないのです。

まとめ

この記事では、出会いのチャンスを生かして恋愛成就させるための心構え(マインドセット)について述べてきました。

何かしら参考になりましたでしょうか?

実はこの記事の例示では、下記ラノベのエピソードを取り入れています。


お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 (GA文庫)

このラノベは、二人の男女が徐々に心理的距離を詰めていき仲良くなっていく様が描かれています。

焦れ焦れ甘々の展開がとても癖になりました。

ラノベのラブコメだからといって馬鹿にするべからず。

ラブコメはのラノベは、恋愛も含めた人間の機微を学ぶのに打ってつけです。

このラノベの紹介は下記リンク先に詳しく書かれていますので、読んでみて下さい。

「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件」ラノベのレビュー

参考動画:

お知らせ:

恋愛だけでなく婚活も頑張っているアナタ。

婚活の手段はお決まりですか?

私としては、安心安全な結婚相談所をオススメします。

では、いったいどこの結婚相談所にすればいいのか?

カウンセラーとの相性も含め、結婚相談所選びは最初の関門。

良く分からない人は、とりあえず情報収集から始めてください。

クリック↓↓
簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

参考動画:

どうしても一か所に絞れない人は、とりあえず、オンラインの無料カウンセリングを受けてみるのも手です。

オススメのリンクを下に貼りますので、試しに見てくださいね。
↓↓
本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆


結婚相談所ではなく、どうしてもアプリで婚活したい人は、下記のブライダルネットがオススメ。



結婚相談所が運営管理しているので安心です。

女性もしっかり料金をとられますが、皆が真剣に婚活している場所で頑張って下さい。

良い伴侶に巡り会えることをお祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました