【婚活で悩んでいる人は必読!】自分を変える習慣とは?

自分を変える習慣を身に付けると婚活では有利

学生時代とか若い頃に彼氏彼女を作り、その人と結婚できる人は、人間関係を育てる能力に優れていると思います。

若いながらも試行錯誤しつつ改善を重ね、結婚に必要な社会性を身に付けていると言えましょう。

適齢期になっても彼氏彼女が出来ず、いわゆる婚活をする必要があるということは、何かが欠けていると言わざるを得ません。

もちろん、ただ単に出会いの機会がなかっただけというケースも稀にあります。

でも多くの婚活者は、何かしら自分を変えないと結婚までたどり着くのは難しいと思います。

これは自分の経験からも言えることです。

乗り越えるべき課題は人により千差万別。

育ってきた環境や経験により異なります。

何歳になっても人は変われます。

「二十歳を超えたら人の性格なんか変わらない」というのは言い訳です。

婚活をしながら自分自身を見つめ、外見だけでなく内面を磨けば磨くほど、良い人に出逢える可能性が高まります。

本記事では自分を変える習慣について、その内容を記します。

自分を変える習慣1)猫かぶりをするな

恋愛とは、自立した大人同士の心のふれあいです。

心を通わせるためには、自分を素を出す必要があります。

壁を作り、自分を飾っているうちは恋愛に発展しません。

良い人止まりです。

猫かぶりしていい人を演じ続けても、彼氏彼女は出来ません。

イケメンや美人でもモテません。

「この人何考えてるんだろう・・?」という疑念を抱かせるからです。

恋愛や婚活では、あなたの人間としての良さだけでなく、未熟な部分もさらけ出さざるを得ません。

嫌われるのを恐れないで、自分をさらけ出し、隙を見せ、自然に振舞う習慣を付けましょう。

お互いの欠点を受け入れられるなら、長続きする関係を築くことが出来るはずです。

自分を変える習慣2)被害者ヅラばかりするな

世の中の人全員が素晴らしい環境の中で過ごせるわけではありません。

親から虐待を受け、まともなコミュニケーション能力が身に付かない場合があります。

異性がほとんどいない環境で過ごしたがゆえに、男女交際のイロハすら知らない人もいます(若い時の私とか・・)。

だからと言って、環境のせいにしても何も変わりません。

モテないままの人生が続くだけです。

不遇や不幸を問題意識に変え、人間について学ぶきっかけにすることもできます。

心理学を学べば自分自身と他人について知ることができます

男女交際未経験者が初めてのデートでスマートに振舞うことができないのは当たり前。

出来ない言い訳をするのではなく、楽しいデートをするための準備を念入りにすればいいのです。

そのためのサービスもあります。

経験や知識は時間とお金で補うことができます。

心配は要りません。

自分を変える習慣3)空気に流されるな

雰囲気や空気を読むこと自体は悪いことではありません。

気遣いや忖度が仕事などで潤滑油の役割を果たす場合もありますから。

しかし、自分の考えを何も持たず、他者の指示や考え・雰囲気にすべてを委ねてしまっているのでは人間とはいえません。

周りと同化することで得られる安心感などは動物レベルの幸せでしかありませんし、究極の怠惰とも言えます。

気遣いは大切ですが、やはり自分の頭で考え、自分の責任で決断し行動するという自立心が社会人の条件です。

「親から言われたから婚活する」「周りが結婚し出したから自分も・・・」

こういう考えや態度からは、自立性や主体性が全く感じられません。

何歳くらいから、どんな相手と、どんな結婚生活をしたいのかは、自分で決めるべきことです。

マニュアルも前例もなく、道なき道を自分で切り拓いていくのが婚活。

危機感を持って、「何が何でも結婚してやる」と思いながら婚活すると上手く行きます。

自分を変える習慣4)他人利用し過ぎるな

男女交際をしたくても、自分の周りに異性がいなければどうしようもありません。

そういう環境にいる人が結婚のために利用できるのが結婚相談所。

明確な目的を持っている人だけが集まっているので安心です。

婚活相談所を利用するときには、自分自身の条件や相手に希望する条件を入力する必要があります。

でないと、候補者が多すぎて絞れず、紹介できないからです。

それでも相手の条件を選り好みするのはホドホドにすべきでしょう。

なぜなら、自分の欲望達成のために他人を利用するという邪悪な気持ちが滲み出てくるからです。

そういう人は、アポやお見合いですぐに分かります。

「なんか胡散臭いな」という感じを相手に抱かせます。

「私がいい気分になるよう接待できない人に用はない」と言わんばかりの態度で、簡単に切り捨てます。

選り好みはある程度は仕方がありませんが、度が過ぎると婚活がこじれます

結婚を断念して生涯独身になる人の多くは、謙虚さや感謝の心がない人です。

自分のことしか考えられない人には、苦難の道が用意されていますから、くれぐれも注意してください。

自分を変える習慣5)他者に尽くすこと

幸せになる最も効率の良い方法は、他人に何かを要求することではありません。

人から奪うばかりの人はモテません。

逆に、人に与える人はモテます。

見返りを期待せずに他人に尽くし、人が喜ぶ顔を見るのが嬉しいと思える人が幸せになれるのです。

そういう人の周りに人が集まり、良縁にも恵まれます。

幸せになりたいならば、他者の困りごとを解決するために自分に何ができるだろうか?、と頭を悩ませてください

親切心・気遣い・思いやりを具体的な行動で表すことが大切です。

このように自分の思考を変えれば、善意や思いやりを持った人たちが自然と引き寄せられ、あなたの住む環境は徐々に快適なものに変わっていきます。

「他人への奉仕」を人生の指針としてください。

そういう人は、自分の期待した相手ではなくても悪態をつくことはせず、相手の良い所を見つけようと努力できます。

前向きな婚活をしたい人へ:

この記事では主に、幸せな恋愛や結婚をしたい人向けに、必要な考え方や態度を記しました。

自分を変える習慣が必要なことを理解できたでしょうか?

述べたことは単純な話ばかりなのですが、現実社会の中で継続的に実行するのは簡単とは言えません。

自然には身に付きません。

「忙しい」を言い訳にしないで、時々立ち止まって考える必要があると思います。

是非とも、前向きな気持ちで婚活を進めて頂きたいと思います。

【おまけ】
結婚相談所に関する情報収集したい人は、ここをクリック (無料)。

以上

タイトルとURLをコピーしました