婚活地獄でツラいアラサー女性の打開策とは?

婚活地獄でツラいアラサー女性の相談内容:

YAHOOの知恵袋に投稿されていた相談内容の要約を以下に記します。

***********************

31歳の女性です。

2年前に元カレからプロポーズされましたが、「色々」あって自分からお断りしました。

精神的に落ち込んでいた状態が続きましたが、周囲の人が結婚・出産ラッシュの為、焦り出し、婚活を始めました。

メイクには気を遣い、コンサバファッションが基本です。

結婚相談所、パーティ、合コン、オフ会、イベントなどあらゆる手段を用いて活動しまくりました。

結婚相談所では見かけや収入など気にせず、紹介された人とはすべてお見合いしました。

パーティや合コンでは誘われればデートし、自分から誘うこともしました。

数十人レベル程度の人と会ってきましたが、誰ともうまく行きません。

なんかピンと来なかったり、良いなと思った人は既婚者だったり婚約者が居たり・・

片思いで諦めるしかないと分かっていても、気持ち的に吹っ切れません。

好きな人と結婚したいです。

うまく行っている周囲と比較してしまい、劣等感を感じ、自己嫌悪に陥っています。

毎日ストレスを感じ、しんどいし、孤独感にさいなまされています。

今後どうすればいいのか、優しいアドバイスをお願いいたします。

***********************

元カレと破綻した原因と再発防止策は?

彼女には2年前に婚約者がいましたが、自分の意思でお断りしたそうです。

理由は曖昧で、「色々」としか書かれていません。

無職・借金・暴力・浮気など男性側に原因があれば、別れた後に女性はこんなに悩みません。

心を病むほどに後を引いたということは、女性側にも何らかの原因があり、関係破綻に至ったと考えられます。

それでも自分で原因を追究し納得していれば今後にも生かすことができますし、吹っ切れるハズです。

吹っ切れなかったということは、直視すべき大切なことを無意識下に押し込んでしまったということでしょう。

具体的には分かりませんが、自分の心の弱さに関連する何かだと思います。

それが元で、この女性は同じ過ちを繰り返している可能性があります。

手あたり次第にデートするという行動の理由:

周囲の結婚・出産ラッシュがキッカケとなり焦り出すのは悪い事ではありません。

モテない人とばかりとつるんで、何の危機意識もなく漫然と過ごし、気が付いたらアラサーアラフォー・・という人が非常に多いからです。

危機意識をもって積極的に行動するという点は、見習うべきでしょう。

身元不明の遊び人の巣窟となっている婚活サイトだけでなく、結婚相談所も利用しています。誠に賢明です。

積極的にお見合いやデートに挑むのは良いのですが、気になるのは、外見や年収すら気にせず、手当たり次第にアプローチしていることです。

外見は重要です。生理的嫌悪感を抱くような人とは、一緒に過ごすことすら苦痛です。

結婚とは生活そのものですから、相手男性の年収も気にすべきです。

この相談女性は、結婚生活の目的や具体的なイメージが希薄な印象を受けます。

「好きな人と結婚したい!」と繰り返し述べていますが、これだけでは、自分の個人的な妄想を相手に対して押し付けているに過ぎません。

婚約者のいる男性に片思いし、何とかならないか悩むなんて、現実と妄想の区別が付けられない子供ではないでしょうか?

こういう女性に付きまとわれると、男性は本当に迷惑します。

 自分がときめいて恋心を抱ける相手と出逢うため、条件的なことを無視して、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」を繰り返していたのです。

自分の願望や妄想を満たしてくれる都合の良い男性なんてこの世にいませんから、うまく行かないのは当然です。

地道に愛情を育てるという努力を怠るな!

「私が好きになった相手は、自分も好きになってくれるはず。そして結婚するのが理想」

このようなシンデレラ願望はよく見られますが、仮に恋心が頂点になったときに結婚できたとしても、その後は、気持ちが急降下するだけです。

恋心は勝手に湧き上がるものですが、それゆえ、とても脆いものです。

人を好きになった程度では、人生の荒波は乗り越えられません。

この女性は、本当に男性と交際して愛情を育てた経験があるのでしょうか?

2年前に元カレを別れたそうですが、どんな男性とどんな交流をしてプロポーズされるに至ったのでしょうか?

「最初の出逢いではピンとこなくても、一緒にいて自然に振舞える。共同作業を通して相手の良いところを見つけていき悪い所も受け入れ、体験や感情を共有し、親密度を高める。一緒にいて楽しいから、ずっと一緒にいたい。だから結婚したい。」・・こんな感じならうまく行くでしょう。

時間をかけて、お互いがお互いの足りないところを補い合い、努力して愛情を育て、生涯を一緒に過ごせる相手にしてくのが婚活です。

最初から完成された男性を発見する活動ではないのです。恋の駆け引きが出来るようなスマートな男性はすでに他の女性のものです。

謙虚さもなく思いやりもなく、「気に入らないから、はい次!」という態度では彼氏は一生できません。

自業自得なのに、被害者意識全開で自己憐憫の嵐・・

結婚相談所のカウンセラーだって、サポートする気が失せてしまいます。

こんな女性にプロポーズしてくれた奇特な男性が2年前にいたようですが、彼を振ったのは人生最大の失敗でしょうね。彼ではなく、彼女の方に実力が無かったのです。

不確実性への耐性が乏しいひ弱な人間に恋愛は無理です。

自分の弱さと対峙しつつ婚活をするのは大変ですが、自分を変えながら諦めることなく進んで欲しいと思います。

アナタをサポートする結婚相談所情報:

【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。