スポンサーリンク

運命のパートナーの特徴はトキメキではない理由

運命のパートナーの特徴はトキメキではない理由:

将来の結婚を考える場合、お相手選びをどういう基準で行えばいいと思いますか?

一目惚れやトキメキ・ドキドキを感じる相手と恋愛をして、幸福の頂点で結婚したいと思っていますか?

漫画や映画ならそれでOKですが、現実の世界でその再現を目指すのは間違っています。

レクリエーションの世界と現実は異なるからです。

この記事では、婚活でトキメキを追い求めすぎると幸福な結婚から遠ざかる理由を述べたいと思います。

1)恋心というトキメキは発狂と類似している

恋(ドキドキ)と発狂は異なりますが、類似点はとても多いと思います。

学校・職場・パーティなどで一目惚れをして、ひそかに恋心を抱いて、その気持ちがドンドン大きくなって、目が合うだけで興奮し、話をしていても声が上ずってしまう・・・

こういう経験はとても素敵ですし、もしも告白できれば一生の思い出になるでしょう。

しかし、ドキドキする相手とデート出来たら、そのまま幸せ一直線だと思いますか?

冷静とはいえない緊張・興奮状態では素の自分を出せずに猫を被りますから、相手の人は退屈して疲れてしまうかもしれません。

お互いに素を出して自然に振舞わないと、心の触れ合いはできません。

また、ときめいている状態だと相手の良い所を美化しすぎて、冷静な判断が出来ません。

恋愛や婚活は相手の欠点を受け入れてナンボです。

特定の相手とキチンと付き合ったことがない恋愛初心者は、相手の外見ばかりに惑わされて、内面とか本質を疎かにしがちです。

それはとても危険な行為です。

トキメキという感情は、交際するキッカケの一つくらいに考えるべきでしょう。

2)トキメキは長くても3年以内で終わる

ある特定相手に対するトキメキやドキドキという興奮感情は、長くても3年で終わります。

トキメキが続いている状態で相手の良い所だけを見て勢いで結婚できたとして、その後は大丈夫なのでしょうか?

スポンサーリンク

少し経って冷静さを取り戻し、相手の悪い所が見えてきたらどうしますか?

爽やかな美形で社交的な性格であっても、実は気まぐれで支離滅裂で収入が不安定で浮気性では、安定した結婚生活は無理ですよね。

子供が出来た後では、離婚もしにくくなります。

婚活では、何十年という結婚生活を安定して続けられるかどうかを最重視すべきです。

どうしてもトキメキやドキドキが欲しくなったら、その時だけお金を投じて、ホストクラブやキャバクラで疑似恋愛を楽しめばいいと思います(オススメはしませんが・・)。

3)安定した結婚生活の基礎は愛情である

結婚相手を選ぶ場合に重要なのは、「一緒にいて楽しいこと」「一緒にいて落ち着くこと」「自然に振舞えて素を出せること」です。

一緒に色々なことに取り組み、苦楽を共にして、感情を共有するプロセスが重要です。

お互いのために尽くし合って、お互いを喜ばせることが幸せだと感じられれば、落ち着いた愛情がどんどん育っていきます。

恋やドキドキは薄っぺらですから、何かトラブルがあればすぐに崩壊してしまいますが、長い時間をかけてしっかり育てた愛情はビクともしません。

愛情こそが、長期に渡って仲良し夫婦を続けるための礎なのです。

まとめ:

「トキメキは、交際するキッカケの一つくらいに考えるべき」と書きましたが、最初に出逢った時に、特別にピンとくる相手でなくても構わないと思います。

生理的嫌悪感を感じない相手で悪い印象もないなら、デートに誘うのが正しい選択です。

もし相性が合えば、お互い自然に振舞って安心した楽しい時間を過ごせるはずです。

デートを重ねる中で徐々に愛情は育ってきます。

トキメキに類似した感情が発生するに越したことはないですが、それがなければ別れるなんて、判断が軽率すぎると思います。

この記事を読んでいる人は、是非とも長期的な視野に立って交際相手選びをしてほしいと思います。

アナタをサポートする結婚相談所:









以上

Pocket

投稿者: JUN

中年の男性既婚者。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してます。 英語は独学でTOEIC:950点達成。 通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 自分自身の婚活は失敗ばかりだったけど、このブログでは恋愛・婚活・結婚のノウハウを紹介しています。 基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので、気軽に読んで下さいね。 どうぞよろしくお願い致します。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。