【婚活疲れ・悩みの原因?】男女関係での勘違いとは?本当の恋愛とは何か?

はじめに

好きな人と恋愛関係になって、そして結婚したいという思いは誰でも持つと思います。

しかし、なかなか自分の思う通りに事が運ばない。

悩んで悩んで、婚活に疲れ、挫折している人もいるかもしれません。

そんな人は、もしかして、男女関係の基本的な仕組みや種類が分かっていない可能性があります。

この記事では、婚活中の皆さんにために、男女関係の5類型を説明いたします。

参考文献:「恋愛の心理」(國分康孝著)三笠書房

日常生活を円滑にするための付き合い

1番目が日常生活を円滑にするための付き合いです。

典型的なのは、バレンタインデーの義理チョコです。

これは、言うまでもありませんが、愛の告白ではなく、日ごろ世話になっていることへの感謝表明や人間関係の維持が目的です。

女性にとっては負担かもしれませんが、職場で習慣的に行われている場合もあります。

これは、忘年会や慰安旅行と同じような機能を持っています。

決して無駄ではなく、人間関係がバラバラになるのを防ぎ、協力して目的を達成するために有用なのです。

このような心遣いを「自分に気があるのでは?」と勘違いする人もいます。

勘違いして恥をかかないようにするにはどうすればいいか?

少し時間を置いて様子を見て、追加のアプローチが無ければ脈なしです。

また、こちらからデートに誘っても、いろいろ理由をつけて応じない場合、さっさとあきらめるべきです。

脈がないのに無理に関係を構築しようとしても、労力ばかりがかかり、実りがありません。

仕事上の役割関係

2番目が、仕事上の役割関係です。

職場での出逢いや職場恋愛を選択肢として考えている人は注意すべき問題です。

例えば、職場で親切に報告・連絡・相談し合うのは、お互いの役割・肩書を尊重し、目的を達成させるためであり、相手に恋愛感情を持っているからではありません。

役割関係がスムーズに機能していると、男女で仕事をしている時も、快適で楽しいものです。

しかし、仕事の関係に恋愛感情を持ち込んだらどうなるでしょうか?

嫌われることを恐れて厳しく指導できない、ミスをしたのに甘い点数をつける、えこひいきするなど、職場の機能不全を起こしかねない行為が横行したら、組織の自殺行為です。

昔と比べて、今の職場は、個人的な冠婚葬祭に関知しないところが増えてきました。

欧米のようにドライになってきたともいえますが、公私混同を防ぐという意味では良いと思います。

昭和の時代には、職場の上司が結婚相手を紹介し、結婚式の仲人まで務めるのが普通でした。

もしも、上司の紹介相手を断ったら、以後の職場での人間関係が悪くなり、仕事上の待遇や昇進などに悪影響を与えていたのです。

職場に個人的感情や私事を持ち込むことは、このようにリスクのある行為です。

職場恋愛を考えている人は、仕事上の枠割関係と恋愛関係を臨機応変に使い分ける自信がありますか?

そうでないならば、あまりお勧めできる選択肢ではありません。

遊び・息抜きとしての付き合い

3番目がこれです。

仕事その他でストレスが溢れる時代ですから、遊びで息抜きすることは大切です。

その一時的な息抜きを目的として、男女交際する人がいても不思議ではありません。

同じ趣味のサークルでも、同性しかいないよりも男女ミックスしてる方が楽しいものです。

レクリエーション・遊びですから、表面的な軽い付き合いと言えます。

なかなか異性との出逢いが無くて、ネット上の婚活パーティに応募している人の中に、悪気はなくても遊び目的の人が一定数混じっているのは避けられないことです。

女性の扱いに慣れていて、人当たりが良くて、優しくしてくれる男性だったら、「自分に気がある」と勘違いする女性も出てくるでしょう。

遊び目的の人は、個人の感情や個人的な価値観・情報に関して、濃密なやり取りをしたがりません。

息抜きが目的なのですから当然です。

一時的な息抜きが達成されれば、家に帰った後、出逢った相手のことを思い出すことはありません。

いつまでも恋愛関係や結婚につながらないのは当然なのです。

婚活を真剣にしている人は、息抜きの関係に時間を費やしている余裕はありません。

ダマす結果になってしまう関係

策略家ではなくても、結果として相手をだまし、傷つけてしまう場合があります。これが4番目です。

付き合い始めてしばらくして、自分でもよく認識していなかった心理的な問題があふれ出すのは珍しくありません。

禁欲的過ぎて一緒に何をやっても楽しめないとか、自意識過剰過ぎて自分を出せないとか、・・・

デートをしていてもお互い苦痛でしかないなら、早めに別れた方が良いでしょう。

保護者が子供にするような無条件の愛情、慈善活動を、恋愛感情と勘違いする人もいます。

恋愛は、独立した大人同士の対等な付き合いですから、一方的という時点で見込みはありません。

さっさと見切りをつけましょう。

恋愛らしき行為が、何らかの問題可決手段として用いられている場合もあります。

自分の足りないものを手に入れるためだったり、失恋事実を受け入れるのが怖いから別れたくないとか・・・

自分の都合のために相手を利用するのは、利己的な行為に過ぎません。

人間同士の本音で交流する恋愛

最後の5番目が本物の恋愛です。

人間としての自分を開示し、純粋に好意を示し、本音と本音で交流できる関係、すなわち恋愛には5つの特徴があります。

1)常識や社会通念に縛られない。
恋愛関係にあれば、「デートでは男がおごるべきだ」「男性がデートに誘うべきだ」なんて「常識」にこだわらりません。
女性がお金を出したり、女性から誘っても、自然なことだと感じます。
恋愛関係にあれば、相手の身長・年齢・年収・経歴・職業・肩書などを理由にして別れたりしません。
相手の条件を気にしてもいいですが、気にし過ぎる人は恋愛自体を諦めた方が良いかもしれません。

2)相手に対して自然体でいられる
婚活パーティは全員初対面ですから気を遣うのは当然ですし、2時間もすればグッタリだと思います。
しかし、一日デートしてみてドッと疲れが出るならば、その相手とは自然体で振舞えず、身構えて過ごしていたことになります。
恋愛とは、一日24時間、365日一緒にいても疲れない関係です。
営業スマイルとは無縁です。
気の張る異性関係に陥ってしまうのは、自分のなかに許容できないものがあり、それを隠そうと不自然に饒舌になっているケースもあります。
とにかく、いつまで経ってもホッとする関係を築けないならば、恋愛関係に発展する見込みはないでしょう。

3)駆け引きがない。
恋愛関係には損得勘定が伴いません。ただ、一緒にいられるだけで楽しいのです。
特別お金を掛けなくても、休日に家で一緒にダラダラ過ごすだけでOKなのです。

4)沈黙が苦にならない
相性が合うとは、あまり喋らなくても相手の考えていることが分かるものです。
どんなに愛想がいい相手でも、心がブラックボックスのように感じられると警戒心を解けません。
気を遣ってしまい、沈黙が気まずさの原因となり、取り繕うために何かしようと努力してしまいます。
自然体と程遠いこんな状況が恋愛関係であるハズがありません。
初回のデートは仕方ないと思いますが、いつまで経っても心がくつろげないならば、恋愛には発展しないと思います。

5)お互いに競争心がない
恋愛は、負けず嫌いや競争とは無縁です。
心が触れ合って一体感がありますから、相手の成功や優れた点を素直に喜べます。

最後に

この記事では、男女関係の様々な種類や、本当の恋愛関係の特徴について述べてきました。

人によっては「こんなの常識だ」と言うかもしれません。

人様のことであれば、人間関係を賢く識別できるかもしれません。

しかし、自分自身のことであっても常に冷静に判断できるでしょうか?

自分の全体像を自分で眺められる人間はいません。

客観的に自分のことを見るのは至難の業です。

信頼できる友達やカウンセラーの力を借りれば何とかなるかもしれません。

いすれにしろ、この記事が、恋愛を含む婚活をなるべくスムーズに行い、「理想」の結婚相手に巡り合う手助けになれば幸いです。

結婚相談所サービス比較!厳選10社から自分に合ったサービスを探せます♪

以上

Pocket