結婚できるか不安な人が事態を打開するために読んで欲しい記事

はじめに:

多くの人は、人生の伴侶と思える人に出逢い、幸せな結婚をしたいと願っています。

しかし、自分の思い通りに事が運ぶケースは稀です。

「本当に自分は結婚できるんだろうか?」「生涯独身のままで終わるのではないだろうか?」という不安が頭をよぎることもあるはずです。

この記事では、将来への結婚に向けて展望が開けず悩んでいる人向けに、ケース別の原因と対応策を考えてみました。

異性との出逢いが無いまま時間が過ぎてしまったケース

幼いころから異性との出逢いが無く、デートどころか、恋愛感情すら持たずに過ごしてきた人が少なくありません。

共学でない学校、異性が少ない学部、男ばかり、もしくは女ばかりの職場・・・

原因は色々でしょうが、人類が男と女から構成されている以上、不自然で、ある意味、異常な環境下にずっと居たことになります。

この状態をずっと放置して、男女交際の知識も経験もないまま放置するのは良くありません。

漠然と結婚への憧れや焦りはあっても、今までと異なることに挑戦するのは怖いし抵抗があるから、何も行動せずに来た人は意外に多いものです。

同居している親が「物わかりの良い人」でガミガミ言わなければ、なおさら惰性で時間ばかり過ぎ去っていくでしょう。

ある意味被害者ですが、自業自得とも言えます。

そのうち白馬の王子様が現れたり、素敵な人を紹介してもらえるとでも思っていたのでしょうか?

現実認識の甘さと時代錯誤のひどさを指摘せざるを得ません。

自分の将来設計を自分で行わず、言われたことに素直に従う優等生タイプに目立つケースです。

私の知り合いにも結構います。

自分という人間や、それを取り巻く厳しい現実を直視できない人に、結婚できるかどうか不安がる資格はありません。

もしかしたら、根本的に人間や人間関係に興味がないとか、心的エネルギーに乏しい人なのかもしれません。

もしそうではないなら、何とか事態を打開したいと思っているならば、行動を起こすしかありません。

受け身一辺倒で、消極的過ぎた自分を反省し、何かしら行動に移すべきです。

同居の親が年老いて、介護をしなければならなくなったら結婚どころではなくなります。

実際、そういう人はたくさんいます。

行動を起こすなら年齢的に若ければ若いほど有利です。

一日も無駄にしている余裕はありません。

ドンドン失敗して、たくさん恥をかくかもしれませんが、今後の人生を豊かにするためには避けられないことです。

年を取ってから後悔しても手遅れです。

とりあえず婚活に関する情報収集から始めてください。

あの人が結婚相手を見つけた意外な秘密とは。

30代以上を対象とした会員制クラブ【Private Members Club】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活をしてるけど、良い出逢いが無くて悩んでいるケース

「理想の相手を見つけるべくバリバリ婚活にいそしんでいるが、どうしても条件に合う人がいない。」

「条件はピッタリだけど、相手に選んでもらえない」

「条件が合う人と交際を始めたけど、一緒にいて楽しくない。つまらないだけでなく、苦痛だし、生理的に耐えられない。」

こんな状態が長い間続いて、いわゆる婚活疲れになり、諦めの文字が心に浮かんでいる人は多いと思います。

そもそも条件って何ですか?

最近は、商品の仕様(=Specification)と同様に、スペックという横文字を使うのが流行りのようです。

「相手のスペックは・・・」「自分のスペック・・・」という表現を普通に使えてしまう人は、他人様や自分をモノ扱いすることに抵抗がないのでしょうか?

相手へ敬意を払えず、自分自身にも人間としてのプライドが無いのでしょうか?

もちろん、婚活サイトや結婚相談所を利用する際、条件的なものは入力せざるを得ません。

20歳の人に70歳の人を紹介する訳にはいきませんし、無収入で生活力がない人を紹介したら婚活サービスシステムの信用に関わるからです。

それでも、エゴ丸出しでスペックに異常にこだわるのは控えるべきです。

そういう下品で無教養な態度は、それ自体が幸せを遠ざる原因となります。

自分のことしか考えられない者は苦難の道を歩まねばならず、他人に対しても迷惑を掛けます。

人間のあらゆる失敗は、そういう人たちの間から生まれるのです。

スペックばかりを気にして婚活している人は、自分が賢いつもりでいて、実は相手の人間性にあまり興味がないのではないでしょうか?

人を見る目もないのに、狭い了見と偏見で相手を見下していませんか?

何かしら相手から学ぼう、良いところを探そうという姿勢を持っていますか?

「どんな馬鹿でも、あら探しをしたり、難くせをつけたり、苦情を言ったりできる。そして、たいていの馬鹿がそれをやる」(ベンジャミン・フランクリン)

こういう人は、自分が良いなと思える人と出逢っても、相手にされません。

その人自身の精神レベルが低すぎるからです。

ある人と夫婦になりたかったら、その人と同等の精神レベルにならなければなりません。

自分を変えるのは長期間の努力を要しますが、勇気をもって自分自身と対峙しない限り、レベルアップは不可能です。

相手のスペックばかりを気にして、自分にとっての損得しか気にできない人は、一生変わることは出来ないでしょう。

人生の荒波は、スペックごときで乗り越えられるほど甘くありません。

たとえ年収が平均より高かったとしても、所詮サラリーマンでは組織便りにならざるを得ず、不安定さは免れません。

長い人生で不利な状況に陥っても、お互い思いやりをもって助け合っていける相手を見つけてください。

そして、そういう心構えを身に付けてください。

そうでなければ、結婚する意味がありません。

長く付き合っている人がいるけど結婚に踏み切れないケース

学生時代から異性関係に興味を持ち、不安定な身分ながらも、彼氏彼女づくりを頑張っている人がいます。

どうすれば仲良くなれるのか?どうやって告白しようか?どうやって関係を維持しようか?

若いなりに悩んで、様々な試行錯誤を重ねてきた行動力には敬意を払わざるを得ません。

若い時に恋人関係になるのは良いのですが、その後の将来展望を持たずに、ズルズルと時間を浪費して年齢を重ねてしまうケースが多いようです。

男女とも、一生結婚せずに子供も持たなくていいと思っているなら、そのままの関係を死ぬまで続けてもいいでしょう。

しかし、女性側が子供を持つことを考えているならば、必然的に時間的なリミットを意識せざるを得ません。

人間の生殖能力は年齢の影響を大きく受けるのですから当然です。

男性側が人生設計を主体的に考えようとせず、結婚という社会的責任を面倒くさがっている場合は、中途半端に居心地のいい同棲関係をズルズル続けてしまうと聞きます。

人生という現実を直視できない「子供」は、追いつめられるとか何かきっかけがないと動き出さないものです。

しかし、女性側は悠長に待ってられませんから、期限を区切って、結婚するのか別れるのか選択を迫った方が良いでしょう。

将来展望がない、生産的でない関係をダラダラ続けるのは、人生の貴重な時間の浪費であり、社会的な損失です。

女性である自分が悪者になり冷酷な決断をしなければならないのはツラいと思いますが、避けられないこともあります。

その結果、結婚に至ればいいですが、やむなく別れた時は、気持ちを切り替えて新しい相手を見つけましょう。

その場合、より良い相手と出逢いたければ、自分自身も反省して自分を変える努力をしなければなりません。

何だかんだいっても、長年交際してきたのは、前彼と自分の精神レベルが同じだったからに他なりません。

被害者ヅラに終始していたら、また同じ過ちを繰り返すだけです。

周囲の状況を変えて幸運を呼び込みたかったら、自分を変えるのが一番確実で早道なのです。

あなたは、自分がどんな性格で、どんな長所や欠点を持っているか認識できていますか?

参考リンク:
婚活のスペック診断を気にしてるアナタが見落としていること

まとめ:

いかがでしたか?

将来への結婚に向けて展望が開けず悩んでいる人向けに、ケース別の原因と対応策を述べてきました。

結婚できるか不安に思っている状況には、上記以外にも様々なパターンがあると思います。

不安を払しょくして前に進むには、基本的には行動しかありません。

学校や本などで得た知識は、すべて実践するためのものです。

行動し環境に働きかければ、何かしらの反応が必ず返ってきます。

その反応の内容と原因を分析し、次なる対応行動をどうするか決めるのはアナタです。

「やる気をすっかり無くさない限り失敗はあり得ない。自分の内部から生ずる敗北以外に敗北は存在せず、われわれが生まれつき持っている心の弱さ以外には、越えられない壁など存在しない」(エルバート・ハバート)

以上

Pocket

投稿者: J-IWASAKI

元々、理科系の人間です。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点取得。 このブログでは、恋愛、婚活、転職、英語学習について書くことが多いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です