モテる男女の性格とは?真面目な人が見落としがちな意外な盲点!

はじめに:

男女交際をロクロク経験せずにいい歳になってしまった人は、婚活で悪戦苦闘していることと思います。
(かつての私のように・・・)

お見合いや婚活パーティに何度挑戦しても彼氏彼女ができず、デートにすら誘えないのではイヤになってしまいますよね?

異性と仲良しになれない人は何かが足りないのです。

この記事では、男女交際で見逃しがちな意外な盲点を挙げていきます。

自信が自然に滲み出ているか?

身なりは、生理的嫌悪感を抱かせない清潔さを心掛けていればOK。

しゃべりは、相手に聞こえる声で、社会人としての最低限の礼儀が出来ていれば、とりあえずOK。

ルックスやトークの好みは相手により千差万別なのですから、技術を磨くのは程々でいいのです。

それでは、全ての異性に絶対拒否されてしまう条件とは何か?

しれは、自分に自信がないことです。

自分に自信がない人は絶対にモテません。

貧乏神をパートナーにしたい人は、この世にいないからです。

天下無敵の本当の自信がついてから自信ありげに振舞うのでは何年先になるか分かりません。

自分が欠点だらけの人間であることを認識しつつ、ワザと自信ありげに振舞いましょう。

自虐ネタで自分を卑下していた時と異なり、相手の反応が異なってくるはずです。

そうやって小さな成功を積み重ねれば、本当に自信が付いてきます。

中身は空っぽなのに、いかにも自分は優秀であるかのように振舞っている政治家たちを見てください。

彼らのふてぶてしさを少しだけ見習ってください。

周りの空気を読むのもホドホドにしましょう。

飾らないで素の自分を見せること:

猫かぶりして良い人を演じている限り、誰とも親しくなれません。

初対面では好印象を残せますが、気を遣い過ぎていい人ぶっていると相手は直ぐに退屈になります。

最終的には、どうでもいい人に成り下がってしまいます。

自分が自然に振舞えて、一緒にいて楽な気持ちになれなければデートしてても楽しくないし、結婚もできないのです。

自分を飾るなんて婚活では無意味・無駄ですから、最初から素の自分を見せましょう。

非の打ちどころのない優等生よりも、無礼なワガママの方が、まだ望みがあります。

振られても自分の価値が否定されたわけではなく、単に性格が合わないだけなのですから、気にせず次に行きましょう。

隙があった方がよい:

男女交際においては、何の隙も無く完璧に振舞う必要はありません。

そういう職場モードは会社の上司には歓迎されるでしょうが、恋人候補としては赤点です。

「この人はしっかりしているし、別に自分が一緒にいなくても逞しく生きていけるんじゃないか?」という印象を与えると、異性は引いてしまうものです。

隙があった方が親しみが湧きますし、同じ人間として安心できるし、一緒に人生を歩んでいこうという気になるものです。

相手の失敗やミスを絶対に許さないなんて態度は依存心が強すぎる証拠ですから、そんな人とはさっさとお別れすべきです。

所詮、人間なんて欠陥だらけの生き物なのですから、肩の力を抜いて男女交際を楽しみましょう。

まとめ:

モテる人になるためのポイントをいくつか述べてきました。

何か参考になることはあったでしょうか?

学校の勉強とも職場での常識とも異なりますから、なかなか難しいですよね?

こういうテクニックは意外に知らない人が多いものです。

親切に指摘してくれる人は稀です。

試行錯誤の中から自分で気付くのも悪くないですが、時間がかかり過ぎて結婚できない年齢になりかねません。

アラサーアラフォーで一刻も早く結婚したい人は悠長なことをやってられないでしょうから、この記事も参考にして粘り強く行動なさってください。

30代以上を対象とした会員制クラブ【Private Members Club】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

以上

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です