「離婚する男の特徴」を理解すれば不幸な結婚を防ぎやすくなる!

はじめに

結婚したいと思っている女性ならば、誰でも良い相手を見つけようと努力するのが普通です。

良い相手と結婚して楽しい家庭を築き、その状態を生涯維持したいと思うのが当然でしょう。

女性本人の資質も大切ですが、それに劣らず、どういう男性を選ぶかで結果は大きく左右されます。

悲惨な結果をもたらしやすい男性とは、どんな特徴を持っているのでしょうか?

女性との付き合いはおろか、基本的な人間関係構築が困難で、社会から排除されやすい人というのは確かに存在します。

サイコパス(英: psychopath)とは反社会的人格をもつ精神病質者を表す言葉です。

犯罪心理学者のロバート・D・ヘアは、サイコパスを以下のように定義しています。

・良心が異常に欠如している
・他者に冷淡で共感しない
・慢性的に平然と嘘をつく
・行動に対する責任が全く取れない
・罪悪感が皆無
・自尊心が過大で自己中心的
・口が達者で表面は魅力的

サイコパスは一般庶民だけでなく、政治家・官僚・大企業経営者など社会的地位が高い人間の中にも多数存在します。

サイコパスの特徴を、以下に説明しましょう。

良心が異常に欠如している

良心の呵責というものを感じれば、自制心が働きます。

良心が欠如していると暴走が起こりやすく、周囲を唖然させる発言や行動が簡単にできてしまいます。

思考停止状態なので、人を肩書だけで判断する傾向があります。

権力に簡単におもねったり、場の空気に流されやすい人は、犯罪にも手を染めやすいものです。

他者に冷淡で共感しない

共感能力が無い者には、思いやりもありません。

他者がどう感じるか、どのように考えているか想像する力も姿勢もないので、差別発言も平気で出来てしまいます。

批判されても悪びれる様子が無く、無視を決め込みます。

悪事を見て見ぬふりをする人、徹底して傍観者でいられる人も同類です。

慢性的に平然と嘘をつく

他者に迷惑がかかろうとも、自分を守るための嘘を平気でつける人がいます。

しかも、それが習慣になっていて、まるで、息を吐くように嘘をつけてしまうのです。

「嘘も方便」の嘘ではありません。

他人を守るための嘘ではありません。

犯罪的な嘘は必ずどこかで矛盾を生みますので、嘘に嘘を重ねることになります。

悪質な嘘をつくのが上手くて、それが評価されて出世する人もたくさんいます。

そういう人は、他人を踏み台にして「成功」していると言えますが、本質的には不安定さを抱えています。

「嘘は泥棒の始まり」の泥棒と思って間違いありません。

行動に対する責任が全く取れない

会社の上役のご機嫌取りのために「任せてください!」と安請け合いするのはいいですが、帰ったら部下に案件を丸投げするだけで、自分は何も悩まない者がいます。

自分の判断で悪い結果が起こったのに、その責任を部下になすりつけて、自分は平然としていられる人もいます。

「何かあったら自分が責任をとる!」とカッコいい発言をしても、行動が全く伴わないケースもあります。

忘却能力に優れているのか、そもそも基本的な国語力がないのか・・・

何かトラブルが起こったら逃げ出したり、言い訳ばかりされては、周囲の人間は迷惑千万ですね。

罪悪感が皆無

自分の過失で大事故を起こし、多数の犠牲者が出たにもかかわらず、逃げ回ってばかりで、見苦しい言い訳に終始する大企業経営者。

公的な文書を官僚に改ざんさせて、国会でも嘘の答弁を繰り返し、民主主義制度の根幹を揺るがしても平然としていられる政治家。

その政治家たちの醜態を報道せず、提灯記事ばかりを書いて主権者の判断を誤らせても、罪悪感を感じないマスコミ幹部。

社会的影響度は小さくても、似たような事例を自分の周囲で見かけませんか?

自尊心が過大で自己中心的

人は、大なり小なり自尊心を持っています。

地道な努力をして実力や実績を重ねた人が自尊心を持つのは当然です。

本当に実力のある人は、プライドを表に出しません。

静かな自信を内に秘めています。

誤解されたり侮辱されても、冷静に対処できます。

必要に応じて自分を殺し、他者や組織のために尽力することができます。

自信とプライドに裏打ちされた、心の余裕の成せる技です。

薄っぺらな実力しかない人は、見栄っ張りの甘えん坊です。

従って、少し間違いを指摘されただけで冷静さを失い、激昂してしまうこともあります。

気持ちに余裕がないんですね。

自分のやりたいことを自分のやり方で実行することには興味があっても、周囲の都合までは考えられない人は自己中心的だと言えます。

ちっぽけでつまらない人間が、途方もなく大きなプライドを持っている様は、社会的害悪と言えます。

口が達者で表面は魅力的

無口で、朴訥で、不器用で、ダサくて、コミュ障の男性にウンザリしている女性は多いと思います。

では、しゃべるのが上手くてイケメンでセンス抜群ならば信用できますか?

反社会的な人格障害を持つ者の多くは、口が達者で表面上はとても魅力的です。

だからこそタチが悪いと言えます。

表面を取り繕う技術によって、不安定さを隠し、ある程度の社会的成功を可能にしています。

上っ面にダマされないで、うさん臭さを見抜く眼力を持ちたいものです。

まとめ

離婚する男性が全員サイコパスという訳ではありません。

女性側に原因があったり、性格の不一致ということもあり得るでしょう。

この記事で言いたいのは、サイコパスの特徴を事前に掴んでおくことで最悪の選択を防ぎやすくなる、ということです。

世間一般で聡明と思われている女性でも、結婚で判断を誤る可能性はあります。

年齢的に焦るとか、狭い選択肢の中で無理にガマンするとか、周囲からのプレッシャーが強くて冷静さを失ったとか・・・

高スペックであっても反社会的な人格を持っている人と一緒になったら悲劇です。

一生後悔する選択をしないために、この記事が何かしらお役に立てば幸いです。

【婚活費用比較君】

全く新しい結婚情報サービスはパートナーエージェント

以上

Pocket