婚活デート1回目~2回目を乗り超える方法

男女の婚姻関係が家同士の話し合いで決まっていた明治時代は、結婚式の当日に初めて伴侶になる人に会うなんてこともあったそうです。

でも、人権思想が浸透した戦後以降は自由恋愛が認められており、結婚相手は本人同士の意志で決められます。

それに伴い、成婚に至るまでのプロセスも長く複雑なものになりました。

デートというイベントは、その代表的なものです。

どんなハイスペックな人でもデートを経ずして結婚はできないのです。

この記事では、婚活におけるデートの初期段階を上手く乗り越えられない男性向けに、アドバイス的な事が書いてあります。

以下、参考にしてください。

婚活デートの準備段階1)

外見を良くしよう:

「オレはイケメンじゃないから・・・」なんて諦めてはいけません。

髪型を洗練することで、ガラッと印象が変わります。

ぜひ、美容院でカッコいい髪型にしてもらいましょう。

美容師の専門知識を活用するのです。

ひげを生やしていけないことはありませんが、清潔感を失わないことが前提です。

さらに、歯医者で定期検診をしてもらい歯石を取ってもらいましょう。

口臭チェックをしてくれる歯医者さんもあります。

スーツはヨレヨレのものではなく、似合うものをデパートで新調しましょう。

値が張る店で購入する方が、店員さんの適切なアドバイスを受けやすいです。

靴はピカピカに磨くなり、新規に購入しましょう。

女性は足元を結構気にします。

また、だらしなく太っている男性は死に物狂いで痩せるべきです。

その努力が体形だけでなく、顔つきを締まらせることにもつながります。

とにかく、清潔で爽やかで若々しい第一印象を与えることを意識しましょう。

この第一関門をクリアできなかったら、アナタの素晴らしい内面にも興味を持ってもらえません。

「男は外見じゃなくて中身で勝負だ!」なんてイキがってないで、素直に外見の悪い所を直しましょう。

特に生理的嫌悪感を抱かれたら、女性は二度と心を開いてくれません。

せっかくの出会いのチャンスを逃してしまうなんて勿体ないです。

内面と違って、お金と時間を書ければ簡単に治せるんですから、即実行しましょう。

結婚相談所であれば、カウンセラーにも遠慮なくアドバイスを求めて、徹底的な対策をすべきです。

お見合い、デート、パーティ・・

さまざまなシチュエーションで、女性の反応が全く異なることに気づくことでしょう。

下記リンク先の記事も参考にしてください。
↓↓
おしゃれな服装(メンズ)をスタイリストに提案してもらうには?

営業マインドを発揮しよう:

お見合いでは営業マインド、すなわち、おもてなしの心が大切です。

もしかしたら、一回会ってオシマイかもしれませんが、それでも相手に楽しく過ごして欲しいと思う心を持ちましょう。

あまり人と接しない職種の人は、普段、不愛想で過ごしているのかもしれませんが、その悪い癖をお見合いの場に持ち込んではいけません。

爽やかな自然な笑顔を鏡の前で練習して本番に臨み、相手に心を開いてもらうのです。

抵抗があるかもしれませんが女性の目をしっかり見つめて、話を真剣に聞かねばなりません。

話を聞いたら、やや大げさな相槌を打って、共感することが大切です。

さらに女性に気分良く話してもらうために、気の利いた関連質問をしましょう。

気の利いたというのは、相手が「よくぞ聞いてくれた!」と思う筆問です。

アナタが興味をもっている内容かどうかなんて、どうでもいいのです。

たとえ興味なくても、興味を持っているように振舞わなければなりません。

ところで、テレビで「バチェラージャパン」という婚活サバイバル番組があるのを知っていますか?

イケメンのハイスペック男性を20人以上の美女が奪い合うという企画ですが、見ていてとても面白いと感じました。

そこに登場するイケメン男性ですら、外見に細心の注意を払い、ホストとして女性に最上級のもてなしをしていました。

この男性の態度や行動は、世のモテない男性にとって参考になると思います。

言葉では表現しにくいのですが、映像を見て、是非とも真似して欲しいと思います。

会話シミュレーション:

デートの経験不足を補うのに有効な方法は、頭の中でのイメージトレーニングをすることです。

行動の経過を詳細にイメージし、会話のシミュレーションも行います。

女性とロクロク喋ったこともない人が、ぶっつけ本番でデートしてうまく行くと思いますか?

自爆したくなかったら、可能な限りイメージトレーニングを繰り返しましょう。

デート中に臨機応変な対応ができるかどうかは、イメージトレーニングの質と量で決まります(仕事でも想定問答を準備することがありますよね)。

実際には全てイメージ通りには進みませんが、準備を入念に行った人の熱意は確実に相手に伝わります。

最終的に、「私のことを大切に思ってくれている」という印象を与えられればOKです。

結婚相談所では、デートの練習サービスというオプションを用意しているところもあります。

実際に若い女性と1~2時間デートして、後日、良し悪しや改善点を具体的にフィードバックしてもらえます。

なかなか、素敵なサービスだと思いませんか?

詳しくは下リンク先をご覧ください。
↓↓
働き盛りの男性のための結婚相談所。
現在女性割合が6割強となっており男性のお客様の成果が生まれやすい状況です【結婚相談所Bridalチューリップ】

婚活デートの準備段階2)お見合い

高級喫茶でスマートにご馳走すること:

お見合い場所は高級な雰囲気が漂う静かな場所を選びましょう。

「あなたのために特別な空間を用意しました」という姿勢を示すのです。

「アナタは特別な人だし、アナタに会えてとても嬉しいです」という気持ちを具体的な事実で示すのです。

女性は特別扱いされると嬉しい気持ちになります。

決してご機嫌取りをするのが目的ではありません。

女性というのはそういう生き物であり、そうするのが最低限のマナーです。

イケメンのモテモテ高スペック男性でもそうしています。

アナタがイケメンでないならば、なおさら、この原則は守らねばなりません。

なお、スマートに支払いを済ませて全額御馳走するのは当然です。

「○○円だけ出してください」なんて無様なことを口にする男性は一生モテずに終わります。

甲斐性がなくケチな男性は、女性から相手にされないのです。

心構え:

初対面なんだから緊張感があるのは当たり前です。

「これから会う人は、将来、自分の奥さんになるかもしれない」という期待に胸を膨らませます。

「こんな俺と出逢える女性はラッキーだな」という自信を内に秘めつつ微笑みます。

「もしかしたら交際には至らないかもしれないけど、せめてこの場では楽しんでもらいたい」というホスト精神を男性は持つべきです。

挨拶:

女性とあいさつする時は目をそらしてはいけません。

自分の名を言うときは、相手の心に染み入るように声を出します。

女性が自分の名前を名乗った後、男性がそれを繰り返して言うと効果的です。

相手に興味を持っていることを示せるからです。

相手女性が気合の入った服装をしてきたら、「良く似合いますね」と褒めましょう。敬意を表すためです。

女性に着席を促し、その後で自分が座ります。

自分が大切にされていると実感できれば、大切にしてくれる相手に好意を持ちます。

「お会いできるのを楽しみにしていました」というフレーズも効果的です。

会話での注意事項:

アナタは、女性に嫌がられる会話をしていませんか?

好かれる以前に、まずは嫌われない会話を心がけましょう。

まず、「最近どう?」とか漠然とした質問はNGです。

職場で関係を維持することが目的なら、「最近どう?」は軽いあいさつ代わりとして許されますが、仲良くなることが目的の婚活デートで、曖昧過ぎる質問は避けるべきです。

どう答えればいいか分からない質問をして相手女性を惑わせると、「コイツとは会話不能だ」と判断されかねません。

また、何の脈略もない突拍子もない質問もNGです。

例えば、相手のプロフィールに語学系の記述が全くないのに、「○○さんは英語学習してるの?」とか質問しても「別にしてません」で会話は終了します。

「この人、何の目的でそんなこと訊くんだろう?」と訝しく思われます。

何の発展性もない無意味な質問はシラケるだけですからやめましょう。

さらに、恋愛遍歴に関する質問もNGです。

「○○さんは、婚活で何人とデートしたの?」
「それ以前は彼氏はいたの?」
「告白されたことはある?」
「何が原因で別れたの?」
「なんで、この年まで結婚できなかったの?」・・・

こんな無神経を絵に描いたような質問をしたら、自動的に交際終了になることを覚悟しましょう。私も昔、この手の質問をガンガンぶつけてくる無神経女とお見合いしたことがありますが、「一刻も早く立ち去りたい」と思いました。職場なら完全にセクハラです。

それでは、女性から好かれる質問とは何でしょうか?

ズバリ、「よくぞ訊いてくれた!」と喜ばれるような質問です。

相手のプロフィールや身なり・雰囲気から察して、「この人はこう言うことに興味を持っているんだな」と見抜ければベスト。

いきなり見抜くのが難しい場合は、プロフィール欄の仕事や趣味の内容に関する質問をしつつ、興味関心のありかを探りましょう。

こちらからの一言の問いかけに対して饒舌に喋り出したら、それは間違いなく「よくぞ訊いてくれた!」という意思表示です。

相手女性のことをよく知るチャンスだと言えましょう。

会話は男性がリードするよう心がけましょう。

気の利いた質問→相槌→共感→自分の経験→関連質問→・・の繰り返しでOKです。

専門用語や俗語は避け、誰にでもわかる言葉で分かりやすくしゃべりましょう。

自分の失敗談を面白く伝えられれば好感度がアップします。

心に余裕があり、知性と教養がある男性だと評価してもらえます。

くれぐれも、仕事上の自慢話や人の悪口はしないでくださいね。

自爆行為ですから。

仕草や行動で好意を伝える方法:

仕草や行動で相手に好意を伝えるテクニックとしては、以下を押さえておきましょう。

  1. ささやいて相手の心に沁み込むような声でゆっくりと話す。甲高い早口はNG
  2. 話の内容と顔の表情(喜怒哀楽)を一致させること。嬉しい話は嬉しそうな顔で、悲しい話は悲しそうな表情で。
  3. 会話をするときは、原則、相手の目を見ましょう。抵抗があるかもしれませんが頑張って!
  4. 状況にあった清潔感のある服装を心がける。
  5. 立ち居振る舞いは接客業の心構えで行い、相手には快適に過ごしてもらう。気遣いや思いやりを形で表すこと。
  6. 「アナタと一緒に過ごす時間が一番大切です」という姿勢を示す。デート中かかってきた電話は出ないか、短めで切り上げる。

初デートに誘う:

お見合の目的は、また会いたいと思ってもらうことです。

一緒にいて楽しいと思ってもらえたら成功です。

感触が良ければ、初デートに誘ってください。

場所や日時をその場で決めてもOK。

自分は人見知りだ奥手だなんて言い訳は無用。

ガンガン攻めていきましょう。

婚活デート1回目での注意点:

店の予約

レストランは必ず現地を下見して、ゆったりした静かな雰囲気か、食事は美味しいかなどを確認した後に予約しましょう。

初デートで対面席に抵抗があるならカウンター席にする手もあります。

子供がギャーギャー騒ぐファミレスは論外です。

ホテルのランチコースなら無難でしょう。

割り勘なんてアホなことを言ってないで、男性がスマートに御馳走してくださいね。

学生じゃないんですから・・

食事での気遣い:

一般的に女性の方が体が小さいため、男性よりは食が細く、また、食べる速度も遅いことが多いものです。

コース料理や定食で同じものを頼んだ場合、男性が満腹になるように量が設定されていますから、「全部食べなきゃいけない」とプレッシャーに感じる女性もいるのです。

食事デートでの食べる速度は。男性が女性に合わせてあげましょう。

無用なプレッシャーを軽減することが出来ます。

それでも女性の箸が止まったりツラそうな印象を受けたら、簡単な声掛けをしましょう。

「食べれなければ残してもいいよ」とか「それ、食べないなら僕に頂戴♡」とか笑顔で言える男性は少数派なので、アナタの優しさをアピールするチャンスです。

私は昔、大食漢の女性とデートしたことがありますが、その時はホテルのバイキングランチを利用しました。私がお腹いっぱいで食休みしているのに、相手女性は平気でお代わりをしている状態でした。まあ、こういう例は珍しいでしょうね。

最後ですが、アナタは店を出るとき店員さんに「ごちそうさま」と笑顔で言えますか?

言えるなら、「快適な場所で美味しい料理を提供してくれて有難う」という気持ちがある証拠です。

「オレが金を払ってるんだから、食事を提供されて当たり前だ」と思っている人は、ふんぞり返って無言で店を後にするでしょう。

前者は、自分の社会的立場を客観視できるだけの視野を持ち、人間に対する気遣いや配慮ができる人です。

後者は、目先の自分の損得や感情にしか興味がない自己中人間です。他者への思いやりに欠けると判断して良いでしょう。

女性に好印象を持たれてデートが成功するモテ男がどちらかは分かりますよね?

映画デートはやめておこう:

初デートで映画は選択しない方がいいでしょう。

映画上映中は、何の会話も出来ません。

偶然、その映画が好きな者同士なら、映画を観終わった後に盛り上がることが出来るでしょうが、そうでないなら映画の内容の感想を言い合って楽しくなることは少ないものです。

映画自体にも当たりはずれがあります。

映画デートを全否定しませんが、安定した交際をするようになってからの方がいいでしょう。

映画よりも、美術館や博物館の方がオススメです。

展示物を見ながら、その場で楽しみながら会話することが可能ですから。

もちろん、二人とも興味ある内容であることが前提です。

2回目以降のデートに誘う:

結婚相談所のお見合いや、そこが主催している婚活パーティで出逢った場合、相手の身元・基本的な条件や結婚の意思は確認済です。

学校や職場などでの出会いと違って話が早いですね。

第一印象さえOKならば、デートの誘いは大抵受け入れてもらえます。

(ここででいうデートとは、短時間の食事ではなく、半日か丸一日くらい一緒にいるという本格デートのことです)

そして1回目のデート終了時に、最低限、お互いに次の項目を満たしているから、2回目のデートに誘いましょう。

  • 一緒にいても苦痛でなく、自然でいられる。
  • 余り警戒せずに自然に話せる。
  • それなりに楽しい。
  • もっと、相手のことを知りたい。

婚活デート2回目での注意点:

ドライブデートをするときの注意点:

首都圏なら電車移動が便利でしょうが、地方では車がないと生活できません。

デートの目的地だって公共交通機関の最寄とは限りません。

車を使い慣れている男性ならば、デートに誘って一緒にドライブを楽しむというのも自然な発想でしょう。

しかし、いきなり移動時間が長いデートは問題です。

長時間密室で二人きりのドライブに誘われるのは、女性からすると怖さを感じますし、気疲れもします。

移動は合計一時間程度で済むように努力しましょう。

もしも長距離・長時間ドライブをするのであれば、1時間に1回は休憩が取れるように男性が配慮をしてください。

女性はお手洗いのことを言い出しにくいものですから。

車内でかける音楽も重要です。

私は日常的にハードロックのCDを車内に置ているのですが、こういう好き嫌いが分かれる分野は避けて、万人受けしそうな人気のJ-ポップなどにするのが無難でしょう。

彼女の好きなCDを持参してもらってもOKです。

また、ドライブインのゴミゴミしたところでファストフードのような粗末な食事をするのも最悪です。

家族連れのレジャーではなくデートなのですから、美味しいものをゆっくり楽しめるところを選びましょう。

ここでも事前のリサーチが重要になってきます。

脈ありか判断するためのポイント:

一生懸命アプローチして、デートをして、お互いが楽しく自然に振舞えるならば、将来的にいい関係に発展すると思います。

お互いが確信を持っていれば、その調子で交際を続けましょう。

しかし、このまま交際を続けるべきか、距離を取るべきか判断がしにくい場合もあると思います。

別れた後で後悔しないためにも、次に挙げるチェックポイントを確認してみてください。

  1. 相手は、聞かれたことに対してたくさん答えてくれるか?ボソっと答えるだけなら心を開いていない証拠。
  2. リラックスしているか?敬語でかしこまっていたら他人の関係。ため口で冗談も言えるなら脈あり。
  3. 相手が普通は話さない秘密を教えてくれるなら信用してくれていると思ってよい。
  4. 高価でないカジュアルなプレゼントを気軽にくれるなら身内扱い。見栄も張らず、心情表現がストレートであることを示している。
  5. こちらの食べ物の好みや行動習慣をよく覚えているなら関心をもってくれている証拠。
  6. こちらが話した内容をよく覚えているか?覚えているなら、こちらに興味があり熱意をもって聞いてくれていることになる。
  7. 嫉妬心や独占欲を行動・態度で示しているか?例えば、ほかの異性と話していると、ムッとされるなら脈あり。
  8. デートのために時間のやりくりを積極的にしてくれるか?「忙しいからその日はダメ」だけで終わってしまい代替案も出さないなら熱意がないと思ってよい。

2回目のデートが上手く行ったら告白しよう:

お互い無理せずに自分の素を出した状態で、2回目のデートも楽しく過ごせたならば、結婚を目指して一緒に愛情を育てる土壌が出来たはず。

今の結婚相談所は二股交際が可能ですが、相手女性に自分だけを見てもらうために告白をしましょう。

「あなたのことが好きです。これからは結婚を前提として付き合ってください」と言えれば、とりあえずOKでしょう。

自分のことを強く意識してもらうと同時に、他の人とのお見合いやデートをやめてもらうことになります。

実際に婚活をしてみれば分かりますが、ここまでたどり着くのは大変です。

何人も、場合によっては何十人もの出逢いを繰り返し、振り振られを体験しないと告白のステージにはいけないのです。

3回以上デートしたいと思える人に出会えたというのは、とてもラッキーなことであり、有難い偶然だと思うべきです。

婚活デート1~2回目でありがちな失敗とは?

アラサーやアラフォーになってもデート失敗続きの男性は多いです。

どうしても2回目、3回目のデートにつながらず、初回で敗退しているアナタは、何かを勘違いしているのかもしれません。

身なりは清潔で口臭も大丈夫ですか?

安い喫茶店で割り勘なんてしてませんよね?

それでも振られっぱなしなら、下記のようなNG行動をしている可能性があります。

いきなり「下の名前+ちゃん」付けで呼ぶ

断りもなくいきなり、「○○ちゃん」と呼んでませんか?

女性からしたら、「私はキャバクラ嬢じゃない!」と怒るのは当然です。

良く知りもしない、好感を抱く以前の段階なのに下の名前で呼ばれたら、馬鹿にされているのも同じです。

仕事の商談で、相手の女性営業スタッフに対して、いきなり「○○ちゃん」と呼びますか?

婚活でも同じです。

社会人としての常識を疑われます。

デートをして親しくなって脈ありだと確信できた後に「○○ちゃん」と呼んでいいか確認しましょう。

女性の一人暮らしの部屋に行こうとする:

力の弱い女性にとって、腕力に勝る男性は怖い存在です。

初対面同然なのに、いきなり一人暮らしの家に迎えに来られるのは怖いものです。

初デートは、どこか別の場所で待ち合わせするのが原則。

初デートの時に、何か口実を作って「自宅に行っても良いか?」なんて訊くのもNGです。

図々しいですし、「体狙いか?」と疑われてしまいますよ。

相手女性の話を聞かない:

女性は、男性に自分の話を聞いて欲しいと思っています。

別に解決策やアドバイスは要らないから、とにかく聞いて、理解して、共感して欲しいのです。

男にとっては重労働かもしれませんが、結婚したいなら避けられません。

デート中にもかかわらず女性の話を途中で遮るなど言語道断。

男の義務を放棄しているに等しい行為です。

「あなたと結婚する気はない」と宣言しているのと同じです。

くれぐれも女性の話は遮らず、興味をもって真剣に耳を傾けましょう。

自慢話ばかりする:

私の職場にもこういうアホな男がいます。

ホントかどうか確認しようもない下らない自慢話を延々としゃべり続けるのはバカとしか言いようがありません。

聞かされる方は苦痛でしかないのです。

一流企業で、50歳を超えた管理職の中にも、そういう輩がいます。

自慢話は、実力も自信もないことを白状しているのと同じ。

そういう者は例外なく、部下や同僚から陰口を叩かれています。

きっと、家族からも相手にされていないのでしょう。

この救いようのないアホと同じことを、こともあろうに初デートの場で実行している人がいるそうです。

身に覚えがある人はすぐに止めましょう。

なお前述の通り、自分の失敗談を面白おかしく話すのはOKです。

きっと信頼され、教養のある人間だと思ってもらえるでしょう。

元カノの話をする:

あなたは、付き合ってる女性が元彼の話をしたら気分がいいですか?

不愉快千万ですよね。

その不愉快な元カノ話を、こともあろうに初デートの場で披露する馬鹿男がいるそうです。

「オレは年は食っているけど、もともとモテるんだぜ」と自慢したいのでしょうか?

とにかく、相手の神経を逆なでするような思いやりのないKY発言はやめましょう。

逆に、相手の恋愛遍歴を聞き出そうとするのも御法度です。

ツライ経験を思い出させてしまう可能性がありますからね。

料理など家事能力をあからさまにチェックしようとする:

「君の料理の腕を知りたいから、自宅に行っても良いか?」なんて訊くのもNGです。

初デートで、いきなり、相手を審査しようだなんて、上から目線も甚だしいですよね。

「私のことを女中にでもする気かしら?」
「私はあなたの母親の身代わりじゃない!」
と思われるだけです。

料理や家事の話自体はOKですが、相手女性を自分の手足のように思っているような発言は止めるべきです。

男性だってサラリーマンならば、上司のパワハラ発言には腹が立つはずです。

相手が反論しにくい状況では、とくに発言には気を付けるべきです。

いきなり子作りの話をする:

手をつないでもないのに、いきなり家族計画の話は早すぎるでしょう。

最初は気遣って、信頼関係を醸成して、心を触れ合わせるのが先決です。

「私のことを、子供を産む機械だと思っているのか?」と受け止められかねません。

どっかの政治家じゃあるまいし、セクハラ発言はやめましょう。

男尊女卑の精神丸出し:

時代は21世紀でも精神構造は明治時代という男は、意外に若い世代にも多いですね。

今の政治権力者には戦前回帰願望が強い者が多いですが、だからといって、その人たちの真似をしてはいけません。

あなたは相手女性の生殺与奪を握っているわけではないのですから、男尊女卑発言をしたら直ぐにお断りされるでしょう。

「子供は男の子がいい」とか無神経な発言をするモテない男子が、婚活現場にも結構いるそうです。

こういう男性と初デートをする羽目になった女性には、心から同情申し上げます。

最後に:

初デートを成功させて、2回目、3回目につなげられなければ、結婚はできません。

失敗の原因は何か?
今後どうしたらいいか?

P(計画)D(実行)C(検証)A(行動)のサイクルをなるべく早く回して、男としてのダメさ加減を改良改善していく必要があります。

自分の欠点と向き合う勇気がない男性は、時間ばかりを浪費し、一生結婚できないでしょう。

結婚はおろか、彼女すらできないで一生を終わるのです。

男性は女性と比べて孤独に弱い生き物です。

悲惨な老後を迎えたくなかったら、女性の心を傷つけてきた自分の言動を反省し、素直になって欲しいと思います。

婚活デートを成功させて結婚したい人へ

婚活デートの2回目を成功させて告白をして、3回目のデートの約束を出来たなら、かなり成婚の確率は高まったと考えていいでしょう。

基本的な条件はもちろん、相性だって良い訳ですから、そのまま間を置かずに一気に進むべきです。

プロポーズは何回目のデートがいいか?

婚活デート3回目以降は、安定した信頼関係を築き、愛情を育てるのがメインです。

「運命の人」に出逢えるのかという不安はなく、毎週のようにデートするのが楽しいはずです。

そして次の条件を満たしたらプロポーズです。

  • 無理をせずにお互い楽しんでいる。
  • 相手の短所も許容範囲である。
  • 一方的ではなく、お互いが協力して結婚に向けて意識を高めている。
  • 手をつなぐことに抵抗がない。
  • 下の名前で呼び合うことが出来る。
  • 沈黙がさほど苦にならず、気を遣い過ぎないでもOKという身内意識が芽生えている。
  • 将来の具体的な生活についても二人で話し合える。

プロポーズは10回目のデートまでに済ませることを目標としたらいかがでしょうか?

婚活はダラダラやるべきものではなく、短期集中で行うのが基本です。

自立して生活する力がある適齢期の社会人が婚活をしている訳ですから、優柔不断は避けましょう。

もしも確信が持てなかったら、結婚相談所のカウンセラーに遠慮なく相談するべきです。

第三者の専門家のアドバイスは、払った料金を補って余りあるほど貴重なものです。

【お知らせ】

婚活の手段は決まっていますか?

私としては自分の経験も踏まえて、結婚相談所をオススメします。

結婚のプロであるカウンセラーのサポートを受けられるから、効率がいいのです。

男女交際経験が乏しいけど、素直にアドバイスに耳を傾けられる人は向いていると思います。

どこの結婚相談所にすべきか分からない人は、情報集めから始めましょう。

複数の結婚相談所情報を一括で集めたいなら、ここをクリック(無料)してください。

どうしても一か所に絞れない人は、とりあえず、オンラインの無料カウンセリングを受けてみるのも手です。

オススメのリンクを下に貼りますので、試しに見てください。
↓↓
本気の人のための結婚相談所☆ Bridalチューリップ ☆

良き伴侶に出会えるよう、お祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました