料理できない女が結婚できない女になり易い理由

料理できない女は、結婚できない女になり易いのか?

「親と同居しているから食事は母親が作ってくれる」「一人暮らしだから、コンビニ・外食・出前で済ましている」「料理をする習慣もないし、出来ない、面倒くさい」

便利な世の中になったせいもあって、料理できない・しない女性が随分と増えたようです。

ある意味、致し方ないのかもしれません。

しかし、将来の結婚を目指して婚活している女性だったら、料理できない状態のままでは良くありません。

実際の結婚生活では男女ともに料理ができないと困りますし、男性からも魅力的に映りません。

この記事では、料理できない女であることに危機意識を持つべき理由を述べたいと思います。

料理好きな女と料理できない女の違い:

料理が出来る女性は、料理することが日常生活の習慣になっている場合が多いです。

なぜ習慣化しているかというと、料理するのが好きだからです。

ナゼ好きなのか?

自分の作った料理を食べた人が「オイシイ」と言って喜ぶ姿を見るのが楽しいからです。

人から褒められ、必要とされ、役立つのが、人間にとっての幸せだと理解しているのです。

だから、料理という行為が習慣化され、その技能や知識が向上したのです。

逆に、料理をする習慣がないため料理ができない女性は、「人から褒められ、必要とされ、役立つのが、人間にとっての幸せ」であると理解できているでしょうか?

人のために何かするという姿勢は、恋愛や結婚生活では必須です。

人から何かをしてもらうのが当たり前という受け身女性は、必然的に縁遠い人になるのです。

単に、料理という知識や技術の有無という問題ではなく、生きる姿勢に直結しているのです。

料理好きな女になれば婚活サバイバルで有利:

アナタは婚活市場で生き残る目途が立っていますか?

美人で若いなら、それだけで男は寄ってくるかもしれません。

そうでないなら、他にアピールポイントが必要です。

相手に幸せをもたらす能力があることを示したいなら「料理好き」というキーワードがオススメです。

自分勝手でワガママ女ばかりに付き合わされ、世の多くの男性は絶望しかかっています。

そんな状況下で、料理好きの女性は神のように崇められることは間違いありません。

しかも、学歴や資格と違い、習得に年単位の時間を要しません。

せいぜい数か月くらい継続して勉強・実践すれば、並み以上の腕前になれるのではないでしょうか?

凝った料理ではなく、お子様ランチのプレートに乗っているメニューで十分です。

男性に対して絶大なアピールになるにもかかわらず、多くの女性が気づいていない意外な盲点なのです。

やるかやらないかはアナタ次第です。

SNSやメールに自作料理の写真を掲載し、「結婚相手にはこういう料理を作ってあげたい」とコメントしましょう。

スペック的に不利な女性にとって、これ以上の武器はありません。

まとめ:

料理好きというキーワードを使う女性は少数派であるがゆえに、大きさ差別化になります。

男性向けの漫画や映画では、手作り弁当を作ってきて健気に食べさせるヒロインがよく描かれています。

職場では、愛妻弁当をお昼に食べる社員は嫉妬の対象です。

料理上手な彼女や奥さんは男性の憧れなのです。

料理が出来る女性は、男性を選べる立場になれます。

少しでもハイスペックな男性と結婚したいなら、試してみる価値があると思います。

以上

【おまけ】結婚相談所各社の情報を一括請求したい人はクリック(無料)↓




簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。