マッチングアプリは女性無料でもコスパが悪いという話:損をしたくないアナタへ

この記事は、マッチングアプリを活用して素敵な彼氏をゲットすべく頑張っている女性を対象に書きました。

特に20代後半以上の適齢期女性に読んで欲しいと思います。

目先の損得以上に大切な視点を提供し、適切な判断をするお役に立てば幸いです。

マッチングアプリが女性無料である理由:

スマホの普及とともにマッチングアプリなどの出会い系サイト利用者は急激に増えています。

これは世界的な傾向です(下図参照)。

Michael Rosenfeld, Stanford University , 2019
Reuben J. Thomas, University of New Mexico
Sonia Hausen, Stanford University

日本では、登録者数が数百万人以上のマッチングアプリが多いですね。

女性会員は無料というのも、もはや普通。

なぜ無料にしているのか?

それは、女性を無料にして会員数を増やせば、それに伴って男性会員(有料)も必然的に群がってくるからです。

とにかく会員数を増やし、男性から料金を徴収し、トラブルには自己責任で対応してもらい、最小の経費で最大の収益を挙げる。

会員の質より量を重視してるビジネスモデルが、マッチングアプリなのです。

まずは、この本質をしっかりと押さえておいてください。

マッチングアプリ無料は、コスパの良さを意味するのか?

数百万人レベルの「候補者」の中から自分の条件に合う人を探したり、やり取りするのは、ある意味楽しいと思います。

スマホさえあれば、いつでもどこでも出来るとく気軽さも魅力。

出典:MMD研究所(2016年の調査データ)

しかし、なかなか出会えないし、会えても長続きしにくいのが実情のようです。

出典:MMD研究所(2016年の調査データ)

ダラダラと年月ばかりが経過するので、とくに婚活している人にとっては不安が絶えません。

結婚相談所と比べて本当にお得なのでしょうか?

コスパ(コストパフォーマンス)について、試算してみました。

面倒見のいい仲人型結婚相談所では半年から一年以内で成婚に至るケースが多いです。
(婚活は大変ですから、一年以内で集中的に取り組んで成婚を目指すべき)

仮に一年で結婚できた場合にかかる費用はいくらか?

相談所に払う費用の総額を500,000円と仮定します。

一日当たり一時間婚活に費やしたとして、1(時間/日)x365日x2000(円/時間)=730,000円

つまり合計、500,000+730,000=1,230,000円、です。

一方、マッチングアプリで成婚できる確率は統計的に1%以下。結婚できたとしても何年も時間がかかります。

仮に、運よく3年で相手が見つかり結婚できたとしましょう。

一日当たり一時間婚活に費やしたとして、1(時間/日)x365(日/年)x3年x2000(円/時間)=2,190,000円

マッチングアプリの課金を無料とすると、合計219万です。

あくまで一つの計算例ですが、

  • アプリ→219万円
  • 結婚相談所→123万円

という結果になりました。2000円というのは時給換算ですが、人によってはもっと高い人もいるでしょう。

かなりアプリに有利な想定をしても、これだけ損をするということです。

表面的な「無料」という文言にこだわり過ぎるのは危険です。

マッチングアプリ無料と引き換えに失った時間は取り戻せない

お金の損失はどうにでも取り戻せますが、失った時間は取り戻せません。

特に女性は妊娠出産の年齢上限がありますから、より切実のはず。

やっと出会えた男性会員の中には、既婚者・ヤリモク・遊び目的の人も多数います。
(第三者のプロが審査・面談するというプロセスを省いているのだから当然)

一見爽やかなやり取りができる人の中に、サイコパスが混じっているからタチが悪い。

ヤリモクや既婚者にダマされて年単位の時間を失ったら、後悔してもしきれません。

悪気はなくとも、結婚の意識が低い年下男性とダラダラ付き合ってしまう三十代女性も多いですね。

都合が悪くなったら捨てられる悲劇が後を絶ちません。

一生心に傷が残り、人間不信になる可能性もあります。

繰り返しますが、失った時間は取り戻せません。

結婚という人生の一大事を扱う時は、目先の金銭的損得よりも、限りある時間の有効活用・システムの安全性・社会的信用度を重視すべきです。

マッチングアプリは皆がやっているから正しい選択という訳ではないのです。

まとめ:マッチングアプリの無料ほど高いものはない?

マッチングアプリは、気軽に異性の友達や恋人を見つけたい若者向けのツールです。

例えば、二十歳前後の学生さんが遊び感覚で使うのはOKと思います。

でも、早く結婚したい婚活者(特にアラサー以上の女性)が手を出すべきではありません。

「無料」という魅力的な文言に惹かれてマッチングアプリ中毒に陥っている女性をよく見かけますが、この記事を読んで、その不合理さに気付いて欲しいと思います。

では、どうすればいいか?

最低限、以下の条件を満たしている婚活手段を選んでパートナー探しをしましょう。

  • 結婚を目的としている人たちだけが集まっていること
  • 入力されているプロフィールが信頼できること
  • お互いの条件が合えばすぐに会えること
  • 悩みや困りごとを相談できるカウンセラーが常駐していること
  • 安過ぎず高過ぎずの適切な料金体系であること
  • 自信がないモテないタイプの人が少ない事

基本は結婚相談所がオススメです。

でも、「結婚相談所はモテない男性ばかりでお金の無駄」という偏見が強いのも事実。

だから、お見合いと並行して、相談所主催のパーティに参加するといいでしょう

私自身、今の妻とは、30代前半で相談所主催パーティ(フリーの立食式パーティ)で出会いました

男性も女性も、結婚相談所とは思えない垢抜けた人たちが多かったという印象です。

しかも、一度に一人だけではなく、複数の人とお話ができるのがメリット。

とても効率が良く、しかも安全な手段です。

********************

何はともあれ、情報収集から始めてはいかがでしょうか?

結婚相談所も様々なタイプがあり、人により合う合わないがあります。

手間をかけずに結婚相談所各社の情報を一括請求したい人は、下リンク先からどうぞ(無料)。
↓↓
簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

ご多幸をお祈りいたします。

以上

タイトルとURLをコピーしました