結婚相談所のオススメ利用方法を解説

結婚相談所のオススメ利用方法を解説する理由:

出逢いが無かったりモテない人でも「結婚したい」と思うものです。

そして婚活には、時間・労力・お金がかかります。

誰と結婚するかで、人生が大きく影響されます。

なるべく早く自分にとって良い相手を見つける手段としては、結婚相談所が有力な選択肢となります。

プロのノウハウが詰まった相談所をどのように利用するかでアナタの運命が大きく左右されます。

元婚活者として利用方法をアドバイスするつもりで、この記事を書きました。

料金の安さで相談所を選ばない:

結婚相談所は安かろう悪かろうです。

大手の中には、会員集めが目的化しているところもあり、成婚率などは二の次という所も多いと聞きます。

カウンセラー一人当たりの会員数が多すぎて、相談事に親身に対応できないのでは結婚「相談所」の存在価値がありません。

しっかりとサポートして高い成婚率を誇る相談所は、やはりそれなりに料金はかかります。

入会費、月会費、そして一年後に退会したときの成婚料を合わせて数十万円というレベルになるのは避けられません。

それ以外に、お見合い写真代、服装の新調、美容代、デート代、様々な自己啓発料などを合わせたら、トータルで100万円程度は考えておきましょう。

お金を出すだけでなく、カウンセラーとの相性も大事です。

無料カウンセリングを受けて、場合によってはお試し利用で様子を見てから決めるといいでしょう。

自分に相応しい結婚相談所に出逢えるかどうかは、婚活の成否を決める重要ポイントです。

「結婚させてもらえる」というのは勘違い:

結婚相談所を利用する人の中には、引っ込み思案で受け身の人もいると思います。

人の指図通りに動き、マニュアルや前例に頼る。

素直な優等生を否定はしませんが、婚活では受験や就職活動のようにレールや枠組みを用意してくれる人はいません。

アナタが主体的に考えて、決断して、行動する必要があります(カウンセラーはサポート役です)。

自分の意思で、人生という真っ白なキャンバスに絵を描かねばならないのです。

もしかしたら、人生で初めてのことかもしれません。

それでも結婚したければ、勇気をもって取り組むべきです。

昔のように家同士の話し合いで結婚相手を決めてくれる時代ではないのです。

「結婚相談所に入ってお金を払えば結婚させてもらえるに違いない」という妄想は、今すぐ捨てましょう。

プロフィールの写真はプロに取ってもらおう:

結婚相談所でお見合い相手を紹介してもらうには、プロフィールを作る必要があります。

プロフィールで一番重視されるのが写真です。

外見にヤル気が感じられなければ、100%スルーされます。

スマホの自撮り写真なんて論外です。

是非とも、プロに取ってもらいましょう。

結婚相談所に頼めば紹介してもらえます。

写真を撮る前に美容師にヘアースタイルを整えてもらい、イケてるスーツを新調しましょう。

女性ならメイクアップアーティストに教えを請いましょう。

よく言われることですが、人間は見かけが9割です。

写真が人の目に留まらなければ、内面にも興味を持ってもらえません。

つまり、何も始まらないのです。

プロフィール欄の趣味に何を書けばいいか?

プロフィールの趣味欄に「読書」なんて書いてはいけません。

趣味欄は、結婚後の楽しい生活をイメージしてもらうためのものです。

嘘を書いてはいけませんが、読む側の想像力を掻き立てるために、多少の脚色は必要です。

詳しくは、下記リンク先の記事を参考にしてください。

婚活でモテる男性は趣味欄で女性にどうアピールしているのか?

相手に求める条件は程々にしよう:

婚活は自分のことを客観的に知るプロセスでもあります。

身の程知らずは、ヒンシュクを買うだけです。

容姿、年齢、学歴、身長、年収、家柄・・・

相手に求めるスペックは緩めにして、5割程度を満たしていれば御の字だと思いましょう。

自分の理想なんて、自分の狭い見識から生まれた妄想に過ぎないのですから・・・

絶対に外せない条件というものを2~3個ピックアップして、あとは、目をつむるのが基本です。

そうでないと、マッチング率が低くなってしまいます。

デートで自然に振舞えて、楽しくて、一緒に暮らせそうな人なら問題ないはずです。

また、結婚相談所に来るような美人は訳アリですから、注意が必要です。

詳しくは、下記リンク先の記事を参考にしてください。

幸せな結婚をしたければ美人は避けた方がいい理由

カウンセラーの忠告には素直に従おう:

一般に、婚活カウンセラーは、利用者に対して厳しいことをあまり言いません。

なるべく希望を持ってもらって、どんどん入会してもらいたいからです。

だから、顧客の為を思って正直に本当のことを言ってくれる人は貴重です。

もしもそんなカウンセラーに巡り合えたら、それは正しい指摘ですから、素直に自分の欠点として受け止め、改善に務めましょう。

成功する方法が存在するのですから、それを実践すればいいのです。

自己流婚活は自滅への道です。

人間は、自分の本当の実力や本質を自分で認識できない生き物です。

自分自身への評価は大甘になってしまいがちです。

それを補正してくれるのが他者の目です。

忠告に耳を傾ける素直さ、すなわち柔軟性が婚活を成功させるカギです。

1年以内に成婚すると目標を定めよう:

婚活はシンドイ作業ですから、ダラダラやるものではありません。

長くても1年以内に確実に成婚すると目標を定めて、集中的に取り組みましょう。

期限を決めて、目標を達成にするには何をすればいいか、カウンセラーと相談しつつ、スケジュールを立てましょう。

何人とお見合いすれば成婚できるかは、個人の資質にも大きく影響されます(IBJ成婚退会者平均値は20人程度)

相手の良いところを見つけて、お互い努力して愛情を育てるという姿勢が必要です。

妥協ではなく、うまく行くように、お互いに折り合いをつけるのです。

相性が悪くて見込みがないと思ったら、すぐに気持ちを切り替えて次の人を紹介してもらいましょう。

期限を区切って、切実感をもって取り組みましょう。

相談所主催の自分磨き講座には積極的に参加しよう:

前述したとおり、見かけがダサくて年寄り臭いと誰にも相手にされず、お見合いすら出来ません。

スタート地点にすら立てないのです。

結婚相談所は、外見を改善する講座を開いたりしていますから、積極的に利用しましょう。

髪型、メイク、服装、その他・・・

また、男女交際経験が乏しい人のために、異性と楽しく会話する訓練や、デートの成功させる方法などを伝授してくれることもあるようです。

至れり尽くせりですね。

私が若い頃はそんなものはありませんでしたから、すべて自分で試行錯誤していました。

デートすらしたことがないような人は、ぶっつけ本番だと確実に失敗しますから、準備は必須です。

結婚相談所のサポートシステムをフル活用しましょう。

男性はお金をケチらないこと!

ケチな男性はモテません。

金払いの良し悪しで人間の器が判断されます。

女性同士の食事会ならば一円単位で割り勘するのは仕方ありませんが、男女がお見合いするならば、男性が支払うのは当然です。

100円コーヒーショップじゃないですよ。

一杯1500円くらいする高級喫茶を利用するのです。

「アナタは特別な存在だから、特別な場所を用意しました」ということを態度で示すためです。

初めて出逢いであるお見合いの場で割り勘を要求するケチ男は、一生独身確定です。

デートは週一回以上すること:

男女の親密さを増すには、一緒にいる時間をなるべく多くする必要があります。

一か月に一回、丸一日デートするよりも、一日10分でもいいから、1か月毎日会った方が親密度は上がります。

同じ学校や職場で毎日話をする機会があると、その点有利ですね。

結婚相談所で紹介された相手と毎日会うのは難しいでしょうから、最低でも週に一回は必ずデートをしましょう。

デートできない日は、ラインや電話などでマメにやり取りしましょう。

毎日の生活の中に取り込んで習慣化してしまえばいいのです。

これも一種の努力と言えましょう。

カウンセラーへの連絡や相談は小まめに行う:

今まで日常生活の中で出逢いが無く、恋の駆け引きに疎いあなたにとって、結婚相談所のカウンセラーは心強い味方です。

このカウンセラーとどのように付き合い、どのように利用するかで婚活の成否が決まります。

仕事と同じで、カウンセラーへの報連相は小まめに素早く行いましょう。

行動力があるところを見せれば、「この人は熱心だな」と思ってもらえます。

カウンセラーも人間ですから、熱意とやる気がある人、見込みがありそうな人に肩入れします。

ヤル気のない人を応援するカウンセラーなんていません。

ヤル気が無い人とみなされたら、ヤル気が無い人を紹介されてしまいます。

当然、お見合いしてもうまく行きません。

この負のサイクルに入り込まないようにするためにも、カウンセラーとのコミュニケーションは可能な限り密にしましょう。

人付き合いが苦手でもパーティーに参加してみよう:

結婚相談所での婚活では、お見合いは有力な手段です。

しかし、相談所は婚活パーティも主催していることが多いのです。

「パーティとか経験ないし上手く振舞えるかな?」という気持ちは良く分かりますが、あえて不得手なことに挑戦するのはとても良いことです。

普段使っていない脳の部位が刺激され、新たな世界が拓けたりします。

面白い発見をしたり視野が広がることも多いものです。

思い切ってパーティに参加すると失敗するかもしれませんが、失敗するのは悪い事でしょうか?

自分の問題点を発見して改善するきっかけをつかめたら儲けものです。

お見合いやデートをする場合にも、パーティで学んだことが生かされるはずです。

一度しかない人生なのですから、異性との交流を色々と体験してみるべきだと思います。

ちなみに私は、相談所主催のパーティ(フリーの立食式)で今の妻と知り合いました。

まとめ:

結婚相談所のオススメ利用法と題して、色々と述べてきました。

この記事が、生涯の伴侶を見つけるためのお役に立てば幸いです。

下記の結婚相談所リンクも参考にしてください。

無料カウンセリングや、お試し利用で様子を見つつ、自分に合った相談所を見つけてくださいね。







以上

【おまけ】結婚相談所各社の情報を一括請求したい人はクリック(無料)↓



簡単3STEP!お取り寄せ登録完了までたった2分

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。