交際経験なし男のための婚活デート必勝法はこれだ!

交際経験なし男のための婚活デート必勝法:

いい歳して彼女はおろか交際経験すらない男が珍しくありません。

原因は色々あると思います。

  • 家庭環境の問題もあり人間関係構築の模範となるロールモデルに出逢えなかった。
  • 学校や職場が男ばかりだった。
  • 女性を知る機会が、アニメ・小説・映画だけだった。
  • モテない君同士だけでつるむのが習慣化していた。
  • その他?

まるで、かつての自分のことを言っている感覚に襲われますが、そうしたモテない君が結婚したいと思ったら、十中八九、結婚相談所に頼るしかありません。

カウンセラーのサポートなしに婚活をしようなんて自爆行為ですからね。

この記事は、不慣れな婚活で疲れて結婚できるかどうか悩んでいる男性のために、デートのアドバイスをまとめたものです。

準備段階:

仕事、特に不慣れな仕事の成果は、事前準備をどれだけしっかり行うかですべて決まります。

婚活デートも同じです。

男女交際に不慣れな男性であれば、なおさら、準備をサボることは許されません。

レストランは必ず現地を下見して、ゆったりした静かな雰囲気か、食事は美味しいかなどを確認した後に予約しましょう。初デートで対面席に抵抗があるならカウンター席にする手もあります。子供がギャーギャー騒ぐファミレスは論外です。ホテルのランチコースなら無難でしょう。

デートの経験不足を補うのに有効な方法は、頭の中でのイメージトレーニングをすることです。

行動の経過を詳細にイメージし、会話のシミュレーションも行います。

女性とロクロク喋ったこともない人が、ぶっつけ本番でデートしてうまく行くと思いますか?

自爆したくなかったら、可能な限りイメージトレーニングを繰り返しましょう。

デート中に臨機応変な対応ができるかどうかは、イメージトレーニングの質と量で決まります(仕事でも想定問答を準備することがありますよね)。

実際には全てイメージ通りには進みませんが、準備を入念に行った人の熱意は確実に相手に伝わります。

最終的に、「私のことを大切に思ってくれている」という印象を与えられればOKです。

結婚相談所では、デートの練習サービスというオプションを用意しているところもあります。実際に若い女性と1~2時間デートして、後日、良し悪しや改善点を具体的にフィードバックしてもらえます。なかなか、素敵なサービスだと思いませんか?

詳しくは下リンク先をご覧ください。
働き盛りの男性のための結婚相談所。
現在女性割合が6割強となっており男性のお客様の成果が生まれやすい状況です【結婚相談所Bridalチューリップ】

食事での気遣い:

一般的に女性の方が体が小さいため、男性よりは食が細く、また、食べる速度も遅いことが多いものです。

コース料理や定食で同じものを頼んだ場合、男性が満腹になるように量が設定されていますから、「全部食べなきゃいけない」とプレッシャーに感じる女性もいるのです。

食事デートでの食べる速度は。男性が女性に合わせてあげましょう。

無用なプレッシャーを軽減することが出来ます。

それでも女性の箸が止まったりツラそうな印象を受けたら、簡単な声掛けをしましょう。

「食べれなければ残してもいいよ」とか「それ、食べないなら僕に頂戴♡」とか笑顔で言える男性は少数派なので、アナタの優しさをアピールするチャンスです。

私は昔、大食漢の女性とデートしたことがありますが、その時はホテルのバイキングランチを利用しました。私がお腹いっぱいで食休みしているのに、相手女性は平気でお代わりをしている状態でした。まあ、こういう例は珍しいでしょうね。

最後ですが、アナタは店を出るとき店員さんに「ごちそうさま」と笑顔で言えますか?

言えるなら、「快適な場所で美味しい料理を提供してくれて有難う」という気持ちがある証拠です。

「オレが金を払ってるんだから、食事を提供されて当たり前だ」と思っている人は、ふんぞり返って無言で店を後にするでしょう。

前者は、自分の社会的立場を客観視できるだけの視野を持ち、人間に対する気遣いや配慮ができる人です。

後者は、目先の自分の損得や感情にしか興味がない自己中人間です。他者への思いやりに欠けると判断して良いでしょう。

女性に好印象を持たれてデートが成功するモテ男がどちらかは分かりますよね?

会話での注意事項:

アナタは、女性に嫌がられる会話をしていませんか?

好かれる以前に、まずは嫌われない会話を心がけましょう。

まず、「最近どう?」とか漠然とした質問はNGです。

職場で関係を維持することが目的なら、「最近どう?」は軽いあいさつ代わりとして許されますが、仲良くなることが目的の婚活デートで、曖昧過ぎる質問は避けるべきです。

どう答えればいいか分からない質問をして相手女性を惑わせると、「コイツとは会話不能だ」と判断されかねません。

また、何の脈略もない突拍子もない質問もNGです。

例えば、相手のプロフィールに語学系の記述が全くないのに、「○○さんは英語学習してるの?」とか質問しても「別にしてません」で会話は終了します。

「この人、何の目的でそんなこと訊くんだろう?」と訝しく思われます。

何の発展性もない無意味な質問はシラケるだけですからやめましょう。

さらに、恋愛遍歴に関する質問もNGです。

「○○さんは、婚活で何人とデートしたの?」「それ以前は彼氏はいたの?」「告白されたことはある?」「何が原因で別れたの?」「なんで、この年まで結婚できなかったの?」・・・

こんな無神経を絵に描いたような質問をしたら、自動的に交際終了になることを覚悟しましょう。私も昔、この手の質問をガンガンぶつけてくる無神経女とお見合いしたことがありますが、「一刻も早く立ち去りたい」と思いました。職場なら完全にセクハラです。

それでは、女性から好かれる質問とは何でしょうか?

ズバリ、「よくぞ訊いてくれた!」と喜ばれるような質問です。

相手のプロフィールや身なり・雰囲気から察して、「この人はこう言うことに興味を持っているんだな」と見抜ければベスト。

いきなり見抜くのが難しい場合は、プロフィール欄の仕事や趣味の内容に関する質問をしつつ、興味関心のありかを探りましょう。

こちらからの一言の問いかけに対して饒舌に喋り出したら、それは間違いなく「よくぞ訊いてくれた!」という意思表示です。

相手女性のことをよく知るチャンスだと言えましょう。

ドライブデートをするときの注意点:

首都圏なら電車移動が便利でしょうが、地方では車がないと生活できません。

デートの目的地だって公共交通機関の最寄とは限りません。

車を使い慣れている男性ならば、デートに誘って一緒にドライブを楽しむというのも自然な発想でしょう。

しかし、いきなり移動時間が長いデートは問題です。

男性と相性が合うか分からない段階で長時間ドライブに誘われるのは、女性からすると怖さを感じますし気疲れもします。

移動は合計一時間程度で済むように努力しましょう。

仮に長距離・長時間ドライブをするのであれば、1時間に1回は休憩が取れるように男性が配慮をしてください。女性はお手洗いのことを言い出しにくいものですから。

車内でかける音楽も重要です。私は日常的に英語の学習教材CDとかハードロックCDを車内に置ているのですが、こういう好き嫌いが分かれる分野は避けて、万人受けしそうな人気のJ-ポップなどにするのが無難でしょう。彼女の好きなCDを持参してもらってもOKです。

また、ドライブインのゴミゴミしたところでファストフードのような粗末な食事をするのも最悪です。家族連れのレジャーではなくデートなのですから、美味しいものをゆっくり楽しめるところを選びましょう。ここでも事前のリサーチが重要になってきます。

映画デートはやめておこう:

初デートで映画は選択しない方がいいでしょう。

映画上映中は、何の会話も出来ません。

映画評論家同士なら、映画を観終わった後に盛り上がることが出来るでしょうが、普通の人は映画の内容の感想を言い合って楽しくなることは少ないものです。

映画自体にも当たりはずれがあります。

映画デートを全否定しませんが、安定した交際をするようになってからの方がいいでしょう。

映画よりも、美術館や博物館の方がオススメです。

展示物を見ながら、その場で楽しみながら会話することが可能ですからね。

まとめ:

上記のノウハウを参考にして、自分なりに万全の準備をしてデートに臨んでも、相手女性からお断りされることがあります。

どんなイケメンのハイスペック男であっても、常にスムーズに事が運ぶわけではありません。婚活では、誰でも断られるリスクを受け入れねばなりません。

断られた場合は、担当カウンセラー経由で相手女性が断ってきた理由をなるべく詳しく確認しましょう。

失敗という結果には必ず原因があり、その原因を知らずして有効な改善策を実行することはできないからです。

人生の時間を無駄にしないためにも、同じ失敗は避けるように努力するべきなのです。

改善云々以前に、単に相性が合わなかったというケースも多々あります。

相性の問題は、会う人数を重ねていけばいいだけです。アナタが自己非難する必要はありません。

「一緒にいると楽しい」「ずっと一緒にいたい」とお互いが思えるような人に出逢えることをお祈りいたします。

アナタをサポートする結婚相談所:









以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。