スポンサーリンク

一生彼女ができないか自己診断する方法

一生彼女ができないか自己診断する方法:

適齢期になっても彼女一人できたことがない人は結構多いと聞きます。

私もかつてはそうでした。

彼女ができない原因が何で、具体的にどうすればいいのか、なかなか自分では気付けませんし、気付いても実際に変えていくのは勇気が要ります。

気付いているようで実は認識できていない、変えた方がいいのは分かっているけど躊躇してしまう。

さんざん痛い目に遭って、ようやく重い腰を上げるというのが実態でした。

この記事では、彼女ができない原因を見つけるとともに、その解決策を考えたいと思います。

外見が不潔でオジサン臭くないか?

第一印象が悪いと、アナタの素晴らしい内面にも興味をもってもらえません。

素敵な彼女候補を門前払いしていませんか?

不潔でオジサン臭いのは論外です。

潔癖症である必要はありませんが、最低限の清潔感と若々しさを感じさせる必要はあります。

実年齢よりも10歳以上老けて見えたり、ダサい・ダラシナイ・野暮ったいと言われたことはありませんか?

厳しいことをはっきり言ってくれるような奇特に人は稀ですから、生理的嫌悪感を抱かせるような風貌のまま、多くのチャンスを逃している人は多いものです。

髪型なら美容院で美容師さんに相談しましょう。アナタは素人なのですから自己判断は禁物です。

服装関係は、高級店で店員さんに選んでもらいましょう。

「かっこよく見せたい」と素直に白状して、アドバイスを頂くのです。

お金をケチったらダメです。

外見改善がすべての始まりです。

外見を変えることによる心理的効果は大きく、一番手っ取り早い方法と言えます。

自信も付きますよ。

表情が硬く暗くないか?

仕事上で発生したクレーム対策会議じゃないんですから、固く暗い表情は場違いです。

女性と仲良くなりたいなら、柔らかく温かみのある表情を自然に作れないといけません。

「アナタとお会いできてうれしいです。貴方のことを知りたいです。仲良くなりたいです」

こんな呪文を心の中で繰り返し唱えて、出逢いの場やデートに臨みましょう。

「別にアナタといても楽しくないです。貴方に興味ありません。仲良くなれなくても良いです」なんてこと考えていると、それが固く暗い表情になって現れますので注意してくださいね。

サービス精神があるか?

自分の職場を眺めてみると、営業サービス系の人たちは適齢期で結婚している人の割合が高いですね。

研究開発など上流に位置する人たちは、オジサン年齢になっても全く女っ気がない人がかなり目立ちます。

営業サービス系の人はふんぞり返って相手に何かしてもらうのを待つ受け身人間はほとんどおらず、積極的に人に働きかける傾向があります。

廊下で会ったときの挨拶や声掛け、雑談や気遣いは見事です。

相手に気持ちよく過ごして欲しいという営業マインドが溢れています。

これが無意識的に習慣化されているのです。

それに比べて研究開発系の人は、人とのやり取りに関しては受け身が基本です。

直接会ったり、せめて電話すべきところをメールで済まして、相手から返事が無くてもそのまま放置するのが普通です。

他人に無関心な冷笑系と言われる人も多いですね。

見てて寒気がするような人に近づいてくる女性はいません。

サービス精神が全く感じられない人はデートのエスコートもまともに出来ないでしょうし、そもそもそんな気持ちすら持ち合わせていないので、最悪の結果になることは目に見えています。

会話のキャッチボールができるか?

スポンサーリンク

会話のキャッチボールは楽しいものです。

男女交際でも、とくに付き合いが浅い時はとても重要です。

いくら頭が良くて饒舌でも、屁理屈や自慢話を一方的にまくしたてられたら、聞いている方は苦痛で仕方ありません。

最初のお見合いやデートでこんなことをしたら、一発で振られます。

ある分野の世界的権威やアイドル俳優だったら許されるかもしれませんが、一般の男性は相手の話に耳を傾ける姿勢が求められます。

自分に馴染みのない話題でも親身なって聞き、相槌を打ち、共感し、適切な質問をしましょう。

無理にでも真剣に聞いていれば、そのうち興味が湧いてくるものです。

相手の話を途中で遮ったり、相手が話した内容を無視して話を脱線させるのはルール違反です。

「あなたに興味がありません」と言っているようなものですから。

会話のキャッチボールをなるべく長く、しかも楽しく続けられるように心がけてください。

自分の妄想を相手に押し付けてないか?

映画や漫画の影響かもしれませんが、二次元世界の「理想」の女性像にこだわるのは危険です。

そんな「理想」的な女性は存在しないからです。

とくに女性経験に乏しい男性の場合は、自分に都合のいい妄想にこだわって、相手のあら探しばかりをしたがる傾向があります。

外見、仕草、しゃべり方、話題・・・

現実の女性は漫画と違って自分の好みや都合に合わせて振舞ってくれないし、考え方や感じ方も価値観も異なります。

長所もあれば欠点もあります。

そういう自分と異なる存在を許容し、それでもお互いに自然に振舞える相手がアナタの彼女候補です。

妄想ではなく現実の女性と関わる中で、現実的な判断をすることが求められているのです。

自分を変える力があるか?

これが一番重要です。

結局のところ、アナタ自身が変わらなければ状況を変えられないし、周囲のあなたへの評価は変わりません。

モテない状況は永遠に続くのです。

彼女を作りたかったら勇気を出して一歩を踏み出すことです。

しかし、これがなかなか出来ないのです。

言われて素直に自分を変えられるような人なら、こんな記事を読んでないと思います。

私自身の経験からしても、何回も痛い目に遭って、崖っぷちに立たされて、ようやく自分の外見改造に取り掛かることが出来ました。

会話のキャッチボールができなくて、相手に不快な思いをさせたことも数知らずです。

とにかく一歩を踏み出し、少しでも自分を変えられれば自信が付き、自分の素を出しやすくなります。

この繰り返しがアナタを成長させ、彼女のいる人生を実現するのです。

まとめ:

ハッキリ言いますと、上記項目の一つでも欠けたら、一生彼女は出来ないでしょう。

婚活での生き残りサバイバルはアナタが考えているよりも厳しいものです。

日々を惰性で生き、何も変化が無いまま年齢だけを重ねるような愚かな行為は避けてください。

歳をとるほど彼女は出来にくくなるし、結婚の可能性も低くなります。

よっぽどのお金持ち別ですが、普通の人はこの記事で述べた原則に従い自己診断して、モテるための実践に励んで欲しいと思います。

アナタをサポートする結婚相談所:

【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: JUN

中年の男性既婚者。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してます。 英語は独学でTOEIC:950点達成。 通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 自分自身の婚活は失敗ばかりだったけど、このブログでは恋愛・婚活・結婚のノウハウを紹介しています。 基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので、気軽に読んで下さいね。 どうぞよろしくお願い致します。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。