【婚活】モテる男の雰囲気を身に付ける方法

婚活現場では、モテる雰囲気の男は少ない?

学生時代を思い返してみても、モテるタイプの男子はクラスに一人や二人はいるものです。

若くしてモテる雰囲気を身に付けた秘訣は人それぞれでしょうが、家庭での親をはじめ、ロールモデル(模範とすべき人物)に恵まれたのが大きいのではないでしょうか?

反面教師にしかならないような人間に囲まれて暮らしていたら、知らず知らずのうちにモテない人になってしまいます。

モテるタイプの人は日常生活の中で自然に良い人と出逢い、交際し、年頃になれば結婚します。

婚活せざるを得ないような人は、その多くがモテない人と考えていいでしょう。

モテない体質を引きずったままでは、何年たっても結婚できません。

婚活を始めてからでも遅くはありませんので、是非ともモテ体質を身に付けるべきです。

その方法を以下に述べたいと思います。

勇気を出して外見を変えよう:

モテない人に限って、大したこともない自分の外見にこだわるんですよね。

特に保守的な人は、服装でも髪型でも、今までのスタイルを全く変えようとしません。何十年も・・

特に髪型は職場での評判を気にするあまり、変えるのが怖いという人も多いでしょう。

しかし、周囲の人は、アナタが考えているほどアナタの外見に注意を払っていないものです。

美容師さんに相談して、思い切ってカッコいい髪型に変えてもらいましょう。

「小細工だ」なんて思わないで、新たな可能性を切り拓くというつもりで楽しみましょう。

勇気を出して自分を変えられたという実績がアナタに自信を与え、堂々と振舞えるようになります。

その自信が気持ち的な余裕を生み、表情にも現れます。

目に見える部分だけでなく、目に見えない気持ち的な部分の魅力もアップし、女性を惹きつけることになるのです。

相手女性の目を見て話す訓練をしよう:

相手の目を見て話すというのは、最初は抵抗があるものです。

モテない人の中には、話している間ずっと目をそらしているケースもあります。

目は心の窓と言います。

女性と親密になりたいならば、相手の目を優しく見つめる必要があります。

目は口ほどにモノを言うのです。

最初は1~2秒が精いっぱいでも、5秒、10秒と連続して見つめられるように頑張ってみましょう。

相手の話に耳を傾けよう:

人間というのは自分の事が一番可愛いですし、自分のことに一番興味があります。

連続殺人事件が起こっている最中でも、自分の歯痛の方が重大問題なのです。

だから、会話をしていても、ついつい自分のことばかり話したがります。

相手の話が途中なのに遮って、自分の興味のあることを話し出したりします。

遮られた側は無視されたと感じますので、人間関係が悪化します。

女性がしゃべってくれるというのは相手を知るチャンスなのですから、シッカリと耳を傾けましょう。

真剣に聞けば、必ず得るものがあるはずです。

相手の良い所を発見して褒めたり、関連質問をして、さらに理解を深めたりできます。

モテる人は理性を働かせて自分を後回しにし、相手を優先する習慣を持っているのです。

会話のキャッチボールを心がけよう:

キャッチボールを上手くやるには、まず、相手のボールを体の真ん中でしっかり受け止めねばなりません。

暴投でもワンバウンドでも、こちらが身を挺して受け止めるのです。

そして相手にボールを投げ返すときは、相手が一番取りやすいところに取りやすいタイミングで放ります。

会話でも同じ心構えが必要です。

自分にとって興味がない話題だからといって無視したり、打ち切ろうとしてはいけません。愛想よく元気に相槌を打ちましょう。

喋る時は相手の気分を良くすることを心がけ、適切な内容・言葉を選ぶ必要があります。

会話のキャッチボールを笑顔で自然に出来るようになったら、お見合いもデートも楽しめるはずです。

話が突然脱線する、無反応、表現が分かりにくい、自信なさそうに小さい声でボソボソ、上から目線の下らない自慢話、嫌味や不平不満・・・

モテない人は、愚かな習慣を繰り返していないか再点検しましょう。

自分の素を出すようにしよう:

どんなイケメンであっても、八方美人で自分を飾り、素を出さない人は最終的にはどうでもいい人になってしまいます。

素を出さないと、相手との間に心の壁が存在したままです。

相手女性はアナタのことが分からず、警戒心が解けず、自然に話せません。

心の壁があると親しくはなれません。当然ですね。

素を出さず良い人を演じるということは、「アナタと仲良くなる気はありません」と意思表示しているようなものです。

だから、良い人は最終的に嫌われる運命なのです。

自然体で飾らずに自分の素を出しましょう。

素を出したら嫌われる可能性もありますが、職場じゃないんですから過度の警戒は不要です。

婚活で生涯の伴侶を見極めようとしているのですから、素を出すことに遠慮は無用です。

素を出さないことは有害無益だと心得ましょう。

見返りを求めず、相手の役に立つことを楽しもう:

「せっかく○○をしてやったのに・・」というフレーズがよく心に浮かぶ人はモテないさんの素質十分です。

相手のために動くとき見返りが期待できるかどうか気にする人は、自分の損得最優先なので人望がありません。

困っている人を見かけて薄ら笑いを浮かべるタイプ、いわゆる冷笑系の人は、最低限の義務ですら言い訳をしてサボろうとします。

こんな人がモテる訳ありません。

ギブアンドテイクではなく、10回ギブして、1回テイク出来れば儲けものくらいに思いましょう。

見返りは全く求めず、相手を助けて喜んでもらうことに幸せを感じましょう。

アナタが率先して奉仕型の人間になれば、ふんぞり返って奉仕を要求するような勘違い女性は寄り付かなくなります。

精神レベルの低い人は、精神レベルの高い人と夫婦にはなれないからです。

まとめ:

モテるための方法について、偉そうに色々と述べてきましたが、若い頃の私は典型的なモテない男でした。

上記の項目のほとんどを実践できておらず、多くの人に迷惑をかけてきたと思います。

モテないがゆえに人一倍悩み、考え、試行錯誤を繰り返してきました。

結婚して家庭を持ってから随分と長い年月が経っていますが、今でもまだ発展途上だと思っています。

頑張って婚活をしている人に、この記事がお役に立てば幸いです。

アナタをサポートする結婚相談所情報:
【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。

26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。

利用した相談所は合計3か所。

男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。

その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。

基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。

その他プロフィール:
・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。
・英語は独学でTOEIC:950点達成。
・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。

なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。