好きとは何か?恋愛を心理学的に解説するとこうなる!

はじめに

「人はどうして恋をするのだろう?」「恋愛に必要な条件は何だろうか?」「恋愛すると人間的に成長できるんだろうか?」

このような疑問を持っているアナタならこの記事は役立つと思います。

以下の文章を読んで、もしも、役立ちそうな部分があれば、少し立ち止まって自分を振り返るきっかけにして頂きたく思います。

参考文献:「恋愛の心理」(國分康孝著)三笠書房

恋愛するために必要な4つの条件とは?

1)自分に性感情があることを認める

「いつまでもお友達でいましょう」というセリフは、「お互い性感情を持つのは止めよう」という宣言です。

相手に性感情を持たなければ恋愛は始まりません。

性感情があればお互いに惹きつけ合えます。

性感情を表わせば、それが相手に好意を示す手段となります。

また、性感情を交換しているときは、お互い身構えることなく、子供のような心の触れ合いが促進されます。

親離れしていない未熟な青年の中には、自分に性感情があることを認められない場合があります。

異性を見て赤面や発汗する人は、自分が性的人間であることを隠している可能性があります。

自分が持つ性感情を楽しみ、素直に表明できるのが大人というものです。

2)憧れの人物像に合致している

仮に、今の自分に100%満足していたら、自分と似たような人物に惹かれます。

今の自分にはない理知的なものを相手に求めて、知的な雰囲気の人に惹かれることもあります。

内気で引っ込み思案な人が外交的な人に惹かれるのは、それによって補完し自分を完成させたいという欲求に基づきます。

しかし、お互いがお互いの理想像に合致するような出逢いの確率は低いものです。

婚活パーティーなどに積極的に参加し、出逢う人の数を増やし、直感で見分けるのが現実的ではないでしょうか?

3)心を許し合えること

安心して相手に身をゆだねる、ゆだねられた相手もその状況を素直に楽しめる。

損得勘定なしの母子的一体感、すなわち愛というものが赤の他人同士で成り立つとき、恋愛が成立します。

お互いの思考・感情・行動に共感できる状態ともいえます。

自分の狭い了見・価値観・視野・常識を他人に押し付けるタイプの人間は、こういう共感体験を持ちにくいので、恋愛体質でないといえます。

住んでる場所や文化の違いを乗り越えられるような柔軟性が必要です。

4)今の自分を相手に開示できること

欠点や足りない部分も含めて今の自分を許容し、自分の生き方に自信をもっていることが必要です。

そういうありのままの自分を相手に開示しなければ、恋愛は始まりません。

失恋恐怖がある人は、相手に嫌われまいとして本当の自分を隠してしまうので、表面的なやり取りになりがちです。

「あたしはダメ人間だから・・」なんてセリフを言う人間は自己嫌悪の塊であり、自信がない人であり、克服のための努力を放棄している人です。

共感や心の交流などな望むべくもありません。

人付き合いが嫌いで引っ込み思案すぎる人は、親が心配して結婚相談所に勝手に登録する場合がありますが、見込みがないからお金の無駄でしょう。

恋愛とは自立した大人同士の心の交流ですから、自分に自信がない人には無理な芸当です。

恋愛して身に付くこととは?

1)自己主張能力の向上

恋愛対象へのアプローチを他人に頼むことはできません。

自分の判断と責任で、自分で実行し、その結果にも自分で責任を持たねばなりません。

「ごめんなさい」と相手から拒否されるリスクを背負わねばなりません。

見栄っ張りの甘えん坊には難しいでしょう。

恋愛行動で培った自己主張の体験は、恋愛以外の仕事や日常生活で人間関係を円滑にし、目的を達成するためにも役立ちます。

2)独立心の醸成

誰と付き合うべきか、どう誘うか、デートの計画をどうするか、このまま付き合いを続けるか、別れるならどういう方法が最適か・・・

恋愛活動をするには、基本的には誰にも頼らずに、自分の頭で考え、自分の責任で判断し、実行しなければなりません。

男とか女とか関係なく、お互いが精神的に自立した大人同士でなければならないのです。

親子の仲がいいのは大いに結構ですが、親に心理的に親に依存してしまっている子供に、まともな恋愛は無理でしょう。

異性と付き合った経験がない人向けに、結婚相談所のカウンセラーが至れり尽くせりのサポートをすることを売りにしている場合があります。

デートのやり方、交際の進め方、はたまた、プロポーズの仕方まで・・・

経験が無いならば無いなりに、失敗を恐れずに思い切って行動するくらいの気概がないと、婚活(恋活)は難しいというのが現実です。

「高い金を払ったんだから」という理由で、結婚相談所のサービスに頼り過ぎていると、恋愛して結婚までたどり着くのは難しいでしょう。

利用者の行動が全体的に消極的なせいもあり、結婚相談所での成婚率は、実質10%程度のようです。

3)柔軟性が養われる

例えば、1週間に一度デートする場合でも、毎回映画を見るという訳には行きません。

お互いがホドホドに満足するイベントや行き先を色々と考えて提案しなければなりません。

時間やお金の都合も考慮して、臨機応変に対応することが要求されます。

イベントの面白さが多少期待外れであったとしても、露骨に嫌な顔をするわけにもいきません。

相手ばかりではなく、自分も提案する側に回る必要があります。

つまり、柔軟性、人間の丸み、遊び心などが備わっていないと、特定の相手と長期間交際することは難しいのです。

4)不確実性への耐性が身に付く

恋愛関係は不安定な状態です。

結婚すれば法的な義務が伴いますが、恋愛では、気に入らなければいつでも別れられます。

従って、関係を維持するための労力を惜しむことができません。

それでも半年後、一年後どうなっているか分かりません。

将来結婚を考えていても、何が障害になって関係が破綻するか予測しにくいものです。

このような不確実・不安定な状態を自然と受け入れ、楽しめるような大らかさが必要と言えます。

5)自己認識が深まり、視野が広がる

特定の異性と深い心的交流を行うと、必然的に、自分に対する様々なフィードバックが相手から得られます。

自分では気づいていなかった自分に気付けます。

結婚に対する考えを問われれば、将来のことを具体的に考えるきっかけになります。

また、相手の考え・意見・価値観に触れることで、自分の世界や知識、視野を広げることが可能になります。

自分自身が人間的に成長することに興味がなければなりません。

最後に

この記事では、恋愛するために必要な条件と、恋愛して身に付くことについて述べてきました。

これらの項目を一つ一つ見直してみれば、自分がモテる理由、モテない理由が分かると思います。

何よりも自己認識を深めることが大切です。

無意識の領域をなるべく狭くするということです。

自分を知り、心理的にも安定した状態で、人生を楽しみたいものです。

オススメ記事リンク:
「彼氏・彼女いない歴=年齢」の人が結婚したいならコレを読め!恋愛の心理を親切解説!

結婚相談所サービス比較!厳選10社から自分に合ったサービスを探せます♪

以上

Pocket

The following two tabs change content below.

J-IWASAKI

元々、理科系の人間です。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点取得。 このブログでは、恋愛、婚活、転職、英語学習について書くことが多いです。 どうぞよろしくお願いいたします。