口臭によるスメルハラスメントを防止するための対策一覧

心配不要の一時的な口臭

朝起きた時、空腹を感じた時、または、一時的に緊張した時などは、唾液の量が少なくなります。

その結果、口内の細菌が増殖し、口臭が発生しやすくなります。

これは生理的口臭と言われるもので、歯磨きをしたり、飲食をして唾液分泌量を増やせば、口臭は自然と減ります。

また、ニンニク、タバコ、酒を摂取した後の口臭も時間の経過とともに自然消滅します。

従って、これらの口臭については心配はいりません。

病的な口臭とその原因

心配しなければいけないのは病気としての口臭です。

主なものを以下に挙げましょう。

歯周病

歯を磨いただけで簡単に出血することはありませんか?

もし歯周病ならば、進行すると血に膿が混ざるようになり口臭が悪化します。

虫歯

虫歯の進行とともに、口臭がきつくなります。

神経まで侵されると、臭いも強烈です。

歯垢・歯石

歯の表面の歯垢は細菌の塊です。

歯垢を放置しておくと歯石になります。

歯石が増加するとともに口臭が強烈になります。

舌苔

体調不良の時に、舌の表面に白い物質が付着することがありますが、これは舌苔と呼ばれるもので、細菌の塊なのです。

慢性ストレスによる唾液の減少

慢性的にストレス環境にさらされたり、ストレス耐性が弱い人だと、常に口の中が乾き、その結果、唾液が減少します。

細菌が増殖しやすい状況が長期間続けば、口内健康に悪いのは当然ですし、慢性的に口臭が発生することになります。

口内で癌が発生すると、口臭の原因になることがあります。

鼻や喉の病気

蓄膿症や咽頭炎により、膿が口内に広がり口臭の原因となります。

便秘

便秘は美容の大敵とよく言われますが、口臭の原因にもなります。

老廃物がスムーズに排出されず腸内に溜め込まれればどうなるか?

腐敗した排泄物から有害物質が発生し、腸壁を通じて血液を汚します。

血液が汚くなれば肺を通して、息が臭くなるのは当然です。

内臓系の疾患

胃炎、胃がん、十二指腸潰瘍、肝臓の不調は、血液の汚染などを通じて口臭の悪化につながります。

病的な口臭は出世の妨げとなる

上記の病的な口臭は、ほとんどが食事や生活習慣が原因となっています。

歯磨きや定期検診も含めて、最低限の自己管理ができていない証拠とも言えます。

もちろん100%自己責任とは言えませんが、少し意識を高めるだけで防げるものばかりです。

慢性的に異常な悪臭が発生しているということは、体が警告を発し悲鳴を上げているということです。

健康な状態ではありません。

自分の体すら管理できない人が、他人の面倒など見られるでしょうか?

社会に貢献するような実績を残せるでしょうか?

人から頼りにされるでしょうか?

他人から好かれるでしょうか?

嫌われたり避けられたりしますよね。

たかだか口臭とは言えません。

慢性的な病的口臭を発し続け、それに気づくこともできず、原因の特定や対策に取り組めない者が出世できる訳がありません。

恋愛や結婚にも悪影響を与えます。

もしも「口が臭い」と勇気を出して指摘してくれる人が現れたら、素直に感謝し、根本的な対策に取り組みましょう。

根本的な対策をしたい人へ

ブラック企業で悪性ストレスにさらされている人は、転職も選択肢の一つです。

ストレス耐性が弱い人は、カウンセラーに心理療法を依頼するのも有効でしょう。

体の病気に関しては、専門医に診てもらうべきです。

まずは、発生する臭いを正確に測定し、その根本原因を特定し、正しい治療を実行しなければなりません。

下記リンク先の口臭専門歯科医では、無料のカウンセリングを受け付けています。

たかだか臭いによって、自分の人生の足を引っ張られたくなかったら、一度検討してみてください。



《口臭》誰にも言えずに悩んでいませんか?バイオクリニックにご相談ください

以上

Pocket

The following two tabs change content below.

J-IWASAKI

元々、理科系の人間です。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点取得。 このブログでは、恋愛、婚活、転職、英語学習について書くことが多いです。 どうぞよろしくお願いいたします。