婚活失敗続きの男子必見!初デートで避けるべき会話はコレだ!

はじめに:

アラサーやアラフォーになっても婚活が上手く行かず、連敗続きの男性のために、この記事を書きました。

結婚相談所や婚活サイトを利用していると思いますが、お見合いやパーティを経て初デートをするときに、会話内容で避けるべきポイントをまとめてあります。

どうしても2回目、3回目のデートにつながらず、初回で敗退しているアナタは、何かを勘違いしているのかもしれません。

身なりは清潔で口臭も大丈夫ですか?

安い喫茶店で割り勘なんてしてませんよね?

それでも振られっぱなしなら、下記のようなNG行動をしている可能性があります。

いきなり「下の名前+ちゃん」付けで呼ぶ

メールやLINE、電話で話すときに、断りもなくいきなり、「ちゃん」付けで呼んでませんか?

女性からしたら、「私はキャバクラ嬢じゃない!」と怒るのは当然です。

良く知りもしない、好感を抱く以前の状態なのに下の名前で呼ばれたら、馬鹿にされているのも同じです。

仕事の商談で、相手の女性営業スタッフに対して、いきなり「○○ちゃん」と呼びますか?

婚活でも同じです。

社会人としての常識を疑われます。

デートをして親しくなって脈ありだと確信できた後に「○○ちゃん」と呼びかけましょう。

女性の一人暮らしの部屋に行こうとする:

力の弱い女性にとって、腕力に勝る男性は怖い存在です。

初対面と同じ状態なのに、いきなり一人暮らしの家に迎えに来られるのは怖いものです。

初デートは、どこか別の場所で待ち合わせするのが原則です。

初デートの時に、何か口実を作って「自宅に行っても良いか?」なんて訊くのもNGです。

図々しいですし、「体狙いか?」と疑われてしまいます。

相手女性の話を聞かない:

女性は男性に自分の話を聞いて欲しいと思っています。

別に解決策やアドバイスは要らないから、とにかく聞いて、理解して、共感して欲しいのです。

男にとっては重労働かもしれませんが、結婚したいなら必須です。義務です。

デート中にもかかわらず女性の話を途中で遮るなど言語道断。

男の義務を放棄しているに等しい行為です。

「あなたと結婚する気はない」と宣言しているのと同じです。

くれぐれも女性の話は遮らず、興味をもって真剣に耳を傾けましょう。

自慢話ばかりする:

私の職場にもいます。こういうアホな男が。

ホントかどうか確認しようもない下らない自慢話を延々としゃべり続けるのはアホとしか言いようがありません。

聞かされる方は苦痛でしかないのです。

一流企業で、50歳を超えた役職付者の中にすら、そういう奴がいます。

実力も自信もないことを白状しているのと同じです。

そういう者は例外なく、部下や同僚から陰口を叩かれています。

きっと、家族からも相手にされていないのでしょう。

この救いようのないアホと同じことを、こともあろうに初デートの場で実行している人がいるそうです。

身に覚えがある人はすぐに止めましょう。

なお、自分の失敗談を面白おかしく話すのはOkです。

きっと信頼され、教養のある人間だと思ってもらえるでしょう。

元カノの話をする:

あなたは、付き合ってる女性が、元彼の話をしたら気分がいいですか?

不愉快千万ですよね。

その不愉快な元カノ話を、こともあろうに初デートの場で披露する馬鹿男がいるそうです。

「オレは年は食っているけど、もともとモテるんだぜ」と自慢したいのでしょうか?

彼女でもない女性を、彼女だと勘違いしているのでしょうか?

本当に彼女がいたのだとしたら、その女性は相当精神レベルが低いのでしょう。

とにかく、相手の神経を逆なでするような思いやりのないKY発言はやめましょう。

料理など家事能力をあからさまにチェックしようとする:

「君の料理の腕を知りたいから、自宅に行っても良いか?」なんて訊くのもNGです。

初デートで、いきなり、相手を審査しようだなんて、上から目線も甚だしいですよね。

「私のことを女中にでもする気かしら?」「私はあなたの母親の身代わりじゃない!」と思われるだけです。

料理や家事の話自体はOKですが、相手女性を自分の手足のように思っているような発言は止めるべきです。

男性だってサラリーマンならば、上司のパワハラ発言には腹が立つはずです。

相手が反論しにくい状況では、とくに発言には気を付けるべきです。

いきなり子作りの話をする:

手をつないでもないのに、いきなり家族計画の話は早すぎるでしょう。

最初は気遣って、信頼関係を醸成して、親密な感情を育てていくのが先決です。

「私は子供を産む機械だと思っているのか?」と受け止められかねません。

一種のセクハラですね。

男尊女卑の精神丸出し:

時代は平成でも、精神は明治時代という男は、意外に若い世代にも多いものです。

今の政治権力者には戦前回帰願望が強い者が多いですが、だからといって、その人たちの真似をしてはいけません。

あなたは相手女性の生殺与奪を握っているわけではないのですから、男尊女卑発言をしたら直ぐに振られるでしょう。

「子供は男の子がいい」とか「高齢で子供が授からなかったら犬でも飼うか」とか、無神経発言をするモテない男子が婚活現場で跳梁跋扈しているそうです。

こういう男性と初デートをする羽目になった女性には、心から同情申し上げます。

最後に:

初デートを成功させて、2回目、3回目につなげられなければ、結婚はできません。

失敗の原因は何か?今後どうしたらいいか?

P(計画)D(実行)C(検証)A(行動)のサイクルをなるべく早く回して、男としてのダメさ加減を改良改善していかないと結婚できません。

自分の欠点と向き合う勇気がない男性は、時間ばかりを浪費し、一生結婚できないでしょう。

結婚はおろか、彼女すらできないで一生を終わるでしょう。

男性は女性と比べて孤独に弱い生き物です。

悲惨な老後を迎えたくなかったら、女性の心を傷つけてきた自分の言動を反省し、素直になって欲しいと思います。

もしも結婚相談所のカウンセラーに相談する機会があったら、自分の至らない部分がどこか、単刀直入に質問することをオススメします。

下記リンク先の情報も参考にしながら、素敵なパートナー探しに邁進してください。

あの人が結婚相手を見つけた意外な秘密とは。

30代以上を対象とした会員制クラブ【Private Members Club】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

以上

Pocket