仕事辞めたい人が相談すべき転職エージェントの利用方法

転職エージェントの評判やランキングを気にするのは正しい:

サラリーマンとして生きていく以上、雇い主である会社の環境が人生に大きな影響を与えてしまうのは避けられません。

譲歩できる限界を感じたら転職を考えると思いますが、その時に頼りになるのが転職エージェントです。

転職エージェントの有用性について、詳細は下記リンク先の記事を参照してください。

転職希望者が転職エージェントに相談すべきなのはナゼか?

ヘッドハントされるような実力があるならばともかく、普通の人は自分から応募して入社の許可を得なければなりません。

転職希望者をサポートしてくれるエージェントはたくさんありますが、どれを選べばいいか悩む人は多いのです。

ネット上で探すとき、自分の年齢、希望する業界、勤務地域など、基本的なところが合致したところを選ぶのは難しくないでしょう。

問題は、本当に自分の望む結果を得られるかどうかです。

エージェント側のアピールサイトを鵜呑みにしろと言われても抵抗がありますから、第三者の評判を気にするのは当然の心理です。

口コミやランキングを検索する人が多いのはそのためです。

ネット上の評判やランキングの限界とは?

転職エージェントの評判やランキングを扱っているサイトは多いですが、そういうサイトをなるべくたくさん眺めれば、あなたにとって最適なエージェントを選択できるのでしょうか?

同じ転職エージェントを利用した者であっても、満足いく結果が得られた人もいれば、不満が残る人もいます。

満足すれば良い口コミを、不満があれば悪口を書くかもしれません。

不満の原因は転職エージェントにあるとは限らず、転職希望者の資質のせいかもしれません。

良い口コミをお金で買うことも物理的には可能です。

悪い口コミを削除することも可能です。

ランキングにしても、サイト運営者の恣意的操作が可能です。

客観的でわかりやすい、かつ、納得できるランキングなど存在するのでしょうか?

仮に存在したとして、そのランキングは「あなたにとって」正しい情報なのでしょうか?

ネット上の評判・口コミ・ランキングが、第三者の評価を何割かは含んでいるとしても、これから転職活動をしようとするあなたが信頼できる情報なのでしょうか?

目に見えない支援サービスゆえのバラツキ

例えば、ネット上で家電製品を買う場合は、品名・メーカー・型式を指定すれば、だれでも同じものを入手できます。

不良品でない限り、同じ仕様の製品が届きます。

感動すればネット上で良い口コミが自然と広がり、期待外れの製品ならば悪い口コミが多くなります。

比較的当たりハズレが少ないと言えるでしょう。

しかし、転職支援サービスの場合は、モノの売買とは異なります。

2人の人が同じ転職支援サービスを利用しても、結果に雲泥の差が出る可能性があります。

転職エージェントの組織やサービスがどんなに優れていても、利用者側の姿勢や能力に問題があれば、結果が思うようにならないのは当たり前なのです。

目に見えない転職サービスが製品購入と異なるのはここです。

第三者の転職エージェント利用体験記を鵜呑みにできない理由をご理解いただけたでしょうか?

自分で判断する際のチェックポイント

ネット上で基本条件を満たす転職エージェントを複数選んだら、どうやって絞ればいいのでしょうか?

自分で汗をかいて、自分で直接エージェントに出向いて、カウンセラーから直接話を聞き、直接疑問点を投げかけねばなりません。

あなた個人にとって良いか悪いかは、あなたにしか分かりません。

転職エージェントの利用には、原則お金がかかりませんが、実際にカウンセリングを受けてみると、ネット上の口コミがいかに無力か分かります。

自分で直接現場に出向かないと何も分からないということを痛感します。

自分が利用するに相応しい転職エージェントかどうか、チェックポイントは下記のとおりです。

・カウンセラーが親身かどうか?

・カウンセラーの変更は可能か?

・自分が希望する求人情報をその場で見せてくれるか?

・履歴書や職務経歴書の書き方指導やチェックをしてもらえるか?

・面接のノウハウ指導をしてくれるか?

・相手企業と給与などの条件交渉をしてくれるか?

・今の会社を円満退社するためのアドバイスをしてもらえるか?

・足りない知識や資格を補うための研修制度があるか?

・料金はかからないか?

上記事項は転職エージェントのサイトにも書かれていますが、改めて自分で直接確認することが大切です。

相談後に、その場で決める必要はありません。

試しに他のエージェントに相談に行き、話を聞いても良いのです。

複数の転職エージェントを同時利用してもいいでしょう。

話を聞いた結果、社会の現実を知り、取りあえず転職活動は保留にしようと判断することもあり得ます。

選んだ転職エージェントを生かすも殺すもあなた次第!

転職エージェントは、上げ膳据え膳であなたを転職させてくれる存在ではありません。

受け身の姿勢ではうまく行かないでしょう。

転職エージェントは利用される存在です。

エージェントを生かすも殺すも転職希望者次第です。

転職エージェントは希望者に対して提案はしてくれますが、強制はしてくれません。

決めるのはあなた自身です。

何事もリスクをゼロにすることは出来ませんが、どのように行動するか、最終的にどんな判断をするか決めるのはあなたです。

家電製品の購入ならば不良品が納品された場合、相手に文句を言えばいいですが、転職の場合、転職先で不満を抱いてもエージェントのせいにすることは出来ません。

文句を言っても後の祭りです。

自己責任という厳しい現実が存在するのです。

オススメ転職エージェントの紹介

最後に、おすすめの転職エージェントをいくつか紹介します。

リンク先の紹介記事を確認の上、まずはエージェントの無料相談に申し込んでみてください。

1)IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職を考えている人へ

転職支援会社を探している人へ:IT・WEB・ソーシャルゲーム業界ならGEEKLYに相談すべし!

IT知識ゼロのあなたが無料で研修を受け、短期間で就職する方法

2)薬剤師にオススメのサービス

ファルマスタッフはママさん薬剤師の味方!能力と時間を有効活用して高収入を得る方法とは?

薬局・病院・ドラッグストアを辞めたい薬剤師のための転職サービスとは?

3)ホワイト企業への転職を希望する20代の方へオススメ

【あなたの会社はブラック企業?】ホワイト企業への転職を成功させる方法とは?

4)ワークライフバランスを重視して働きたい女性介護職へオススメ

女性介護職のための転職支援サービス【なでしこ介護士】

5)ブラックな飲食店で働かされているあなたを救うための転職情報

飲食店を辞めたいアナタのための転職サービス情報

6)50代までの幅広い年齢層で、寮付き求人をお探しの方

即入寮可のお仕事なら【イカイジョブ】

皆様のご健闘をお祈りいたします。

以上

Pocket