女心を知りたいならばコレを読め(5)

女心を知りたいですか?

女性と男性は同じ人間とは言え、かなり違った生き物です。

男にはない、男には分からない、女ならではの特徴・行動を述べたいと思います。

髪の毛は女の生命:

サラサラの黒いロングヘア―に見とれてしまう男性は多いと思います。

美しいだけでなく自分にはないものに憧れるのは当然でしょう。

恋人になれば触らせてくれると思いますが、そっと髪の毛を撫でられると、女性はうっとりとした表情をします。

まるで髪の毛の1本1本に神経が通っているかのようです。

自分の変身願望を手っ取り早く満たしてくれる髪の毛を女性は念入りにケアします。

寝坊したら、朝食を抜いてでも髪のセットに十分時間をとるのが普通です。

また、外出時に雨風に晒されてヘアが乱れるのを嫌います。

男性は自分の髪の毛をぞんざいに扱う人が多いと思いますが、女性にとっての髪の毛は自分の生命と同等だと思っていいでしょう。

痩せたいけど食べたいという心理:

少々ポッチャリしている方が健康的に見えて好みだという男性は多いのですが、女性はスレンダーなスタイルに憧れるようです。

小学生向けの雑誌でも、痩せた女性の方が素敵だと言わんばかりの言説が目立ち、自分のスタイルを気にする子が多いと聞きます。

「太っている女性は醜い=男性にモテない」という刷り込みは想像以上に進んでいます。

だから女性は体重を気にするし、女性に対して体重を尋ねるのはご法度なのです。

女性に対して「あなたは太っていますね」なんて指摘するのは論外です。

しかし女性は食べることが大好きです。

味覚が優れているので、男性よりも食べることを楽しむ能力に優れているのです。

「食べたいけど痩せたい」という願望を満たしてくれるダイエットノウハウがテレビで受ける理由がお分かりでしょう?

脚線美という武器:

男子生徒が職員室に呼ばれて説教をされる際、その女の先生の脚線美に見とれてボッーとしてしまい怒られるという場面を、あるアニメで見ました。

この男子生徒の心情は男性ならば理解できると思います。

スラっと伸びた綺麗な脚は、とてもセックスアピールがあります。

気にするなの言われても無理なのです。

女性側も自分の足に注目が集まっているのは、十分に承知しています。

だからこそ、ミニスカートの季節には足のケアを十分に行い、キレイな色柄のストッキングを履くのです。

女は花が好きなのはナゼ?

好きな女性に男性が花を贈るというのは、小説や映画でもよく見られるシーンです。

男性はそうでもありませんが、女性は花が大好きです。

なぜでしょうか?

女性は競争よりも皆で仲良くしたいと思っており、平和を強く願います。

過去に人間が引き起こした戦争は、ほとんどが男性が引き起こしたものです。

では、なぜ女性は平和を願うのか?

それは、出産・子育てという仕事は平和な環境でないと困難だからです。

銃弾が飛び交う治安の悪い状態で、子孫の繁栄をイメージすることはできません。

希求すべき平和の象徴として、花が咲いている情景を本能的に思い浮かべるのです。

義務的に形式的に花を贈ってきた男性は、こういう女性の心情を慮りつつ花選びをしてみてください。

女同士で触れ合うのはナゼ?

ある日の通勤路で、とても印象的な場面に遭遇しました。

女子高生らしき二人がバッタリ出会い、久しぶりの再会を喜び合っていたのです。

二人とも満面の笑顔でお互いを見つめ合い、両手をしっかり握り、お互いの指を絡め合わせつつ、言葉を交わしていました。

まるで深く愛し合っている恋人同士のようでした。

私は、その二人の脇を通り、通勤先へ歩いていきました。

少し経って、やっぱり気になり後ろを振り返ると、例の女子高生二人は依然として濃密な感情交流を継続していました。

最終的にはどのくらい「愛情」のやりとりが続いたのか確認しませんでしたが、かなり長い時間だったのではないでしょうか。

このような喜び方は、通常、男同士では考えられないことです。

親密な男女間でも、普通は無いと言っていいでしょう。

女性同士ならではの触れあい行動です。

嬉しいことがあると、どうして女同士で触れ合おうとするのか、その理由は分かりませんが、男としてはとても興味深いです。

アナタには、この理由が分かりますか?

まとめ:

女性ならではの特徴や行動をいくつか述べてきました。

男が彼女を作りたいならば、女性特有の行動に無頓着・無関心であってはなりません。

男女交際では、男同士の付き合いとは違った行動が求められます。

なるべくスムーズに婚活し、結婚できるように、最低限の配慮をしたいものです。

関連リンク:
【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

投稿者: J-IWASAKI

元々、理科系の人間です。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点取得。 このブログでは、恋愛、婚活、転職、英語学習について書くことが多いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です