女心を知りたいならばコレを読め(1)

はじめに:

男と女は全く違った生き物であるがために、理解し合うのは難しいものです。

男が女を完全に理解するのは、一生かかっても無理かもしれません。

姉妹がいたり日常的に女性に囲まれて過ごしている人は、女性とうまく折り合いをつける方法を体で覚えています。

しかし、学校や職場の事情で女性と話をする機会すらない人は、お見合いをしても、基本的なマナーを知らないために思いっきり嫌われてしまうかもしれません。

この記事では、女性という生き物の基本的な特性について述べたいと思います。

腕力の弱さから来る恐怖感:

肩幅が広くてがっしりした人は女性の視線を集めます。

肩幅の広さは腕力の強さでもあります。

女性の腕力は男性の6割程度であり、力ではかないません。

女性は自分にはない力に憧れますが、同時に恐怖も感じています。

男でも、プロレスラーみたいなガタイの人に囲まれたら怖いですよね。

それと同じ理由で、女性は男性に対して常に恐れの感情を抱いています。

電車などの密閉空間で知らない女性と距離が近くなった時に、一瞬睨みつけられたことはありませんか?

これは、襲われたらどうしようという警戒心の表れです。

「赤の他人を睨みつけるなんて礼儀のなっていない女だ」と思うかもしれませんが、根底には恐怖感があるのです。

理解してあげましょう。

尖ったものが嫌い:

女性は尖ったものが嫌いです。

従って、鉛筆やシャーペンの先、ナイフの先端を女性に向けてはいけません。

また、女性に向かって指さしをしてはいけません。

女性が好きなのは、丸みを帯びた形状や曲線です。

女性相手に商売をしている会社は、鋭利な刃物を連想するようなデザインを絶対に採用しません。

有名な化粧品会社の会社ロゴを観察してみれば分かることです。

女性と話をするときは、両手のひらを見せて微笑むのが正しい態度だといえます。

壁ドンなんてもっての他:

腕力に勝る男にいきなり壁ドンされたら、女性は恐怖感を抱くのが普通です。

男だって、身長2メートル、体重150㎏の巨漢に壁ドンされたら顔が引きつりますよね。

では、なぜ壁ドンが女性に人気なのでしょうか?

それは、イケメンの憧れの男性にしてもらいたいという妄想がそう言わせているのです。

付き合ってもいないのに、好きだからという理由でいきなり壁ドンして告白するのはやめましょう。

痴漢が許されない理由:

電車などの密閉空間では、毎日のように痴漢が多発しています。

痴漢が許されない理由は下記のとおりです。

・いきなり知らない男から触られたらびっくりするし、恐怖感を覚える。
・腕力ではかなわないので自分の力では止められない。
・密室なので逃げ場がない。
・いつ終わるか予測できず、支配されている状況に絶望感を覚える。
・大声を出して助けを呼べるような勇気のある女性は一握りである。
・個人として尊重されず侮辱されている状態である。
・強い立場を悪用して弱い者いじめをするのは卑劣な行為である。

よく、痴漢被害を訴える女性に対して、「女性専用者に乗ってないオマエが悪い」とか「お前みたいなブス、相手にしてもらえるだけ有難いと思え」などと悪態をつく男がいます。

こういう人は、日常的に弱い者いじめをするのが習慣化しているのでしょう。

リスクを背負いつつ強い者いじめをする者は応援したくなりますが、弱い者いじめをする人間には嫌悪感を覚えます。

女性に睡眠薬を飲ませ、意識がなくなった状態でホテルへ連れ込み強姦に及んだマスコミ関係者がいましたが、総理大臣の友達だという理由で起訴もされずにノウノウと暮らしています。

この被害女性に共感や同情を覚えられないような男は、女性と人間関係を築くための基本的な素養を欠いています。

男にはない女の武器とは?

女性は、その腕力の弱さゆえに男性に対して恐怖感を抱く生き物ですが、男性よりも優れた能力を持っています。

細かな色の違いを見極める能力は特筆ものです。

デパートに行くと、同じ赤系統の口紅があんなにたくさん並んでいるのはナゼだろうと思いませんか?

女性は、可視光の微妙な波長の違いを見分けられるので、色に対するニーズも細かくなるのです。

臭覚、味覚、聴覚も、女性は男性よりはるかに優れています。

女性が「この食べ物、なんか変」と顔をしかめたら、食べない方が無難です。

男性と比べて女性は繊細なのです。

女性の感覚は男性よりも上であるという事実を前提にして、デートの時は身だしなみや清潔感に気を付けましょう。

いつまでも若くいたいという願望:

化粧品、ダイエット、サプリ、美容整形・・・

女性の購買意欲は旺盛ですが、いつまでも若く綺麗な状態でいたいという願望がとても強いのが原因です。

「え!?あなた、本当に〇〇歳?!信じられない!もっと若く見える」
「あなたは、昔と変わらず若いままだねえ・・」

こういうセリフが女性に喜ばれます。

「なんか老けて見えますね」「肌が汚くて荒れてますね」

こんなセリフは禁句です。

まさか本当に言う人はいないでしょうが、念のために・・

まとめ:

女性の特性について基本的なところを述べてきました。

こんなの常識だという人もいるでしょうが、意外に知らなかったという男性も多いはずです。

女性と親密な関係を築きたかったら、女性がどういう生き物なのか知っておく必要があります。

何事も準備が大切なのです。

女性に関する知識も恋愛経験もないのに、いきなり婚活を始めてもうまく行きません。

この記事が何かしらお役に立てば幸いです。

【ハッピーカムカム】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

婚活にプロデューサーの力を【クラブ・マリッジ】

以上

Pocket

The following two tabs change content below.

J-IWASAKI

元々、理科系の人間です。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点取得。 このブログでは、恋愛、婚活、転職、英語学習について書くことが多いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です