モテたいのに、もてない男になってる理由はこのマインドにあった!

はじめに:

好きな人にアプローチして告白するのも悪くありません。

しかし、できれば営業活動をせずとも、向こうから勝手に寄ってきてもらった方が楽だし快適ですよね。

色んな女性からアプローチされる人のことをモテる人といいます。

モテる人は少数派であり、モテない人がほとんどです。

どうすればモテる人になれるのでしょうか?

モテない理由は何でしょうか?

この記事では、マインドセット(心構え)や行動面からその原理を解き明かしたいと思います。

合コンへの参加態度から見えてくるマインドの違い:

アナタが合コンに参加する時の態度は、下記のうちどれに該当しますか?

1)レベル1
 男女が同数揃うように知り合いや友達に声をかけるなど、自ら骨を折ります。状況に合ったお店を慎重に選び、予約も自分でします。合コン当日に欠員が出ないよう関係者との連絡を欠かさず、欠員が出た場合は補充のために動きます。当日は、乾杯の音頭をとり、場が盛り上がるよう適切な話題を持ち出す配慮を見せます。自分の好みの女性を見つけても、あからさまなアプローチはせず、他の女性と不公平が生じないよう気遣いをします。孤立している人がいたら話しかけるなど優しい態度を忘れません。

2)レベル2
 あまり合コンの企画はしませんが、誘われれば積極的に出席します。雰囲気が暗くならないように積極的に話題を振る配慮が出来ます。気になる女性がいたら積極的に話しかけます。それが目的で来たんですから・・。他の女性が居心地悪そうにしていてもあまり気にしません。もしも、好みの異性が全くいなかったら、用事を作って早めに帰ってしまうこともあります。

3)レベル3
 合コンには誘われれば出席することもあります。基本的にそんなに気乗りしません。場を盛り上げる役回りは人に任せます。好みの女性を見極めるとか、自分から話しかけるとか、気遣いを見せるとか、面倒なことはあまりしたがりません。黙って下向いて食事に集中というパターンもあります。話しかけられれば答えますが、積極的な会話のキャッチボールが出来ないので、そっけない印象を受けます。「何のために合コンに参加したんですか?」というタイプです。

4)レベル4
 人付き合いが苦手なので、合コンに誘われても断ることがほとんどです。論外です。

言うまでもなく、レベル1からレベル4へ行くにしたがってモテなくなります。

他人を気遣い、つまらない損得勘定に拘泥せず、人が楽しんでくれるのが楽しいという人は異性からもモテやすいのです。

その逆で、自分の気分や都合ばかりを考える人は苦難の人生を歩みます。当然、モテません。

不幸オーラ全開の人に惹きつけられる人はいませんよね。

英語学習への取り組み方から見えてくるマインドの違い:

恋愛や婚活とは異なりますが、社会人が英語学習する時の取り組み姿勢について考えてみましょう。

1)レベル1
 仕事上の必要性を見越し、グローバルな舞台で活躍しやすいなどの将来性を見据え、計画的に英語の勉強を進めようと決断します。費用を自分で負担することを躊躇しません。スキマ時間を効率よく利用し、毎日コツコツと学習を行います。テストを受け、自分に足りない部分を実感したら、それを補う方法を見つけ出し、すぐに実行に移します。英語学習は年単位の努力を要しますが、途中で挫折しないよう、継続する習慣を日常生活の中に組み込む賢さがあります。

2)レベル2
 会社から強制されれば、仕方なく取り組みます。英会話教室への参加機会を用意してもらえれば出席するし、教材費を出してもらえるなら購入します。しかし、受け身の姿勢なので根本的にはヤル気が無く、時間と労力をかけようとしません。教材類はホコリをかぶったままです。人から指示されなくなれば、勉強はすぐにやめてしまいます。知識が身に付きにくいので実力が向上せず、テストの点数も低いままです。

3)レベル3
 会社から勉強するよう言われても、できない言い訳ばかりを熱心に考えます。お金はもちろん、時間も労力も一切かける気がありません。仕事上、英語が出来なくて不自由する立場でありながら、その場しのぎのゴマカシ方策に明け暮れ、逃げ回ります。外国人を前にして分った振りをしたり、無料翻訳ソフトの誤訳をコピペしたりするので周囲に迷惑をかけますが、それでも地道な努力をするよりはマシだと考えています。

4)レベル4
 英語学習のためにお金・時間・労力をかけることは一切ありません。そればかりか、会社が教材費を負担してくれるなら会社のお金で購入し、それをヤフオクで売り払って小銭を得ようと悪知恵を働かせます。救いようがない貧乏神と言えます。

英語学習への姿勢一つとっても、金持成功マインドから、貧乏神マインドまで様々なレベルがあることがわかります。

あなたは、どのレベルのマインドに共感しますか?

ケチなマインドの持ち主にはケチが寄ってくる:

合コンと英語学習という異なる分野をあえて挙げ、様々なマインドレベルを例示しました。

レベル4やそれに近いケチケチマインドを持っている人には、自然とケチが寄ってきます。

レベル1の人がアプローチしてくることはありません。

レベル4の人でも運よく結婚できるかもしれませんが、あくまで同レベルの人とだけです。

類は友を呼ぶのです。

それはそれで構わないと思いますが、豊かな人生とは言えないでしょう。

素敵な人にモテたいならアナタも素敵な人になる努力をすべし:

レベル1の人には、レベル1~4まで様々な人がアプローチしてきますので、選び放題です。

これがモテる人です。

イケメンとか外見と異なり、モテるためのマインドセット獲得には努力を要します。

後天的なものなので、誰でもモテ体質になることができるのです。

モテる人は、自分の弱い心に勝って困難を乗り越えられる人です。

その実力ゆえに嫉妬されることも多いでしょうが、嫉妬とは形を変えた賞賛に他なりません。

豊かな人生を歩むためにもモテ体質を身に付け、モテ体質の人を伴侶にしようではありませんか。

関連リンク:
30代以上を対象とした会員制クラブ【Private Members Club】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

以上

Pocket

投稿者: J-IWASAKI

元々、理科系の人間です。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点取得。 このブログでは、恋愛、婚活、転職、英語学習について書くことが多いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です