婚活で焦るアラサーアラフォーが成功するためのマインドセット

はじめに:

昭和の時代だったら、アラサーアラフォーの独身者は珍しい部類に属し、奇異の目で見られていました。

周囲の人間も心配して、一生懸命お見合いを薦め、落ちこぼれを出さないように知恵を絞り、社会全体で丸く収まるような力学が働いていたのです。

しかし、人間関係の希薄化が進むにつれ、善意で世話を焼く人がいなくなり、結婚することが難しい時代になりました。

近年、情報技術の進化とともに婚活支援サービス業界が充実してきたのには、こういう背景があります。

モテる体質の人は婚活なんてしない:

世話焼きおじさんや世話焼きおばさんが絶滅したからと言って、すべての人が困っているわけではありません。

モテる外見やモテる体質をもっている人は、若い時に日常生活の中で恋人を見つけています。

例えば、学生の身分で彼氏や彼女を作れる人は、遺伝子的な素質だけではなく、後天的な努力も継続しているのです。

私の身の回りでも、そういう人は20代の適当な時期に自然と結婚しています。

個人的な葛藤や悩みはあったでしょうが、少なくとも、いわゆる婚活はしていないのです。

婚活する人は一種の売れ残りである:

アナタが結婚相談所や婚活サイトを利用している人だったら、アナタはモテない人に属します。
(私もかつてはそうでした)

反発を食らいそうですが、これは事実です。

モテる人なら日常生活の中で自然と異性からアプローチを受け、自分からも適切なアプローチができます。

しかし、モテない人はこういう出逢いが発生しません。

精神的に貧困な家庭環境で育ったり、模範となる人に出逢えなかったり、運にも左右されますが、嘆いても仕方がありません。

いい歳になるまでモテない体質を引きずっているという冷厳な事実を受け入れることが先決です。

事実を直視しないことには、原因の究明も有効な対応策も打てません。

婚活市場では、自分が必要とされる場所で探そう:

30代の女性が、20代~30代の男性からリクエストされる訳がありませんよね?

彼らの多くは、20代のなるべく若い女性に子供を産んで欲しいと願っています。

生物としての本能に基づいているので仕方ありません。

つまり、アラサーアラフォーの女性だったら、40代後半や50代の男性も受け入れる必要があります。

また、女性はイケメンの高身長に目が行きがちですが、そんな誰でも考えるようなことをしてたら生存競争に勝てません。

低身長のブサメンでもいいですから、競争の激しくないところを狙いましょう。

生活力があり、自分が自然に話せて、一緒にいて楽・・。相手男性に対して、これ以上何を望みますか?

男性も、可愛い娘ばかりを追っかけるのではなく、自分を受け入れてくれそうな人を探しましょう。

出逢ったときに普通に話せる相手ならチャンスです。迷わずデートに誘いましょう。

選んでもらえそうな人と付き合うのが結婚への早道:

20代の若い女性だって、結婚相談所のお見合いで断ってばかりだと、次第に誰も紹介してもらえなくなります。

自分の不見識やワガママを治さなければ、相談所退会の憂き目にあうことは確実です。

確かに若い女性は婚活市場で引く手あまたですが、そのチャンスを生かせるのは賢い人だけです。

精神レベルが自分の身の丈に合う人、人生の伴侶として一緒に協力してやっていける人を見極める目を持たねばなりません。

自分を過大評価せずに、まずは、自分を選んでもらえそうな人とデートを重ねるのが結婚への確実な道です。

自分が憧れる人、尊敬できる人と結婚できる人はいない:

女性でよく聞かれるのが、「尊敬できる人と結婚したい」というのがあります。

夢を壊して申し訳ありませんが、これはあり得ません。

尊敬できる人や憧れの人は、あくまで自分が模範とすべき師であり、結婚相手ではありません。

尊敬という言葉が出てくるということは、その人と自分は精神レベルが釣り合っていないのです。

夫婦になる者同士の精神レベルは同じです。

この原則に例外はありません。

許嫁が当たり前だった明治時代じゃないんですから・・・

精神レベルが同じでないと、付き合っていても直ぐに飽きてしまいます。

囲碁や将棋だって、一方が強すぎたり弱すぎたりすると、もう二度とやる気が起きませんよね?

同レベルの相手とだったら、楽しいからいつまでも続けることが出来ます。結婚生活も同じです。

人間は自分自身のことが良く分かっていませんし、過大評価をしがちです。

付き合う相手が、自分の願望の7割程度を満たしてれば御の字だし、それが自分と釣り合う相手だと思っていいでしょう。

身の程知らずは、婚活で身を亡ぼすだけです。

自分の「理想」はひとまず脇に置こう:

アナタは、自分の理想をどうやって作り出したのですか?

テレビドラマ、映画、漫画、アニメ、小説などからイメージを膨らませたのですか?

福山雅治?堀北真希?

そんなイメージは非現実的です。

ツマラナイ自分のこだわり、思い込み、狭い見識は潔く捨てるべきです。

現実的な結婚相手のイメージは、能動的に婚活しながら見つけていくのが正解です。

自分の「理想」を現実に押し付けるのではなく、現実に付き合ってる人間をしっかり観察しつつ、その人との結婚生活をイメージしていくのです。

一緒に協力しつつ結婚生活を維持できそうなら御の字じゃないですか?

自然に手をつなげる相手なら、それがあなたの理想です。

幸せやチャンスは、すぐ近くに転がっているものです。

謙虚さ、柔軟性、相手の良いとこを探すという素直さが重要:

自分は福山雅治や堀北真希とは結婚できないんだ、という事実を認め、謙虚になることが大切です。

自分の本当の実力なんで、自分の思っている十分の一程度です。

婚活市場からの要求、婚活市場での自分のポジションを知ったら、それに合わせて柔軟に考えを変えましょう。

ダーウィンも言ってるように、柔軟な適応力がない人間は生き残れません。

頑固を誇るのは凡人の常です。

相手の話に真剣に耳を傾けるという素直さも必要です。

相手の趣味の話を色眼鏡をかけながら聞いていませんか?

オタク系なら自動的に「キモイ」という反応をしていませんか?

ステレオタイプ的なものの見方や偏見に凝り固まっている人は、脳が老化している証拠です。

年齢ではなく、精神的な若さの話です。

知ったかぶりは止めて、素直に人の話に耳を傾けましょう。

好奇心旺盛で、とても知的に見えると思いますよ。

上から目線のワガママは自殺行為:

アラサーアラフォーくらいになると、社会経験を積んできているため、ある意味、生きることに自信がついてきます。

しかし、自信と言っても、その内容はたかだか知れているのではないですか?

サラリーマンとして人に雇われている程度で、一人前ヅラですか?

今は、大企業で社長という肩書を持っている人ですら、実質サラリーマンです。

会社から追い出されたら瞬時に息絶えてしまうような生命力しかない「偉い人」は珍しくありません。

全てを失ってもまたやり直せるような真の実力者は、気持ち的にも余裕があるので、初対面の人間に対して上から目線で対応することはありません。

謙虚さを兼ね備えています。こういう人はとても魅力があります。

上から目線でふんぞり返っているような人は、婚活市場では誰にも相手にされません。

生涯独身確定です。

また、アラサーアラフォー女性によく見られますが、「何も言わなくても、あたしの気に入るように接待してよ!」という受け身の姿勢では、即、男性から捨てられるでしょう。

ワガママは自殺行為です。

強みを磨き、弱点を改善する意思がありますか?

結婚生活をするにあたり必要な技能は色々ありますが、その技能を磨くのは大きなアピールポイントになります。

料理などは代表的なものです。

なんでもいいので、自分の強みを伸ばしましょう。

弱点があるなら、すぐできるものを優先して改善実行しましょう。

自分自身の改良改善を継続しつつ、粘り強く行動を継続した者は年齢に関係なく生き残れるでしょう。

最後に:

アラサーアラフォーにもなれば結婚に対して焦りが生じる年代です。

結婚は、一般的には若い世代がするものです。

若ければ若いほど有利です。

いい年して婚活してる人は、他人より出遅れていると思っていいでしょう。

それでも皆、生涯の伴侶を得たいと思っています。

この記事で述べた成功するためのマインドセット(心構え)が少しでも役立てば幸いです。

あの人が結婚相手を見つけた意外な秘密とは。

30代以上を対象とした会員制クラブ【Private Members Club】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

以上

Pocket

The following two tabs change content below.

J-IWASAKI

元々、理科系の人間です。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点取得。 このブログでは、恋愛、婚活、転職、英語学習について書くことが多いです。 どうぞよろしくお願いいたします。