スポンサーリンク

結婚できるか不安なら自分を変える習慣を身に付けよう

結婚できるか不安なら自分を変える習慣を身に付けよう:

周囲の結婚・出産ラッシュに乗り遅れまいと焦っている人はいませんか?

日常生活の中で恋人を見つけられず、自宅と職場の往復だけを繰り返していても活路は拓かれませんよね。

最後の手段として結婚相談所を選択するのは正しい判断だと思います。

カウンセラーの専門的サポートも受けながら、安心できる場所で生涯の伴侶を探すことができます。

しかし、なかなか思うように行かず「本当に自分は結婚できるのか?」と不安になっている人が多いと思います。

せっかくお金を払って婚活しても結婚できないのは、相談所のシステムではなく婚活者自身に原因があります。

この記事では、結婚相談所で成婚するために必要な心構えについて考えたいと思います。

結婚は、進学や就職よりも難しい?

皆さんは、進学や就職に多大な時間・労力・お金を費やしてきたはずです。

大学に行くために塾や予備校に通い、必要な知識を詰め込み、何百万円という奨学金を借りて進学し、大卒のパスポートを手に入れたのです。

就職活動も在学中早めに開始し、企業研究や情報交換に余念がない。

第一志望に受かるために自己分析や面接テクニックを磨き、十分にリハーサルを繰り返してから本番に臨むのが普通です。

自分の未熟さを認め、足りないところを補うために努力し、自分を変えてきたのです。

その結果、社会人として安定した収入を得ながら生活し、結婚相談所にも登録できたのです。

でも結婚は、進学や就職よりも難しいと思います。

進学や就職は、具体的にこういう風にすればこんな結果が得られるというガイドラインを示してくれる人がいるので、それに従えば目標達成に近づけます。

人から言われるまで動けない受け身人間あっても、疑問を持たずに素直に勉強していれば秀才として高いスペックを得ることが可能なのです。

でも結婚は違います。

皆に通用するガイドラインやマニュアルなんて存在しません。真っ白なキャンバスに自分で絵を描くようなものです。

やってみないと分からないという不確実性があります。

自分を殺して周囲に合わせて良い人を演じていればOKという訳には行きません(逆に嫌われる!)。

自分の人間性を相手にさらけ出して、長所だけでなく短所も受け入れてもらわねばなりません。

気遣いや思いやりをベースにしたコミュニケーション能力が要求されますから、「他人を蹴落としてでも自分が助かればいい」という自己中は相手にされません。

さらには、「この人と結婚すべきか」を自分で決断しないといけないのです。

進学や就職なら色んな口コミで評判を事前に確かめられますが、目の前の人と結婚して上手くいくかどうかは誰にも分かりません。

自分ですべて確認し、そして自分の責任で決断しなければなりません。

スポンサーリンク

カウンセラーはサポートしてくれますが、結婚生活がうまく行く保障まではしてくれません。

繰り返しますが、結婚は、進学や就職よりも難しいのです。

進学での努力を婚活でしないのはナゼ?

これほどまでに難しい婚活をしているのに、結婚相談所にいる人はあまり努力をしていないようです。

かつて進学ではあれ程までに頑張っていたのに、婚活では受け身一辺倒。

「お金を払ったんだから良い人を紹介してもらえる」「待っていればそのうち結婚できる」

こんな心構えでは、100年経っても結婚できません。

そもそも、結婚相談所に来る人は恋愛偏差値が低い人たちが多いと思います(死別で再婚を望む人などは除く)。

学校や職場など日常生活の中で恋の駆け引きが出来ず、付き合いに発展せず、デートをしてもフラれ続けたのです。

マッチングアプリで見つけた恋人と何年同棲したって、結局別れたのでは意味がありません。

何かが足りないから、仕方なく結婚相談所に行き着いたという現実を認めねばなりません。

会社での立場や肩書、学歴や年収を振り回しても幸せな結婚はできません。

異性との交際するために自分が身に付けねばならない知識や能力は何なのか見極めましょう。

結婚相談所の利用者は自分を変える努力が必要:

結婚相談所を利用するならば、未熟な自分を直視して自分を変えねばなりません(頑固を誇るのは小人の常)。

自分を変えるには、危機感を持ちつつ、自分の悪い所に自分で気付かねばなりません(今の生活に満足してたら何も進歩しない)。

自分を変えるには、不慣れなことや面倒に感じることに取り組む必要があります(人見知りでもデートの達人を目指そう)。

自分を変えるには、自分の意見ではなく他人の意見に耳を傾けねばなりません(自分の本当の姿を知ってるのは他人です)。

自分を変えるには、従来と異なる態度や行動を習慣化する必要があります(つまらない選り好みをやめて、相手に敬意を払い感謝しよう)。

習慣化すれば、それが新たな性格を形作り、必然的に新たな運気が舞い降りてきます(カウンセラーだって健気に行動する人を応援したくなります)。

楽な道ばかり選び、地道な努力が出来ない人に現状打破は無理でしょう(相手のあら探しや批判・文句が癖になってませんか?)。

まとめ:

結婚相談所での成婚率が云々という話をよく聞きますが、この確率を高めるも低めるも自分次第です。

業界や会社の平均値はアナタにとって意味がありません。

アナタの成婚確率は、アナタの心構え次第で100%にすることが出来ます。

カウンセラーを味方につけて頑張って頂きたいと思います。

【おまけ】結婚相談所を検討している人はクリック↓









以上

Pocket

投稿者: JUN

現在は中年の男性既婚者。 26歳で結婚相談所に登録後、34歳で運命の人とゴールイン。 利用した相談所は合計3か所。 男子校+理系+非モテゆえ、婚活は惨憺たる有様でした。 その経験も踏まえ、恋愛/婚活ノウハウをこのブログで紹介してます。 基本的には、婚活中の皆さんを応援するスタンスなので気軽に読んで下さいね。 その他プロフィール: ・理系の大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事。 ・英語は独学でTOEIC:950点達成。 ・通信教育で心理学・人間行動学の修士号を取得。 なお、ブログ記事の無断転載は法律で禁止されています。