声が小さく表情に乏しい人が結婚できない理由

はじめに:

声が小さくて無表情でも、出来る仕事はたくさんあります。

しかし、異性と仲良くなり、結婚し人生を共に歩むのは難しいと思います。

私の知り合いでも、高学歴・高身長・高収入のアラフィフ独身がたくさんいますが、声が小さく覇気がない人が目立ちますね。

今回は、声が小さく表情に乏しい人が結婚できない理由を述べたいと思います。

声が小さいとモテないのはナゼ?

声が小さいと「この人、自分に自信がないんだろうな」と思われてしまいます。

自信がないというのは、婚活をする上で致命的です。男女関係なく、一番ダメな条件です。

また、声が小さいと、相手の意思や考えを正確に把握できませんので、コミュニケーション自体が困難になります。

そういう人は、仕事もできないはずです。

従順で思考停止していれば上役に気に入られるかもしれませんが、大概は出世と無縁です。

声が小さい人は、腹の底から声を出すように心がけるべきでしょう。

無表情な人がモテないのはナゼ?

無表情な人間は何を考えているか分かりにくく、警戒心を解くことが出来ません。

リラックスしてお喋りできない相手と長時間一緒にいるのは苦痛です。

無表情な人はお見合いしてもほとんど断られてしまうので、デートをするこもできません。

喜怒哀楽を表現できない人は、人間として人生を楽しんでいないと思われても仕方ありません。

つまらなそうな人と結婚したい人はいません。

怒ることも笑うことも出来ない人は無気力なのです。

そんな人がモテる訳はありません。

絶叫マシンやバンジージャンプなどの恐怖体験をして、感情を強制的に揺り動かすのが有効かもしれませんね。

会話でのリアクションが好感度アップのカギ:

声が小さくて無表情な人は、リアクションを大きくするよう意識するといいでしょう。

①「へー!」と言って相槌をうつ。

②「なるほどー!」と言って共感を示す。

③相手の言うことを繰り返したり言い換えたりして、関心があることを示す。

これら3つのことを実践するだけで大分違ってきます。

声が小さくて無表情な人は、他人に無関心だと勘違いされやすいですから、思いやりや気遣いを意識するといいでしょう。

バカになれる人がモテるのはナゼか?

頼まれてもいないのに、つまらない自慢話ばかりをする人は、精神的に貧困だと判断して間違いありません。

聞かされる方は苦痛で仕方ないのに、気付く能力すらないのです。

かっこばかりつける人、猫かぶりして良い人ぶる人も、直ぐに飽きられます。

そうではなく、自分が馬鹿になって人を笑わされる人は異性からもモテます。

ナゼでしょうか?

バカになれる人は、精神的な余裕や自信があります。

バカになれる人は、他人への気遣いが出来ます。

人を笑わせるためには、ある意味、豊かな教養が要求されます。

様々なことに問題意識を持ち、思考し、勉強をする必要があるのです。

自分の失敗談を面白く話せる人は、過去の失敗を引きずらず今後に生かし昇華できる能力があります。

自分の面子ばかりを気にする人は失敗を隠し、見て見ぬふりをし、結果的に間違いを繰り返します。

そんな人がモテるわけありませんよね。

声が小さくて無表情な人は、思い切って馬鹿を演じる・ボケて人を笑わせるなどの芸当を身に付けるよう努力したらいかがでしょうか?

きっと人生が変わりますよ。

まとめ:

声が小さくて無表情な人は、もしかしたら、声が小さくて無表情な人と結婚できるかもしれません。

しかし、本当にそれでいいのですか?

もっと豊かな人生を歩みたかったら、自分を変えようと努力するべきです。

この記事に書いたことが何らかのアドバイスになれば幸いです。

関連リンク:
30代以上を対象とした会員制クラブ【Private Members Club】

今、独 身 の あ な た が 求 め ら れ て い ま す♪

以上

Pocket

投稿者: J-IWASAKI

元々、理科系の人間です。 大学卒業後、メーカーの研究開発職に長年従事してきました。 仕事をしながら、通信教育で人間行動学の修士号を取得。 英語は独学でTOEIC:950点取得。 このブログでは、恋愛、婚活、転職、英語学習について書くことが多いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です